電子書籍ストア

電子書籍がダウンロードできるストア13選!【決定版】外出先のスキマ時間対策に優れるのはどこ?

電子書籍のダウンロード

「電子書籍をダウンロードできるストアってどこがいいの?」と迷っていませんか?

電子書籍ストアは、数多く存在しますので、1つ1つ調べるのは大変なことです。

また、仮に自分に合いそうなストアが見つかったとしても、ダウンロード方法が面倒だったら、使い続けるのは難しいのではないでしょうか。

この記事では、そのような方の悩みを解決するために、以下の内容をまとめてお伝えしています。

この記事でわかること
  1. 電子書籍のダウンロードに必要なもの
  2. 電子書籍をダウンロードできるストア
  3. 各ストアのダウンロード方法
  4. 電子書籍をダウンロードするメリット・デメリット

このようにダウンロードする方法から、あなたに合ったストアまで発見できる情報をお伝えしています。

自分に合う電子書籍がダウンロードできるストアを、時短して見つけたい方はぜひご覧ください。

電子書籍にダウンロードに必要なもの

電子書籍を初めて利用する方向けに、ダウンロードまでの流れを簡単にお伝えします。

電子書籍のダウンロードには、以下のものが必要です。

  • 端末
  • ストアのアプリ

ここでは電子書籍のダウンロードに必要なものを、詳しく説明していきます。

ダウンロードするための端末を準備

電子書籍をダウンロードするためには、アプリやブラウザを使用するため、端末が必要です。

また、アプリやブラウザを使用するために、インターネット環境が必要です。

今この記事をご覧になっているということは、既に端末とインターネット環境をお持ちなので、この点については問題ありません。

アプリ内から電子書籍を端末にダウンロード

電子書籍のダウンロードは基本的に、アプリ内から行う必要があります。ブラウザは、閲覧のみでダウンロードはできません。

まずは、ストアが提供しているアプリを端末にダウンロードし、アプリ内から端末に電子書籍をダウンロードしましょう。

電子書籍がダウンロードできるストア13選

電子書籍をダウンロードできるストアは以下の通りです。

ストア名 品揃え ジャンル
BookLive! 129万冊以上 書籍全般
Kindle 700万冊以上 書籍全般
ebookjapan 97万冊以上 漫画が多い
楽天Kobo 400万冊以上 書籍全般
honto 70万冊以上 書籍全般
コミックシーモア 99万冊以上 漫画
まんが王国 20万冊以上 漫画
Reader Store 60万冊以上 書籍全般
DMMブックス 25万冊以上 漫画
BOOK☆WALKER 92万冊以上 書籍全般
dブック 60万冊以上 書籍全般
COCORO BOOKS 25万冊以上 書籍全般
Renta! 65万冊以上 漫画

表だけではご自身に合ったストアなのかわかりかねると思いますので、上記の表の13ストア、それぞれの特徴やダウンロード方法をお伝えします。

BookLive!

ストア名 BookLive!
品揃え 129万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(ブックライブアプリ)が必要

BookLive!は、凸版印刷グループの電子書籍ストアです。国内最大級の129万冊以上の品揃えがあり、広いジャンルを取り扱っています。

BookLive!でのダウンロードは専用アプリを使用します。

Android端末ならGooglePlay、アップル端末ならAppStoreを利用してアプリをダウンロードしましょう。

電子書籍のダウンロード方法は、以下の通りです。

  1. BookLive!アプリを起動
  2. 購入した電子書籍をタップ
  3. ダウンロード開始

アプリダウンロード後に、購入した電子書籍を選択するだけで、ダウンロードが開始されます。

BookLive!で電子書籍を探す

公式サイト:https://booklive.jp/

Kindle

ストア名 Kindle
品揃え 700万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(Kindleアプリ)が必要

Kindleは、Amazonが運営する電子書籍サービスです。700万冊以上と非常に書籍数が多く、洋書など他のストアでは取り扱いがない電子書籍も読めます。

Kindleで電子書籍をダウンロードするためには、専用アプリが必要です。アプリをダウンロードされていない方は、事前に準備しておきましょう。

Kindleは電子書籍の購入後、以下の流れでダウンロードできます。

  1. Kindleアプリを起動
  2. 画面下にある『ライブラリ』をタップ
  3. ダウンロードしたい電子書籍をタップ
  4. ダウンロード開始

BookLive!と比べ少し手間がかかりますが、タブをタップする内容が1つ増えるだけです。

難しい操作ではありませんので、Kindleを利用している方や検討されている方は、アプリを導入して、電子書籍をダウンロードしてみましょう。

Kindleで電子書籍を探す

公式サイト:https://www.amazon.co.jp/kindle/

ebookjapan

ストア名 ebookjapan
品揃え 97万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(ebookjapanアプリ)が必要

ebookjapanは、ヤフー系列の電子書籍ストアで、PayPayによる還元やキャンペーンによる割引が豊富です。

ebookjapanで電子書籍をダウンロードするためには、専用アプリが必要です。事前にダウンロードしておきましょう。

ebookjapanでのダウンロード方法は、以下の通りです。

  1. ebookjapanアプリを起動
  2. 画面下にある本棚をタップ
  3. 本棚から購入した電子書籍を選ぶ
  4. 右上にある三本線をタップ
  5. 端末にダウンロードをタップ
  6. ダウンロードが開始

ebookjapanは、BookLive!やKindleと違い、購入した電子書籍をタップするだけではダウンロードが開始されません。

右上にある項目をタップすると、『端末にダウンロード』という項目がでてきますので、タップしてダウンロードをしてください。

ebookjapanで電子書籍を探す

公式サイト:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

楽天kobo

ストア名 楽天Kobo
品揃え 400万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(楽天Koboアプリ)が必要

楽天Koboは、楽天グループの電子書籍ストアです。

取り扱い書籍数は400万冊以上と多く、楽天ポイントで書籍を購入できるため、実質0円で電子書籍を読むことも可能です。

楽天Koboで電子書籍をダウンロードする際は、専用アプリが必要なので、電子書籍をダウンロードする際は、アプリを事前にダウンロードしましょう。

楽天Koboで電子書籍をダウンロードする方法は、以下の通りです。

  1. 楽天Koboアプリを起動
  2. 最近追加した電子書籍をタップ
  3. ダウンロードボタンをタップ
  4. ダウンロード開始

楽天Koboは、ダウンロードの際にダウンロードボタンを押すことで開始されます。ダウンロード完了後には『読む』に変わります。

楽天Koboで電子書籍を探す

公式サイト:https://books.rakuten.co.jp/e-book/

honto

ストア名 honto
品揃え 70万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(hontoビューアアプリ)が必要

hontoは大日本印刷が運営する電子書籍ストアです。

  1. リアル店舗
  2. 紙の本の通販
  3. 電子書籍

と書籍の購入方法を選ぶことができ、紙と電子書籍の使い分けができる点が特徴のストアです。

hontoで電子書籍をダウンロードするためには、専用アプリが必要なので、事前にダウンロードしておきましょう。

hontoで購入した電子書籍のダウンロード方法は以下の通りです。

  1. アプリを起動
  2. 『ライブラリ(すべて)』をタップ
  3. ダウンロードしたい電子書籍をタップ
  4. ダウンロード開始

PCの場合は、ライブラリからダウンロードしたい電子書籍を選んで、ダブルクリックするとダウンロードが開始します。

ダウンロード完了後は、書影にチェックマークが付きますので、確認してみましょう。

hontoで電子書籍を探す

公式サイト:https://honto.jp/ebook.html

コミックシーモア

ストア名 コミックシーモア
品揃え 99万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(コミックシーモア本棚アプリ)が必要

コミックシーモアは、NTT系列の会社が運営している電子書籍サービスです。

漫画を中心に、購入以外にもレンタル、読み放題と読み方を選べるのが特徴的なサービスです。

コミックシーモアで購入した電子書籍は、コミックシーモア本棚アプリからダウンロードできます。事前に本棚アプリをダウンロードしましょう。

本棚アプリを手に入れたら、以下の手順で電子書籍をダウンロードしてください。

  1. 本棚アプリを起動
  2. ダウンロードしたい電子書籍をタップ
  3. ダウンロード開始

PCの場合は、ダブルクリックでダウンロードが開始されます。

ダウンロードが完了したら、メニューの『ダウンロード済み』の項目から確認できます。

ダウンロードしていない電子書籍に関しては、電子書籍の左下にマークが付いていますので、確認してみましょう。

コミックシーモアで電子書籍を探す

公式サイト:https://www.cmoa.jp/

まんが王国

ストア名 まんが王国
品揃え 20万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(まんが王国アプリ)が必要

まんが王国は、ビーグリーが運営する電子書籍サービスです。漫画に特化しており、月額制でポイントを買う仕組みに特徴があります。

電子書籍をダウンロードするためには、まず、まんが王国の専用アプリをダウンロード し、アプリを起動し、アカウント情報を入力してログインします。

ログイン完了後、以下の手順で購入した電子書籍をダウンロードできます。

  1. まんが王国アプリを起動
  2. 本棚の項目をタップ
  3. 購入した電子書籍を選択
  4. 『ダウンロード』ボタンをタップ
  5. ダウンロード開始

購入した電子書籍の右上に、ダウンロードマークが表示していますので、選択すると一度に複数ダウンロードできます。

まんが王国で漫画を探す

公式サイト:https://comic.k-manga.jp/

Reader Store

ストア名 Reader Store
品揃え 60万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(Reader Storeアプリ)が必要

Reader Storeは、ソニーが運営する電子書籍ストアです。ビジネス書を中心に幅広いラインナップがあります。

電子書籍をダウンロードするには、まずReader Storeアプリを先にダウンロードします。

Reader Storeで電子書籍を購入後、以下の手順で電子書籍のダウンロードが可能です。

  1. Reader Storeアプリを起動
  2. 『Reader Store』ボタンをタップ
  3. 画面右上にある『購入履歴』を選択
  4. 購入された電子書籍が表示
  5. 右側のダウンロードボタンをタップ
  6. ダウンロード開始

Reader Storeは購入履歴から、電子書籍を選択するのが特徴です。他サイトと違いますので、必ず確認しましょう。

Reader Storeで電子書籍を探す

公式サイト:https://ebookstore.sony.jp/

DMMブックス

ストア名 DMMブックス
品揃え 25万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(DMMブックスアプリ)が必要

DMMブックスは、DMM.comが運営する電子書籍ストアです。少年少女向けから成人向けまで幅広いジャンルを取り扱っています。

DMMブックスで電子書籍をダウンロードするためには、DMMブックスアプリが必要です。

アプリをダウンロードしたら、アカウント情報を入力してログインします。

DMMブックスでの電子書籍のダウンロード方法は、以下の通りです。

  1. DMMブックスアプリを起動
  2. 『購入済み』をタップ
  3. ダウンロードしたい電子書籍をタップ
  4. ダウンロード開始

DMMブックスも、Reader Store同様に『購入済み』をタップしてから、ダウンロードをおこないます。

DMMブックスで電子書籍を探す

公式サイト:https://book.dmm.com/

BOOK☆WALKER

ストア名 BOOK☆WALKER
品揃え 92万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(BOOK☆WALKERアプリ)が必要

BOOK☆WALKERは、KADOKAWA直営の電子書籍サービスです。

ライトノベルやコミカライズ、アニメ化作品に強く、小説の読み放題や漫画の読み放題もあります。

BOOK☆WALKERで電子書籍をダウンロードする際は、専用アプリが必要です。

アプリをダウンロードしたら、以下の手順で電子書籍をダウンロードできます。

  1. BOOK☆WALKERアプリを起動
  2. トップ画面から『一覧』を選択
  3. 画面下にある『ダウンロード』をタップ
  4. ダウンロード開始

BOOK☆WALKERも、一度に複数まとめてダウンロードが可能です。一覧から画面右上にある編集をタップすると、複数選択できるので活用しましょう。

BOOK☆WALKERで電子書籍を探す

公式サイト:https://bookwalker.jp/top/

dブック

ストア名 dブック
品揃え 60万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(dブックマイ本棚アプリ)が必要

dブックは、NTTドコモが運営する電子書籍ストアです。

dポイントが貯まるので、ドコモユーザーの方であれば利用するメリットがあります。

同じドコモ系の雑誌読み放題サービスには、dマガジンがあります。

dブックで電子書籍をダウンロードするためには、専用アプリが必要です。アプリを事前にダウンロードしておきましょう。

dブックの電子書籍のダウンロードは以下の手順です。

  1. 本棚アプリを起動
  2. 画面下にある、『マイ本棚』をタップ
  3. ダウンロードしたい電子書籍をタップ
  4. ダウンロード開始

dブックは、ダウンロードを自動でするか手動にするか3種類から選べます。

アプリのメニュー画面から『ダウンロード設定』を選択すると、ダウンロード時の設定が可能です。

設定内容は以下の表の通りです。

ダウンロード機能の種類 挙動
自動 表紙から閲覧する場合に1冊分ダウンロード
節約 閲覧に必要なページを都度ダウンロード
一括 閲覧する際に必ず1冊分ダウンロード

デフォルトは自動です。通信量を節約したい場合は節約モード、Wi-Fi環境で通信環境が良いときは一括モードと使い分けられる便利な機能です。

dブックで電子書籍を探す

公式サイト:https://books.dmkt-sp.jp/

COCORO BOOKS

ストア名 COCORO BOOKS
品揃え 25万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(COCORO BOOKSアプリ)が必要

COCORO BOOKSは、シャープが運営している電子書籍ストアです。

日経電子版が読めたり、著作権が消滅した作品を無料で読める青空文庫の特集コーナーがあるのが特徴です。

COCORO BOOKSのダウンロード方法は2つあります。

ストアから購入した電子書籍をアプリでダウンロードする場合と、アプリから電子書籍を購入した場合の2つです。

ストアから電子書籍を購入した場合は、以下の手順でダウンロードできます。

  1. COCORO BOOKSアプリを起動
  2. 画面下にあるネット書籍をタップ
  3. ダウンロードしたい電子書籍をタップ
  4. ダウンロード開始

アプリから電子書籍を購入した場合は、購入した時点でダウンロードされます。
雑誌を定期購入したい方は、COCORO BOOKSがおすすめです。

COCORO BOOKSで電子書籍を探す

公式サイト:https://galapagosstore.com/

Renta!

ストア名 Renta!
品揃え 65万冊以上
ダウンロード 可能
ダウンロード方法 専用アプリ(Renta! Readerアプリ)が必要

Renta!は、パピレスが運営する電子書籍サービスです。

電子書籍レンタルと購入の2つの形式から選べ、決済方法が豊富でクレカやキャリア決済以外にもコンビニ決済、電子マネーも利用できます。

Renta!で電子書籍をダウンロードする場合、Renta! Readerアプリが必要です。電子書籍をダウンロードする前に、事前に確認しておきましょう。

Renta!の電子書籍のダウンロード方法は以下の通りです。

  1. Renta! Readerアプリを起動。
  2. 画面下にある『借りている本』をタップ
  3. 『アプリにダウンロード』ボタンをタップ
  4. ダウンロード開始

Renta!はブラウザからアプリへダウンロードできますが、読むためにはアプリが必要なので、注意しましょう。

また、電子書籍レンタルを利用している場合は、レンタル期間を事前にチェックし、期限切れに注意しましょう。

Renta!で電子書籍を探す

公式サイト:https://renta.papy.co.jp/renta/

外出先のスキマ時間対策に優れているストアを紹介

ダウンロードできるストアを13つも紹介すると、「結局はどこがおすすめなの?」と思われた方も多いでしょう。

選びやすいように、外出先のスキマ時間対策に優れているおすすめのストアを紹介3つに絞ってしていきます。

ダウンロードが簡単で電子書籍初心者におすすめなBookLive!

BookLive!は、ダウンロードが簡単で、電子書籍初心者の方にはおすすめのストアです。

アプリをダウンロードして、起動させて電子書籍をタップすれば、ダウンロードが開始されます。

他ストアと比べて、手間もかからず利用できるので、外出先のスキマ時間に利用した場合も時間をとられる心配がありません。

また、品揃えが129万冊以上と豊富で、初回の会員登録時には50%OFFクーポンも配布されます。

BookLive!で電子書籍を探す

読みたい電子書籍を探すならKindle

Kindleは、品揃えは700万冊以上と豊富なので、読みたいジャンルがなかったら心配と考えている方におすすめです。

電子書籍ストアの中には、品揃えが10万冊前後のストアも存在し、利用し始めたものの、読みたい電子書籍が少なかったという可能性もあります。

Kindleであれば、電子書籍ストアの中で最大級の品揃えなので、読みたい電子書籍を発見できる可能性は高いでしょう。

Kindleで電子書籍を探す

購入の時間を短縮するならhonto

hontoは、購入の時間を短縮できる電子書籍ストアです。

理由は、hontoに定期購読のサービスがあるためです。雑誌など毎週発売される電子書籍を定期購読すると、買い忘れの原因を防げます。

スキマ時間にダウンロードをした電子書籍を読みたい場合、購入していないとダウンロードができません。そして、購入する際は時間もかかります。

毎日忙しく購入する時間さえ惜しいという方は、hontoの定期購読サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

hontoで電子書籍を探す

電子書籍をダウンロードするメリット

電子書籍をダウンロードして読むメリットは以下の2つです。

  • インターネットを繋げずに読める
  • 通信料がいらない

メリットを知ることで、ダウンロードした場合に有効活用できます。ここではメリットを、詳しく説明していきます。

インターネットを繋げずに読める

ダウンロードなしで電子書籍を読むためには、インターネット環境が必要です。

理由は、購入した電子書籍は、ストアのクラウド上で保存されているからです。

そのため、外出先で通信環境が悪かった場合、読み込みができずロード状態が続くといった現象が起きます。

購入した電子書籍を事前にダウンロードしておくことで、インターネット環境がなくオフラインでも、電子書籍を読めるようになります。

これは、ダウンロードすることで、端末本体にデータが保存され、ネット環境を必要としなくなるためです。

都心から離れており、通信環境が悪い地方に旅行に行く際や、地下鉄で電波が途切れる地点をよく利用する場合、ダウンロード機能はメリットがあります。

ダウンロードした電子書籍を読むのに通信量がいらない

電子書籍をダウンロードした場合、電子書籍を読む際に通信量がかかりません。

理由は、既にお伝えした通り、ネットに通信せずに読めるからです。

一方で、ダウンロードをしていない場合は、1ページごとに読み込む通信量がかかります。

Wi-Fi環境がない外出先などで利用すると、端末に設定されている通信量が徐々に減っていきますよね。

1ヶ月の上限を超え、通信速度が制限されてしまうと、通信量を購入するために課金が必要になってしまいます。

ダウンロードをして通信量を減らさないようにすることで、読み込みを即座にできるだけでなく、経済的なメリットにもなります。

電子書籍をダウンロードするデメリット

電子書籍をダウンロードする際のメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットも存在します。

ダウンロードする際のデメリットは、以下の通りです。

  • Wi-Fi環境がないと通信量を使う
  • 端末の容量が必要

デメリットを事前に知って対策することで、快適な読書を実現しましょう。

それぞれのデメリットの説明と対策をお伝えします。

Wi-Fi環境がないとダウンロード時に通信量を消費する

電子書籍をダンロードするためには、Wi-Fi環境下でないと通信量を消費します。

事前にダウンロードしておらず、外出先でWi-Fi環境がない状態でダウンロードした場合、利用状況によっては速度制限がかかってしまうリスクがあります。

面倒に感じるかもしれませんが、ダウンロードする際は、Wi-Fi環境下で行うようにしましょう。

端末の容量が必要

電子書籍をダウンロードする場合は、端末の容量が必要です。

電子書籍の容量は種類によって違いますが、容量の目安一覧は以下の通りです。

種類 1冊あたりの容量 1GBになる冊数
漫画 40MB~150MB 10冊~25冊
小説 1MB~20MB 50冊~1000冊
ライトノベル 10MB~30MB 30冊~100冊
雑誌・写真集 50MB~300MB 3冊~20冊

このように、ダウンロードする際は、端末が何GB(ギガバイト)あるのかを、確認しておくことが必要です。

端末の容量には限界があり、それを超えるとダウンロードできなくなります。

電子書籍を読むのに必要な容量について知りたい方は、『電子書籍の容量』の記事をご覧ください。

ダウンロード数が増えてきた場合、ダウンロードした電子書籍の削除を定期的にしましょう。

Android端末の場合、SDカードを使うことで、本来の端末の容量以上に保存することも可能です。

詳しくは『電子書籍をSDカードに保存する方法』をご覧ください。

電子書籍のダウンロードまとめ

この記事では、電子書籍のダウンロードに必要な準備、ダウンロードできるストア紹介や、メリット、デメリットなどを詳しくお伝えしました。

この記事でお伝えしたことは以下の通りです。

この記事でお伝えしたこと
  1. ダウンロードには端末とアプリが必要
  2. 13ストアの中でおすすめは、ダウンロードが簡単なBookLive!、種類が多いKindle、自動DLできるhonto
  3. メリットは、ネットに繋げずに読めて、通信量がいらないこと
  4. デメリットは、Wi-Fi環境でないとダウンロード時に通信量を消費すること、端末の容量が必要なこと

電子書籍のダウンロード機能を活用することで、通信量やネット環境を気にせず外出先でも読書を楽しめるようになります。

ダウンロード機能を活用してより快適な読書に繋げていきましょう。

電子書籍サービスおすすめ比較
電子書籍サービス27選を徹底比較!おすすめを目的別に紹介【2022年最新】27個の電子書籍サービスを漫画、雑誌、小説、ラノベ、実用書・ビジネス書、技術書・専門書、絵本・児童書のジャンル別で比較しておすすめを紹介しています。また、安い、品揃えが多い、紙と使い分けができる、動画も視聴できる、優れた機能があるなど重視するポイントでも比較しています。...

※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。

※口コミにつきまして、Twitterより記事執筆時点で公開されているツイートを、引用機能を使用し掲載しております。

記事の公開後に削除されたツイートや、非公開になったアカウントのツイートは正常に表示されない場合がございます。