電子書籍ストア

【どっち?】BookLive!とKindleストアを徹底比較!違いを15項目で解説

BookLive!とKindleストアの違いを比較
  • 「BookLive!とKindleストアの違いは何?」
  • 「BookLive!とKindleストアはどっちがいいの?」

と気になっていませんか?

電子書籍サービスとして人気の高い『BookLive!』と『Kindleストア』ですが、お得度や取扱冊数、使いやすさなどに大きな違いがあります。

BookLive!とKindleストアの違いを15項目で比較していますので、ご自身に合ったストアがどちらなのか、ぜひ参考にしてください。

BookLive!とKindleストアはそれぞれどのような方におすすめ?【結論】

はじめに、BookLive!とKindleストア、それぞれどのような方におすすめなのか、結論からお伝えします。

より細かく知りたい方は、『違いを15項目で徹底比較』をご覧ください。

BookLive!がおすすめな方は?

BookLive!がおすすめな方は以下の通りです。

BookLive!がおすすめな方
  • 漫画を中心に電子書籍を読む方
  • 安い電子書籍ストアが良い方
  • 毎日クーポンをもらいたい方
  • 作品を探しやすく使いやすいストアが良い方
  • 本棚に鍵機能が欲しい方
  • 豊富な決済方法に魅力を感じる方
  • ブラウザで作品を読む方

BookLive!は、電子書籍の品揃えが129万冊以上、漫画や小説をメインに幅広いジャンルを取り扱っている電子書籍ストアです。

BookLive!は毎日クーポンが貰えるクーポンガチャをおこなっており、Kindleストアより安く買えるタイミングが多いため、お得に購入したい方に合うストアです。

また、本棚に鍵機能がありセキュリティー面が充実しているだけではなく、「使いやすい」「読みやすい」といった声がユーザーから多く、機能性に優れています。

アプリだけではなく、ブラウザで読む際の機能面が充実しており、アプリに抵抗がある方でも利用しやすいストアです。

漫画が好きな方や、クーポンを使い安く電子書籍を買いたい方、機能性を重視したい方におすすめのストアです。

登録時は半額クーポン以外に、シークレットクーポンがもらえることもあるので、まずは登録してクーポンを確認してみましょう。

BookLive!の半額クーポンを使う

Kindleストアがおすすめな方は?

Kindleストアがおすすめな方は以下の通りです。

Kindleストアがおすすめな方
  • 漫画以外にも広いジャンルの電子書籍を読む方
  • 品揃えを重視する方
  • Amazonを普段利用する方
  • 専用の電子書籍リーダー『Kindle』に興味がある方
  • 実用書やビジネス書、小説の読み放題に興味がある方

Kindleストアは、電子書籍の品揃えが700万冊以上と電子書籍ストアの中でも最大級で、他ではない本も買えるストアです。

さらに、Kindleストアは、『Kindle Unlimited』という月額定額の読み放題サービスもあり、併用可能です。

また、大きな違いとして専用の電子書籍リーダーである『Kindle(端末)』を利用できる点があります。

小説や実用書・ビジネス書などの活字を読む機会が多く、読み放題や専用端末を利用したいと考えている方にはKindleストアがおすすめです。

Kindleストアで電子書籍を探す

BookLive!とKindleストアの違いを15項目で徹底比較

サービス名 BookLive! Kindleストア
品揃え 129万冊以上 700万冊以上
無料作品数 17,000冊以上 5万冊以上
初回登録の特典 あり あり
クーポン 電子書籍全般 電子書籍全般
セールやキャンペーン 電子書籍全般 電子書籍全般
ポイント還元 あり(Tポイント、ブックライブポイント) あり(Amazonポイント)
支払い方法
  • クレジットカード
  • キャリア決済
  • WebMoney
  • BitCash
  • PayPay
  • Tポイント
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • Google Pay
  • ブックライブポイント
  • プリペイドカード
  • 三省堂書店 店頭決済サービス
  • クレジットカード
  • ソフトバンクまとめて・ワイモバイルまとめて支払い
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • 決済サービスPaidy
  • Amazonギフト券
  • Amazonポイント

 

口コミ あり あり
アプリ機能
  • 目次
  • 縦読み
  • 本棚ロック
  • 目次
  • マーカー機能
ブラウザで読む際の機能 あり あり
本棚機能 あり あり
電子書籍リーダーへの対応 なし あり
マルチデバイス機能 5台 6台
画質 問題なし 問題なし
運営会社 BookLive! Amazon

こちらがBookLive!とKindleストアの比較表です。

ご覧の通り、品揃え、支払い方法、専用端末への対応などに違いがあります。

続いて、項目ごとにBookLive!とKindleストアを比較して、細かい違いを説明していきます。

BookLive!とKindleストアの品揃え、対応ジャンルの違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
品揃え 129万冊以上 700万冊以上
対応ジャンル
  • 少女・女性向け
  • 少年・青年向け
  • TL
  • BL
  • ラノベ
  • 小説
  • ビジネス・実用書
  • 雑誌・写真集
  • 大人向け作品
  • ハーレクイン

など

  • 少女・女性向け
  • 少年・青年向け
  • TL
  • BL
  • ラノベ
  • 文学・評論
  • ビジネス・経済
  • 趣味・実用
  • 雑誌
  • 写真集
  • 大人向け作品

など

代表的な各ジャンルの冊数
  • 少女・女性/3万作品以上
  • 少年・青年/4万作品以上
  • TL/2万作品以上
  • BL/3万作品以上
  • ラノベ/1万作品以上
  • 小説/4万作品以上
  • ビジネス書/3万作品以上
  • 実用書/1万作品以上
  • 雑誌/4,000冊以上
  • 少女・女性/6万冊以上
  • 少年・青年/9万冊以上
  • TL/2万冊以上
  • BL/4万冊以上
  • ラノベ/5万冊以上
  • 小説/6万冊以上
  • ビジネス書/5万冊以上
  • 実用書/4万冊以上
  • 雑誌/4万冊以上
オリジナル作品 あり あり

こちらが、BookLive!とKindleストアの品揃え、対応ジャンルなどをまとめた表です。

BookLive!とKindleストアのジャンルの違いについてまとめると以下の通りです。

ジャンルの違いまとめ
  • BookLive!は、比較的漫画に強く、TL・BL作品、小説も豊富
  • Kindleストアは、電子書籍全般に強くライトノベル、小説、ビジネス書、実用書、雑誌なども豊富

BookLive!は、冊数はKindleストアより各ジャンルとも少なめです。

ただ、クーポンを利用でき、セールも豊富なので、電子書籍のメリットの1つである『安さ』を考えると、漫画については総合的に見て優れていると言えます。

また、TL・BL作品、小説の取り扱いも豊富です。

対して、Kindleストアは、基本的に電子書籍全般の品揃えが豊富で、各ジャンルでBookLive!より多くの本を取り揃えています。

特に、ライトノベル、ビジネス書、実用書、雑誌は充実度には差があります。

総合的な品揃えを重視するならKindleストア、漫画やTL・BL、小説をお得に買いたいならBookLive!がおすすめです。

BookLive!とKindleストアの無料作品数の違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
無料作品数 17,000冊以上 5万冊以上
会員登録 不要 不要
ジャンル数
  • 少年・青年マンガ
  • 少女・女性マンガ
  • TL
  • BL
  • ラノベ
  • 小説
  • ビジネス
  • 実用書
  • 雑誌
  • 写真集
  • 大人向け作品

 

  • 少年・青年マンガ
  • 少女・女性マンガ
  • TL
  • BL
  • ラノベ
  • 小説
  • ビジネス
  • 実用書
  • 雑誌
  • 写真集
  • 大人向け作品
  • 楽譜

こちらが、BookLive!とKindleストアの無料作品数を表にしたものです。

無料で読める作品数はKindleストアの方が多く、5万冊以上もあります。

無料作品から好みの作品を探したい方は、Kindleストアの方が合っているでしょう。

BookLive!とKindleストアの初回登録の特典の違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
初回登録時の特典内容 50%OFF 50%OFF
クーポン詳細
  • 対象作品が50%OFF
  • 別途シークレットクーポンあり
  • 対象作品が50%OFF
  • マンガは対象外
割引冊数 1冊まで 1冊まで
割引金額上限 なし 1,000円まで
有効期限 クーポン取得から24時間 クーポン取得から14日間

こちらが、BookLive!とKindleストアの初回登録の特典内容です。

初回登録の特典クーポンは、BookLive!の方が金額上限がなく、漫画も対象であるため条件が良いと言えます。

また、他にも、シークレットクーポンを2枚もらえることがあるため、クーポンを利用して安く買いたいならBookLive!の方がおすすめです。

初回クーポン以外にも、利用初日からクーポンガチャのクーポンももらえます。

ただ、注意点として、初回50%OFFのクーポンは有効期限が24時間のため、気をつけましょう。

BookLive!の半額クーポンを使う

BookLive!とKindleストアのクーポンの違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
クーポン内容
  • 初回登録時に半額クーポン
  • 毎日引けるクーポンガチャ
  • BookLive!アプリのクーポン
  • Kindle本の初回購入時に50%OFFクーポン
  • 円OFFクーポン
  • %OFFクーポン
対象 全作品・ジャンル別など 全作品・ジャンル別など

こちらが、BookLive!とKindleストアのクーポン内容です。

BookLive!では、1日1回引けるクーポンやアプリでのクーポン配布など毎日クーポンを配布してくれるのが特徴です。

対して、Kindleストアでは、不定期で100円OFFや500円OFFクーポン、5%OFFや10%OFFなどのクーポンを期間限定でもらえます。

クーポンだけを比較すると、毎日配布してくれるBookLive!の方がお得です。

ただ、BookLive!のクーポンガチャに関しては、ジャンル別で配布されることが多く、お目当てのジャンルのクーポンが手に入らない可能性があります。

Kindleストアはジャンル別ではなく、全作品が対象となることが多いため、負担に感じない方は双方利用するのも1つの方法です。

BookLive!とKindleストアのセールやキャンペーンの違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
セール内容
  • 週替わりセール
  • 月替わりセール

など

  • 日替わりセール
  • 月替わりセール
  • セレクト25
  • プライムデーセール
  • サイバーマンデーセール
  • ブラックフライデーセール

こちらが、BookLive!とKindleストアのセールやキャンペーン内容です。

セールについては、BookLive!は漫画を中心にセール本が多く、Kindleストアは実用書・ビジネス書中心のセールを開催しています。

BookLive!は、常時開催されているキャンペーン数が多く、週替わりで更新されています。

対して、Kindleストアはキャンペーン数は多くありませんが、毎日セール本を更新しています。

漫画を安く買いたいならBookLive!、ビジネス書・実用書を安く買いたい方はKindleストアがおすすめです。

BookLive!とKindleストアのポイント還元の違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
購入時の還元率
  • Tポイント:0.5%〜3%
  • ブックライブポイント:1%
Amazonポイント:1%〜
キャンペーン 来店ポイント ポイント還元セール

こちらが、BookLive!とKindleストアのポイント還元の一覧です。

BookLive!は、購入金額や支払い金額によって還元率が変わります。

BookLive!のTポイントの還元率は以下の表の通りです。

会員ランク ランク判定条件 付与率
オレンジ ブックライブ会員であること 0.5%
シルバー 前月の累計購入金額が2,000円(税込)以上 1%
ゴールド 前月の累計購入金額が5,000円(税込)以上 2%
プラチナ 前月の累計購入金額が10,000円(税込)以上 3%

例えば、毎月5,000円以上、本を買う方であれば、BookLive!ではTポイントが2%付与されます。

他にも、ブックライブポイントがあり、1日1ポイントの来店ポイントが貯まるため、毎日サイトに訪問すれば、月に30ポイント以上は貯められます。

対して、Kindleストアは、基本的に1%の還元率ですが、作品によって毎日還元率が異なります。

非常に少ないですが、作品の中には最大100%のポイント還元してくれるものもあり、実質無料で読める本もあります。

他にも、不定期でポイント還元セールも行っており、対象は5万冊以上と、多くの作品がポイント還元率の対象になる場合もあります。

基本的な還元率で比較すると、月5,000円以上本を購入される方であれば、BookLive!の方が2%と高くなるため、おすすめです。

BookLive!とKindleストアの支払い方法の違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
支払い方法内容
  • クレジットカード
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • WebMoney
  • BitCash
  • PayPay
  • Tポイント
  • LINE Pay
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • Google Pay
  • ブックライブポイント
  • プリペイドカード
  • 三省堂書店 店頭決済サービス
  • クレジットカード
  • ソフトバンクまとめて・ワイモバイルまとめて支払い
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • あと払い決済Paidy
  • Amazonギフト券
  • Amazonポイント

こちらが、BookLive!とKindleストアの支払い方法を表にしたものです。

支払い方法ではBookLive!の方が選択肢が多く、Kindleストアでは使えない、

  • WebMoney
  • BitCash
  • PayPay
  • Tポイント
  • LINE Pay
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • Google Pay
  • ブックライブポイント
  • ブックライブプリペイドカード
  • 三省堂書店 店頭決済サービス

が使えます。

また、クレジットカードのブランドやキャリア決済に関しても、双方に差はありません。

BookLive!とKindleストアの口コミの違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
良い口コミ
  • 経営母体が安全
  • ストアが見やすい
  • 管理しやすい本棚が優秀
  • アプリ機能が良い
  • クーポンが多い
  • Tポイントが貯まる
  • 小説が読みやすい
  • 海外から日本の本を買える
  • サービス終了の心配がない
  • 電子書籍の種類が多い
  • 電子書籍リーダーがある
  • 読み放題サービスがある
悪い口コミ
  • アプリで本が購入できない
  • アプリのレスポンスが悪い
  • アプリで本が購入できない
  • 表示方法にまとまりがない

こちらが、BookLive!とKindleストアの口コミをまとめた表です。

それぞれのサービスを選んだ方の口コミをまとめてお伝えします。

BookLive!を選んだ方の口コミ

BookLive!を選んだ理由をまとめると以下の通りです。

BookLive!を選んだ理由
  • クーポンとポイントがお得
  • 電子書籍の管理がしやすい
  • 読みやすい
  • 漫画が見つけやすい
  • サイトが見やすい

BookLive!を選んだ理由としては、クーポンの多さ、本の管理のしやすさ、読みやすさ、サイトの見やすさなどが多い傾向です。

特に漫画をクーポンで安く買いたい方、ストアの使いやすさを重視する方にはBookLive!がおすすめです。

BookLive!の半額クーポンを使う

Kindleストアを選んだ方の口コミ

Kindleストアを選んだ理由をまとめると以下の通りです。

Kindleストアを選んだ理由
  • レコメンド機能が優秀
  • 専用の電子書籍リーダーがある
  • 読み放題も利用できる
  • 潰れない安心感がある

Kindleストアを選んだ理由としては、潰れない安心感、読み放題プランがある、電子書籍リーダーが利用きる点などがありました。

Kindleストアはストアの中でも品揃えが豊富で、Kindle Unlimitedで読み放題ができ、専用端末があるなど、選択肢が多いのも魅力的と言えます。

様々な本と出会いたい方、購入だけでなく読み放題、専用端末など新たな体験をしたい方におすすめです。

Kindleストアで電子書籍を探す

BookLive!とKindleストアのアプリ機能の違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
検索機能
セール情報 × ×
最新刊情報 × ×
無料本情報
アプリから購入 × ×
ダウンロード
SDカードに保存
目次
縦読み △(作品によっては可能)
画像の拡大・縮小
しおり・付箋機能
明るさ調整
マーカー機能
フォント変更 ×
フォントサイズ変更
ページめくりのアニメーション ×
本棚機能・整理
本棚そうじ
フォルダロック ×
ページめくり変更
ページ自動めくり × ×
機能ロック ×
本棚ロック ×

こちらが、BookLive!とKindleストアのアプリ機能を表にしたものです。

アプリ機能では、Kindleストアの方が豊富で、機能ロック以外にも、フォント変更・ページめくりのアニメーションなどができるのが特徴です。

対して、BookLive!は、Kindleストアではできない本棚の鍵機能や、本棚整理機能があります。

読書の機能にこだわりのある方はKindleストア、本棚管理を効率化したい方はBookLive!がマッチします。

BookLive!とKindleストアのブラウザで読む際の機能の違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
目次
縦読み
画像の拡大・縮小 ×
しおり・付箋機能 ×
明るさ調整 × ×
ページめくり変更
ページ自動めくり × ×

こちらが、BookLive!とKindleストアのブラウザで読む際の機能を表にしたものです。

ブラウザで読むことが多い方は、BookLive!の方が機能が多くおすすめです。

BookLive!とKindleストアの本棚機能の違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
本棚内検索
フォルダ作成
並び替え
絞り込み ×
表紙管理
背表紙管理 × ×
フォルダロック ×
鍵付きロック ×

BookLive!とKindleストアの本棚機能の違いは表の通りです。

本棚機能に関しては、BookLive!の方が優れています。

また、作品の整理のしやすさ、管理のしやすさでもBookLive!の方が口コミでの評価も高くおすすめです。

BookLive!の半額クーポンを使う

BookLive!とKindleストアの電子書籍リーダーへの対応の違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
電子書籍リーダーへの対応 対応していない 対応している

電子書籍リーダーへの対応はKindleストアのみとなります。

BookLive!の電子書籍リーダーも過去にありましたが、2019年にサービス終了しています。

電子書籍リーダーを利用したい場合は、Kindleストアがおすすめです。

Kindle端末の主な種類をまとめると以下の通りです。

Kindle端末の主な種類
  • Kindle…気軽に使い始めたい方向けの入門モデル
  • Kindle Paperwhite…防水機能と色調調整機能付き
  • Kindle Oasis…高解像度で人間工学デザイン採用、ページ送りボタン搭載で片手で読みやすい最上位モデル
  • Kindle キッズモデル…子ども向け書籍コンテンツが楽しめるAmazon Kids+が1年間使い放題

電子書籍リーダーは、タブレットと比較して、直接目を照らさないので目に優しいフロントライト方式や、e-inkを採用しており、読書を妨げる通知機能がありません。

読書の時間を上質なものにしたい方にはおすすめです。

BookLive!とKindleストアのマルチデバイス機能の違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
マルチデバイス対応台数 5台 6台

BookLive!とKindleストアのマルチデバイス機能は、Kindleストアが共有できる台数が6台とBookLive!より多くなっています。

ただ、利用台数が5台超にならない方であれば、双方変わらないと言えます。

BookLive!とKindleストアの画質の違い

BookLive!とKindleストアの画質の違いに関するSNS上での評価をお伝えします。

BookLive!とKindleストアの画質のSNS上での評価は、どちらも変わらないくらいとの声が多く、大差はないと言えます。

口コミの中にはKindleストアの方が良い、Bookliveの方が良いなどの意見もあり、双方どちらが良いという結果には至りませんでした。

BookLive!とKindleストアの運営会社の違い

サービス名 BookLive! Kindleストア
運営会社 株式会社BookLive Amazon.com, inc
特徴 凸版印刷の子会社 大手米国企業

こちらが、BookLive!とKindleストアの運営会社の違いです。

BookLive!は凸版印刷の子会社のBookLive!、KindleストアはAmazonのため、運営会社に関しては、両方とも問題なく、安心・安全に利用できると言えます。

まとめ

この記事では、BookLive!とKindleストアの違いを15項目に分けて解説してきました。

まとめると以下の通りです。

項目 まとめ
品揃え 品揃えはKindleストアの方が全体的に多いものの、漫画やTL・BL、小説をお得に買いたいならBookLive!
無料作品数 無料作品数はKindleストアの方が多い
初回登録の特典 初回特典はBookLive!の方がお得
クーポン クーポンは漫画ならBookLive!、漫画以外ならKindleストア
セールやキャンペーン 漫画のキャンペーンの種類が多いのはBookLive!、実用書・ビジネス書ならKindleストア
ポイント還元 BookLive!の方が基本的にお得、作品によってはKindleストアの方がお得なケースも
支払い方法 支払い方法はBookLive!の方が多い
口コミ BookLive!は管理機能や還元などで評価が高い、Kindleストアは品揃えや多面性で評価が高い
アプリ機能 アプリ機能は本棚管理重視ならBookLive!、作品を読む際の機能重視ならKindleストア
ブラウザで読む際の機能 ブラウザで読むならBookLive!の方が機能が豊富
本棚機能 本棚機能はBookLive!の方が充実
電子書籍リーダーへの対応 電子書籍リーダーはKindleストアのみ対応
マルチデバイス機能 BookLive!が5台、Kindleストアは6台
画質 両方とも画質は大きく変わらない
運営会社 BookLive!は凸版印刷の子会社のBookLive、KindleストアはAmazon

このように、項目によってBookLive!とKindleストアのおすすめできる点は変わってきます。

どちらも良い点や弱点はありますが、あくまでもご自身が使いやすいストアを選んで、読書をさらに充実させましょう。

悩む点は多いと思いますが、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

BookLive!の半額クーポンを使う

Kindleストアで電子書籍を探す

※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。

※口コミにつきまして、Twitterより記事執筆時点で公開されているツイートを、引用機能を使用し掲載しております。

記事の公開後に削除されたツイートや、非公開になったアカウントのツイートは正常に表示されない場合がございます。