電子書籍ストア PR

ebookjapanとBookLive!の違いを15項目で徹底比較!あなたに合うのはどっち?

ebookjapanとBookLive!を比較
  • 「ebookjapanとBookLive!の違いは何?」
  • 「ebookjapanとBookLive!はどっちがいいの?」

と気になっているあなたのために、『ebookjapan』と『BookLive!』を15項目で徹底比較してどちらが合うかをお伝えします。

双方とも、電子書籍サービスとして人気の高いサービスですが、取り扱いジャンルや還元の仕方に違いがあります。

すぐに違いを知りたい方は『おすすめな方は?』をご活用ください。

ebookjapanとBookLive!はそれぞれどのような方におすすめ?【結論】

まずはじめに、ebookjapanBookLive!、それぞれどのような方におすすめなのか、結論からお伝えします。

より細かく知りたい方は、『違いを15項目で徹底比較』をご活用ください。

ebookjapanがおすすめな方は?

ebookjapanがおすすめな方は以下の通りです。

ebookjapanがおすすめな方
  • 漫画が好きな方
  • 漫画を背表紙で管理したい方
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーの方
  • PayPayユーザーの方
  • 還元率を重視する方

ebookjapanは、取り扱い100万冊以上で、漫画を中心に電子書籍を読む方におすすめのストアです。

漫画の品揃えはもちろんのこと、本棚では背表紙管理ができる独自機能を持っているため、漫画好きな方から人気を得ています。

また、セールの種類が多く、曜日ごとに様々な還元施策を常時開催しており、総合的な還元率が高いのもebookjapanの特徴です。

ヤフー・ソフトバンク系列の電子書籍ストアなので、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーやPayPayユーザーを対象とした還元施策が豊富です。

PayPay祭りの際は還元率が50%を超えることもあり、漫画を安く買いたいと考えている方には、合うストアと言えます。

ebookjapanの70%OFFクーポンはこちら

BookLive!がおすすめな方は?

BookLive!のおすすめな方は以下の通りです。

BookLive!がおすすめな方
  • 漫画以外の電子書籍も読む方
  • 本棚に鍵機能が欲しい方
  • 毎日クーポンをもらいたい方
  • 豊富な決済方法に魅力を感じる方
  • 機能性を重視する方

BookLive!は、電子書籍の品揃えが150万冊以上、漫画以外のジャンルも広く取り扱っている電子書籍ストアです。

また、無料で読める本が17,000冊以上と、ebookjapanの5,000冊以上と比較して充実しており、試し読みで内容を確認してから購入したい方には合っています。

他にも、本棚に鍵機能がありセキュリティー面が充実しているだけでなく、「読みやすい」「使いやすい」といった声がユーザーから多く、機能性に優れています。

もちろん、クーポンやセールも豊富で、毎日クーポンが貰えるクーポンガチャを活用してお得に電子書籍を購入することが可能です。

漫画以外のジャンルも読む方で、クーポンが好きだったり、機能性も重視したい方に合うストアです。

BookLive!の70%OFFクーポンはこちら

ebookjapanとBookLive!の違いを15項目で徹底比較

サービス名ebookjapanBookLive!
品揃え100万冊以上150万冊以上
無料作品数5,000冊以上17,000冊以上
初回登録の特典ありあり
クーポン漫画が中心電子書籍全般
セールやキャンペーン漫画が中心電子書籍全般
ポイント還元ありあり
支払い方法
  • クレジットカード
  • キャリア決済
  • WebMoney
  • BitCash
  • PayPay
  • クレジットカード
  • キャリア決済
  • WebMoney
  • BitCash
  • PayPay
  • Tポイント
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • Google Pay
  • ブックライブポイント
  • プリペイドカード
  • 三省堂書店 店頭決済サービス
口コミありあり
アプリ機能
  • 縦読み
  • ページ自動送り
  • 縦読み
  • 本棚ロック
ブラウザで読む際の機能ありあり
本棚機能ありあり
電子書籍リーダーへの対応なしなし
マルチデバイス機能5台5台
画質問題なし問題なし
運営会社イーブックイニシアティブジャパン、ヤフーBookLive

こちらがebookjapanとBookLive!の比較表です。

ご覧の通り、品揃え、クーポンやセールのジャンル、支払い方法に違いがあります。

続いて、項目ごとにebookjapanとBookLive!の違いを詳しく説明していきます。

ebookjapanとBookLive!の品揃え、対応ジャンルの違い

サービス名ebookjapanBookLive!
品揃え100万冊以上150万冊以上
対応ジャンル
  • 少女・女性向け
  • 少年・青年向け
  • TL・レディコミ
  • BL
  • ライトノベル
  • 小説・文芸
  • ビジネス・実用書
  • 雑誌・グラビア
  • まんが雑誌
  • ハーレクイン

など

  • 少女・女性向け
  • 少年・青年向け
  • TL
  • BL
  • ライトノベル
  • 小説
  • ビジネス・実用書
  • 雑誌・写真集
  • 大人向け作品
  • ハーレクイン

など

代表的な各ジャンルの冊数
  • 少女・女性/2万作品以上
  • 少年・青年/2万作品以上
  • TL/1万作品以上
  • BL/1万作品以上
  • ラノベ/1万作品以上
  • 小説/1万作品以上
  • ビジネス書/1万作品以上
  • 実用書/1万作品以上
  • 雑誌/1万冊以上
  • 少女・女性/3万作品以上
  • 少年・青年/4万作品以上
  • TL/2万作品以上
  • BL/3万作品以上
  • ラノベ/1万作品以上
  • 小説/4万作品以上
  • ビジネス書/3万作品以上
  • 実用書/1万作品以上
  • 雑誌/4,000冊以上
オリジナル作品ありあり

こちらが、ebookjapanとBookLive!の品揃え、対応ジャンルなどをまとめた表です。

ebookjapanの各ジャンルの冊数に関して、目視ではジャンルごとの表示上限が1万作品以上であるため、それより多い可能性が高いと言えます。

ebookjapanとBookLive!では、得意ジャンルが異なり

  • ebookjapanは漫画に強く、雑誌も豊富
  • BookLive!は漫画・小説を中心とした総合的な品揃え

という違いがあります。

ebookjapanは、漫画を中心に、雑誌や写真集の取り扱いが豊富です。

対して、BookLive!は漫画や小説を中心に、ビジネス書・実用書、BL・TLなど幅広いジャンルを取り揃えています。

漫画を読むならebookjapan、小説や実用書なども読むならBookLive!の方が考えに合います。

ebookjapanとBookLive!の無料作品数の違い

サービス名ebookjapanBookLive!
無料作品数5,000冊以上17,000冊以上
会員登録不要不要
無料作品ジャンル
  • 少年・青年マンガ
  • 少女・女性マンガ
  • TL
  • BL
  • ライトノベル
  • 小説
  • ビジネス
  • 実用書
  • 雑誌

 

  • 少年・青年マンガ
  • 少女・女性マンガ
  • TL
  • BL
  • ライトノベル
  • 小説
  • ビジネス
  • 実用書
  • 雑誌
  • 写真集
  • 大人向け作品

こちらが、ebookjapanとBookLive!の無料作品を表にしたものです。

無料で読める作品数に関してはBookLive!が圧倒しており、毎日冊数が変動していますが、2万冊以上の時もあります。

品揃え、ジャンル数において無料作品で気になった作品から購入するのが好きな方は、BookLive!がおすすめです。

ebookjapanとBookLive!の初回登録の特典の違い

サービス名ebookjapanBookLive!
初回登録時の特典内容70%OFF×6回70%OFF
クーポン詳細
  • 割引は最大500円分まで
  • 一部対象外の作品あり
  • 全作品1冊まで
  • シークレットクーポンあり

こちらが、ebookjapanとBookLive!の初回登録の特典内容です。

初回登録の特典クーポンに関しては、ebookjapanの方が6回分のクーポンを貰えるため基本的にお得です。

一方で、実はBookLive!は初回登録時に70%OFFのクーポンがもらえる以外にも、シークレットクーポンが2つもらえることがあります。

全商品が対象になることもあり、さらに初日からガチャでクーポンをもらえるため、まとめ買いを考えている方はBookLive!の方がお得になる可能性があります。

迷っている方は、双方登録してみてBookLive!のクーポンの内容を確かめてからでも遅くはないでしょう。

ebookjapanとBookLive!のクーポンの違い

サービス名ebookjapanBookLive!
クーポン内容
  • 初回ログインでもらえる70%OFFクーポン
  • LYPプレミアム会員週末クーポン
  • 曜日別クーポン
  • 初回登録時に70%OFFのクーポン
  • 毎日引けるクーポンガチャ
  • BookLive!アプリのクーポン
対象漫画が多い全作品・ジャンル別など

こちらが、ebookjapanとBookLive!のクーポン内容です。

ebookjapanは、曜日ごとのクーポン配布や、LYPプレミアム会員限定クーポンを配布しているのが特徴です。

対して、BookLive!では、1日1回引けるクーポンやアプリでのクーポン配布など毎日クーポンを配布してくれます。

クーポンだけで比較すると、毎日クーポンが配布されるBookLive!がお得です。

ただ、BookLive!は、漫画以外のジャンル限定のクーポンもあるため、漫画好きな方はebookjapanも登録しておくと効率的にクーポンを獲得できて、おすすめです。

ebookjapanとBookLive!のセールやキャンペーンの違い

サービス名ebookjapanBookLive!
セール内容
  • 週替わりセール
  • 火曜日はまとめ買いがお得キャンペーン
  • 水曜日は第1巻がお得キャンペーン
  • 木曜日もはまとめ買いがお得キャンペーン
  • コミックフライデー
  • 週替わりセール
  • 月替わりセール

こちらが、ebookjapanとBookLive!のセールやキャンペーン内容です。

セールについては、ebookjapanもBookLive!も他の電子書籍ストアと比較して豊富な方です。

ebookjapanは、キャンペーンの数が多く、毎週曜日ごとに様々なキャンペーンを行っています。

ただ、LYPプレミアム会員、PayPay、ソフトバンク・ワイモバイル限定など、対象者が限定されるものもあります。

そのため、LYPプレミアム会員が条件を満たせば無料になるソフトバンク・ワイモバイルユーザーには、ebookjapanがおすすめです。

格安SIMやドコモ、auユーザーであれば、BookLive!を選んだ方がキャンペーンが限定されていないため、良いでしょう。

ebookjapanとBookLive!のポイント還元の違い

サービス名ebookjapanBookLive!
購入時の還元率
  • PayPay:1%(ベース還元率)
  • Tポイント:0.5%〜3%
  • ブックライブポイント:1%
キャンペーンコミックフライデー来店ポイント

こちらが、ebookjapanとBookLive!のポイント還元の一覧です。

ebookjapanは、通常、PayPayによる1%還元のみですが、キャンペーンによっては最大50%還元してくれるケースもあります。

例えば、コミックフライデーでは、全額PayPay残高を利用した場合、還元率が大きくアップします。

曜日還元率
全ユーザー対象の還元率20%
LYPプレミアム会員の還元率25%
ソフトバンク・ワイモバイルスマホユーザーの還元率35%

表のように、LYPプレミアム会員、ソフトバンク・ワイモバイルスマホユーザーであることが条件で還元率が変わってきます。

BookLive!は、購入金額や支払い金額によって還元率が異なります。

BookLive!のTポイントの還元率は以下の表の通りです。

会員ランクランク判定条件付与率
オレンジブックライブ会員であること0.5%
シルバー前月の累計購入金額が2,000円(税込)以上1%
ゴールド前月の累計購入金額が5,000円(税込)以上2%
プラチナ前月の累計購入金額が10,000円(税込)以上3%

毎月5,000円以上本を読む方であれば、2%の付与率なので、ebookjapanの1%より良い還元率になります。

お伝えした内容をふまえると、特にソフトバンク・ワイモバイルユーザーの方は、還元率が高くなるebookjapanがおすすめです。

還元率だけでお話すると、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーでなくても、金曜日であれば20%相当の還元率を出すことも可能です。

クーポンを使わない前提でお話すると、BookLive!で、この還元率を超えるのは難しいため、還元率ではebookjapanの方が有利と言えます。

ebookjapanとBookLive!の支払い方法の違い

サービス名ebookjapanBookLive!
支払い方法
  • クレジットカード
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • WebMoney
  • BitCash
  • PayPay
  • クレジットカード
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • WebMoney
  • BitCash
  • PayPay
  • Tポイント
  • LINE Pay
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • Google Pay
  • ブックライブポイント
  • プリペイドカード
  • 三省堂書店 店頭決済サービス

こちらが、ebookjapanとBookLive!のポイント還元を表にしたものです。

支払い方法はBookLive!の方が選択肢が多く、

  • LINE Pay
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • Google Pay
  • プリペイドカード
  • 三省堂書店 店頭決済サービス

が使えます。

クレジットカードのブランドは、双方、VISA、Master、JCB、AMEX、Dinersが使えます。

また、キャリア決済に関しても、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、auかんたん決済が利用でき、差はありません。

ebookjapanとBookLive!の口コミの違い

サービス名ebookjapanBookLive!
良い口コミ
  • 背表紙機能が便利
  • PayPayの恩恵を受けやすい
  • 使いやすい
  • 新規会員クーポンが良い
  • 経営母体が安全
  • ストアが見やすい
  • アプリ機能が良い
  • クーポンが多い
悪い口コミ
  • 操作方法がめんどくさい
  • アプリが改悪された
  • アプリから本が購入できない
  • アプリのレスポンスが良くない

こちらが、ebookjapanとBookLive!の口コミをまとめた表です。

それぞれのサービスを選んだ方の口コミをまとめてお伝えします。

ebookjapanを選んだ方の口コミ

ebookjapanを選んだ方の口コミは以下の通りです。

ebookjapanを選んだ理由としては、背表紙管理機能、PayPay、使用感、新規登録のクーポンなどの理由がありました。

特に、背表紙管理はebookjapanしかできない機能なので、この機能に魅力を感じるのであれば、ebookjapanがおすすめです。

ebookjapanで電子書籍を探す

BookLive!を選んだ方の口コミ

BookLive!を選んだ方の口コミは以下の通りです。

BookLive!を選んだ理由しては、経営母体、ストアの見やすさやアプリ機能、クーポンが多い、ビューアーが良いなどがありました。

Yahoo!がebookjapanの運営に加わり、アプリが改悪されたことから、ユーザーと向き合っていないのではないかと、不信感を持っている方はBookLive!を選んでいる印象です。

BookLive!はストアの中では比較的本棚やアプリ、ストアの見やすさなど評価が高いため、機能面で選びたい方やクーポンが好きな方には合っています。

BookLive!で電子書籍を探す

ebookjapanとBookLive!のアプリ機能の違い

サービス名ebookjapanBookLive!
検索機能
セール情報×
最新刊情報×
無料本情報
アプリから購入×
ダウンロード
SDカードに保存
目次
縦読み
画像の拡大・縮小
しおり・付箋機能
明るさ調整
漫画アプリ機能×
本棚機能・整理
フォルダロック
ページめくり変更
ページ自動めくり××
アプリのロック××
本棚ロック×

こちらが、ebookjapanとBookLive!のアプリ機能を表にしたものです。BookLive!では一部作品によっては、機能が異なることがあります。

アプリ機能では、ebookjapanの方が豊富で、表紙管理以外にも、背表紙管理ができるのが特徴です。また、アプリからの購入はebookjapanでしかできません。

対して、BookLive!は、ebookjapanではできない本棚の鍵機能があります。

アプリから購入したい方、背表紙管理にこだわりのある方はebookjapan、家族や友人に見られたくない本を買う場合はBookLive!がマッチします。

ebookjapanとBookLive!のブラウザで読む際の機能の違い

サービス名ebookjapanBookLive!
目次
縦読み
画像の拡大・縮小×
しおり・付箋機能×
明るさ調整××
ページめくり変更
ページ自動めくり××

こちらが、ebookjapanとBookLive!のブラウザで読む際の機能を、表にしたものです。

ブラウザで読むことが多い方は、BookLive!の方が機能が多くおすすめです。

しかし、ebookjapanでは『3段送り』という1ページを3分割で拡大表示するモードがあります。拡大が面倒だと思われる方は、ebookjapanを利用してみましょう。

ebookjapanとBookLive!の本棚機能の違い

サービス名ebookjapanBookLive!
本棚内検索
フォルダ作成
並び替え
絞り込み
表紙管理
背表紙管理×
フォルダロック
鍵付きロック×

ebookjapanとBookLive!の本棚機能の違いは表の通りです。

本棚機能に関しては、両方ともさほど変わりません。

アプリ機能の段落でお伝えした通り、背表紙管理ならebookjapan、鍵機能を重視するならBookLive!がおすすめです。

ebookjapanとBookLive!の電子書籍リーダーへの対応の違い

サービス名ebookjapanBookLive!
電子書籍リーダーへの対応対応していない対応していない

ebookjapanとBookLive!は電子書籍リーダーへの対応はしておりません。

過去にBookLive!の電子書籍リーダーがありましたが、2019年にサービス終了となり、現在は使用できません。

そのため、両方とも違いはありません。

ebookjapanとBookLive!のマルチデバイス機能の違い

サービス名ebookjapanBookLive!
マルチデバイス対応台数5台5台

ebookjapanとBookLive!のマルチデバイス(複数端末)機能については、最大利用台数が両ストアとも5台です。

そのため、マルチデバイス機能に違いはなく、どちらも同じです。

ebookjapanとBookLive!の画質の違い

ebookjapanとBookLive!の画質の違いに関する評価をまとめてお伝えします。

ebookjapanとBookLive!の画質のSNS上での評価は、全体的にebookjapanが良いと評価されている傾向があります。

ただ、BookLive!の画質もこだわりがない方が見ればそこまで気にならないレベルであり、表示方法によっては、BookLive!の方が評価されています。

画質にこだわりたい方は、評価が高いebookjapanがおすすめです。

ebookjapanとBookLive!の運営会社の違い

サービス名ebookjapanBookLive!
運営会社株式会社イーブックイニシアティブジャパンとLINEヤフー株式会社株式会社BookLive
特徴Yahoo!のグループ会社凸版印刷の子会社

こちらが、ebookjapanとBookLive!の運営会社の違いです。

ebookjapanは、イーブックイニシアティブジャパンとヤフーの共同運営、BookLive!は凸版印刷の子会社のBookLiveが運営しており、どちらも運営に関しては問題ないと考えられます。

運営会社に関しては、両方とも安心・安全に利用できると言えます。

まとめ

この記事では、ebookjapanとBookLive!の違いを15項目に分けて解説してきました。

まとめると以下の通りです。

項目まとめ
品揃え品揃えは漫画ならebookjapan、総合的にみるならBookLive!
無料作品数無料作品数はBookLive!の方が多い
初回登録の特典初回特典はebookjapanの方がお得に見えるものの、BookLive!にはシークレットクーポンがある
クーポンクーポンは漫画だけならebookjapan、全般的に使用するならBookLive!
セールやキャンペーンキャンペーンの種類が多いのはebookjapan、割引率ならBookLive!
ポイント還元タイミングを選んで金曜日に購入できるならebookjapanがおすすめ
支払い方法支払い方法はBookLive!が多い
口コミebookjapanは管理機能や還元などで評価が高い、BookLive!は機能面やクーポンの評価が高い
アプリ機能アプリ機能はebookjapanの方が豊富
ブラウザで読む際の機能ブラウザで読むならBookLive!の方が機能が豊富
本棚機能背表紙管理ならebookjapan、セキュリティー重視ならBookLive!
電子書籍リーダーへの対応両方とも対応不可で違いはなし
マルチデバイス機能両方利用台数は5台のため違いはなし
画質見た目はあまり変わらないが、口コミではebookjapanの方が良い
運営会社ebookjapanはYahoo!のグループ会社のイーブックイニシアティブジャパン、BookLive!は凸版印刷の子会社のBookLive!

このように、項目によってebookjapanとBookLive!のおすすめできる点は変わってきます。

どちらも良い点や弱点はありますが、あくまでもご自身が使いやすいストアを選んで、読書をさらに充実化しましょう。

悩む点は多いと思いますが、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ebookjapanの70%OFFクーポンはこちら

BookLive!の70%OFFクーポンはこちら

※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。

※口コミにつきまして、X(Twitter)より記事執筆時点で公開されているツイートを、引用機能を使用し掲載しております。

記事の公開後に削除されたツイートや、非公開になったアカウントのツイートは正常に表示されない場合がございます。