電子書籍ストア

Kindleストアと楽天Koboの違いを徹底比較!優れた電子書籍ストアはどっち?

Kindleストアと楽天Koboの違いを比較
  • 「Kindleストアと楽天Koboの違いは何?」
  • 「Kindleストアと楽天Koboはどっちがいいの?」

と気になっていませんか?

電子書籍ストアとして人気の『Kindleストア』と『楽天Kobo』ですが、実は得意ジャンルやアプリ機能、専用端末、セール・特典まで様々な違いがあります。

Kindleストアと楽天Koboの違いを徹底比較してお伝えしますので、ご自身に合ったストアがどちらなのか知りたい方は、ぜひご覧ください。

Kindleストアと楽天Koboはそれぞれどのような方におすすめ?【結論】

Kindleストアと楽天Koboはそれぞれどのような方におすすめなのか、先に結論をまとめてお伝えします。

こちらの結論より細かい内容を比較したい場合は『Kindleストアと楽天Koboの違いを15項目で比較』をご覧ください。

Kindleストアがおすすめな方は?

Kindleストアがおすすめな方は以下の通りです。

Kindleストアがおすすめな方
  • 普段からAmazonを利用している方
  • Amazonポイントを貯めたい、使いたい方
  • どちらかというと品揃えを重視する方
  • 読み放題にも興味がある方

Kindleストアは、電子書籍の品揃えが700万冊以上で、様々なジャンルを幅広く多く取り扱っている電子書籍ストアです。

さらに、Kindleストアは、月額読み放題サービスの『Kindle Unlimited』も提供しており、ストアでの購入以外に、読み放題で電子書籍を読む選択肢もあります。

Amazonポイントが書籍購入の際に使用できるため、Amazonを普段から利用している方におすすめです。

Kindleストアで電子書籍を探す

楽天Koboがおすすめな方は?

楽天Koboがおすすめな方は以下の通りです。

楽天Koboがおすすめな方
  • 普段から楽天市場など楽天関連サービスを利用している方
  • 楽天ポイントを貯めたい、使いたい方
  • セールや割引などによるコスパを重視したい方
  • 検索性や機能性を重視したい方

楽天Koboは、楽天グループ株式会社の子会社であるRakuten Kobo Inc.が運営している楽天系の電子書籍ストアです。

楽天市場や楽天関連サービスを利用して貯めた楽天ポイントが使え、他のサービスも利用することで、還元率を上げることもできます。

品揃えは400万冊以上とKindleストアと比べて少ないものの、利用する上では十分な範囲をカバーしています。

一方で、セールや割引に関してはKindleストアより豊富で、中には100円以下で購入できる作品もあります。

操作面では早送り機能などの独自のサービスも利用でき、Kindleストアに比べ操作がしやすいと評判が高いストアです。

楽天関連サービスを沢山利用しており、楽天ポイントを貯めている方や、品揃えよりも経済性や機能性を重視したい方におすすめです。

楽天Koboで電子書籍を探す

Kindleストアと楽天Koboの違いを15項目で徹底比較

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
品揃え 700万冊以上 400万冊以上
無料作品数 5万冊以上 14万冊以上
初回登録の特典 あり あり
クーポン 電子書籍全般 電子書籍全般
セールやキャンペーン 電子書籍全般 電子書籍全般
ポイント還元 あり あり
支払い方法
  • クレジット
  • キャリア決済
  • Paidy(後払い)
  • Amazonギフト券
  • Amazonポイント
  • クレジット
  • 楽天ポイント
  • 楽天キャッシュ
口コミ あり あり
アプリ機能
  • 目次
  • マーカー機能
  • 目次
  • ハイライト機能
ブラウザで読む際の機能 あり あり
本棚機能 あり あり
電子書籍リーダーへの対応 あり あり
マルチデバイス機能 6台 無制限
画質 問題なし 問題なし
運営会社 Amazon.com, inc. Rakuten Kobo Inc.

こちらがKindleストアと楽天Koboの比較表です。

続いて、項目ごとにKindleストアと楽天Koboの違いを詳しく説明していきます。

Kindleストアと楽天Koboの品揃え、対応ジャンルの違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
品揃え 700万冊以上 400万冊以上
対応ジャンル
  • 少女・女性向け
  • 少年・青年向け
  • TL(ティーンズラブ)
  • BL(ボーイズラブ)
  • ライトノベル
  • 文学・評論
  • ビジネス・経済
  • 趣味・実用
  • 雑誌
  • 写真集
  • 大人向け作品
  • 洋書

など

  • 少女・女性向け
  • 少年・青年向け
  • TL(ティーンズラブ)
  • BL(ボーイズラブ)
  • ライトノベル
  • 小説・エッセイ
  • ビジネス・経済・就職
  • 趣味・実用
  • 雑誌
  • 写真集
  • 大人向け作品
  • 洋書

など

代表的な各ジャンルの冊数
  • 少女・女性/6万冊以上
  • 少年・青年/9万冊以上
  • TL/2万冊以上
  • BL/4万冊以上
  • ライトノベル/5万冊以上
  • 小説/6万冊以上
  • ビジネス書/5万冊以上
  • 実用書/4万冊以上
  • 雑誌/4万誌以上
  • 洋書/6万冊以上
  • 少女・女性/3万冊以上
  • 少年・青年/6万冊以上
  • TL/1万冊以上
  • BL/5万冊以上
  • ライトノベル/3万冊以上
  • 小説/3万冊以上
  • ビジネス書/4万冊以上
  • 実用書/4万冊以上
  • 雑誌/4万誌以上
  • 洋書/400万冊以上
オリジナル作品 あり あり

こちらが、Kindleストアと楽天Koboの品揃え、対応ジャンルなどをまとめた表です。

Kindleストアと楽天Koboは、それぞれ品揃えが豊富なストアですが、得意ジャンルが若干異なり、

  • Kindleストアは漫画、小説、ラノベなどが比較的得意
  • 楽天KoboはBLや洋書の品揃えが比較的豊富

という違いがあります。

どちらも幅広い取り扱いがありますが、ジャンルの得手不得手にこだわりたい方は、BLや洋書は楽天Kobo、漫画、小説などはKindleストアを利用した方が良いと言えます。

Kindleストアと楽天Koboの無料作品数の違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
無料作品数 5万冊以上 14万冊以上
会員登録 不要 大人向け作品は会員登録が必要
ジャンル
  • 少年・青年マンガ
  • 少女・女性マンガ
  • TL
  • BL
  • ライトノベル
  • 小説
  • ビジネス
  • 実用書
  • 雑誌
  • 写真集
  • 大人向け作品
  • 楽譜

など

  • 少年・青年マンガ
  • 少女・女性マンガ
  • TL
  • BL
  • ライトノベル
  • 小説
  • ビジネス
  • 実用書
  • 雑誌
  • 写真集
  • 大人向け作品

など

こちらが、Kindleストアと楽天Koboの無料作品数を表にしたものです。

無料で読める作品数に関しては、楽天Koboの方が上回っています。

ただし、楽天Koboの場合、メニューにある無料作品はコミックのみとなるため、他ジャンルに関しては検索する必要があります。

無料作品を重視したい方には、楽天Koboがおすすめです。

Kindleストアと楽天Koboの初回登録の特典の違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
初回登録時の特典内容
  • 50%OFFクーポン
  • 初回購入時に1,000ポイント
  • 最大2,000円OFFクーポン
クーポン詳細
  • 対象作品のみ
  • 漫画は対象外
  • 双方キャンペーンにエントリーが必要
上限 1,000円まで 2,000円まで

こちらが、Kindleストアと楽天Koboの初回登録の特典内容です。

初回登録の特典に関しては、Kindleストアは漫画は対象外で割引価格は1,000円までとなるため、漫画を買いたい方や1,000円以上購入される方は楽天Koboがおすすめです。

迷っている方は、双方登録してみて内容を確かめてからでも遅くはないでしょう。

Kindleストアで電子書籍を探す

楽天Koboで電子書籍を探す

Kindleストアと楽天Koboのクーポンの違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
クーポン内容
  • 初回50%OFFクーポン
  • 円OFFクーポン
  • %OFFクーポン
  • 初回最大2,000円クーポン
  • まとめ買いクーポン
  • ジャンル別クーポン
  • 作品・作者・出版社別クーポン
対象 全作品・ジャンル別など 全作品・ジャンル別など

こちらが、Kindleストアと楽天Koboのクーポン内容です。

Kindleストアは、不定期で100円OFFや500円OFFクーポン、5%OFFや10%OFFなどのクーポンを期間限定で配布しているのが特徴です。

対して、楽天Koboでは、毎月クーポン内容は違いますが、まとめ買いやジャンル、作品・作者などKindleストアと違い、割引対象が明確なクーポンをもらえます。

クーポンだけを比較すると、配布頻度が多い楽天Koboがお得です。

ただ、楽天Koboは対象ではないものもあるため、欲しい作品が対象となっていない場合もあります。

そのため、お得に購入したい方は、Kindleストアも登録して併用するのも1つの方法です。

Kindleストアと楽天Koboのセールやキャンペーンの違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
セール内容
  • 日替わりセール
  • 月替わりセール
  • スペシャルプライスセール
  • 100円以下のセール本あり

こちらが、Kindleストアと楽天Koboのセールやキャンペーン内容です。

セールについては、Kindleストアは毎日・毎月セール本が変わります。特に漫画以外の作品が多いのが特徴です。

楽天Koboは、スペシャルプライスセールというキャンペーンページがあり、ジャンル別、価格別、割引率など割引作品も豊富で、作品を探しやすいのが特徴です。

また、100円以下で購入できる作品もあり、セールやキャンペーンに関しては、楽天Koboの方が利用しやすくおすすめです。

Kindleストアと楽天Koboのポイント還元の違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
購入時の還元率 Amazonポイント 楽天ポイント
キャンペーン
  • ポイント還元セール
  • 対象作品のポイント付与率上昇
  • 他の楽天サービスを利用した場合ポイント付与率上昇

こちらが、Kindleストアと楽天Koboのポイント還元の一覧です。

Kindleストアは、作品によって毎日還元率が異なり、少ないですが中には、最大100%のポイントを還元してくれる作品もあります。

一方で、楽天Koboは、キャンペーンで対象作品を購入時にポイントの倍率が上がります。作品の中には20倍(%)になる場合もあります。

また、楽天Koboでは、楽天市場、楽天カードや楽天銀行、楽天モバイルなど、楽天関連サービスを利用すれば、ポイント還元率を上げることも可能です。

ポイント還元率については、作品ごとにどちらがお得か異なるため、購入予定の本が決まっている場合は、双方比較することをおすすめします。

ただ、楽天ポイントを貯めている方であれば、基本的には楽天Koboを使った方がお得になる可能性が高いと言えます。

Kindleストアと楽天Koboの支払い方法の違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
支払い方法内容
  • クレジット
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • Paidy(後払い)
  • Amazonギフト券
  • Amazonポイント
  • クレジット
  • 楽天ポイント
  • 楽天キャッシュ

こちらが、Kindleストアと楽天Koboの支払い方法を表にしたものです。

支払い方法では、Kindleストアの方が選択肢が多く、

  • キャリア決済(ソフトバンクまとめて払い、ドコモ払い、auかんたん決済など)
  • 後払い決済サービスのPaidy

が使えます。

クレジットカードのブランドやキャリア決済に関しては、双方に差はありません。

クレジットカード決済以外の決済方法を利用したい方は、Kindleストアの方がおすすめです。

Kindleストアと楽天Koboの口コミの違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
良い口コミ
  • 読み放題プランがある
  • Kindleストア専業の非商業の作家がいる
  • 購入方法が簡単
  • サービス終了する心配がない
  • アプリの更新頻度が高い
  • アプリが便利
  • 洋書の品揃えが良く安い
  • 読了時間がわかる
  • 還元施策が豊富
  • ポイントで電子書籍が買える
悪い口コミ
  • 読み込みが遅い
  • 表示方法がまとまっていない
  • 還元施策が少ない
  • Kindleストアに比べ撤退する可能性が高い
  • アプリの更新が少ない
  • 読み放題がない

こちらが、Kindleストアと楽天Koboの口コミをまとめた表です。

それぞれのサービスを選んだ方の口コミをまとめてお伝えします。

Kindleストアを選んだ方の口コミ

Kindleストアを選んだ方の理由としては、読み放題プラン、Kindleストア専業の非商業の作家、経営母体の安全性などの理由がありました。

特に、読み放題プラン『Kindle Unlimited』がある点は、コスパも良く様々な本が読めるため、魅力を感じてる方も多い印象です。

Kindleストアは、品揃えが豊富で運営会社もAmazonであるため、読みたい作品がなかったり、サービス終了するなどの心配が少なく、安心して利用したい方に合っています。

Kindleストアで電子書籍を探す

楽天Koboを選んだ方の口コミ

楽天Koboを選んだ理由としては、楽天会員への還元の良さ、洋書の品揃えや価格、アプリの機能の良さなどがありました。

特に楽天ユーザーへのクーポン配布やポイント還元に関しては、お得だと感じている方も多く、評価されている状況です。

また、Kindleストアにはないアプリ機能があり、操作がしやすい点を評価する声もあります。

楽天Koboは、還元率を重視する方や本の読みやすさや探しやすさを重視する方に合っています。

楽天Koboで電子書籍を探す

Kindleストアと楽天Koboのアプリ機能の違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
検索機能
セール情報 × ×
最新刊情報 × ×
無料本情報
アプリから購入 × ×
ダウンロード
SDカードに保存
目次
縦読み ×
画像の拡大・縮小
しおり・付箋機能 ×
明るさ調整
コメント機能 ×
マーカー機能
フォント変更
ページめくりのアニメーション
本棚機能・整理
フォルダロック × ×
ページめくり変更
ページ自動めくり × ×
機能ロック ×
本棚ロック × ×

こちらが、Kindleストアと楽天Koboのアプリ機能を表にしたものです。一部、作品によっては、機能が異なることがあります。

Kindleストアはアプリの機能ロックや、しおりなど読書の管理やセキュリティ機能があるのが特徴です。

対して、楽天Koboは、Kindleストアではできない縦読みや、コメント機能など読み方を工夫できる点で充実しています。

縦読みやコメントなどの機能を使いたい方は楽天Kobo、家族との共有の際に見られたくない本などがある場合はKindleストアがマッチします。

Kindleストアと楽天Koboのブラウザで読む際の機能の違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
目次 ×
縦読み ×
画像の拡大・縮小 × ×
しおり・付箋機能 × ×
明るさ調整 × ×
ページめくり変更 ×
ページ自動めくり × ×

こちらが、Kindleストアと楽天Koboのブラウザで読む際の機能を、表にしたものです。

楽天Koboは、ブラウザでの閲覧ができないため、ブラウザで読みたい方はKindleストアを利用しましょう。

ただ、楽天Koboで購入した作品は、アプリをダウンロードしてPCで読むことができます。楽天KoboのPCアプリでは、目次機能、画像の拡大・縮小機能があります。

Kindleストアと楽天Koboの本棚機能の違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
本棚内検索
フォルダ作成
並び替え
絞り込み ×
表紙管理
フォルダロック × ×

Kindleストアと楽天Koboの本棚機能の違いは表の通りです。

本棚機能に関しては、楽天Koboの方が優れています。

Kindleストアは絞り込み機能がなく、自動的な振り分けの精度も低いため、本棚機能を重視するなら楽天Koboの方がおすすめです。

Kindleストアと楽天Koboの電子書籍リーダーへの対応の違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
電子書籍リーダーへの対応 対応している 対応している

Kindleストアと楽天Koboは、電子書籍リーダーに対応しています。

どちらも専用の電子書籍リーダーがあり、種類も豊富にあります。

エントリーモデルの価格は、広告つきであれば、Kindle端末の方が安いですが、広告なしのKindle端末とKobo niaでは同じ価格帯です。

Kindleストアと楽天Koboのマルチデバイス機能の違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
マルチデバイス対応台数 6台 無制限

Kindleストアと楽天Koboのマルチデバイス機能は、楽天Koboが無制限のため、Kindleストアより利用台数が多いのが結果です。

そのため、家族と共有したい場合は、楽天Koboがおすすめです。

ただ、6台以上マルチデバイスを利用しない方であれば、どちらを利用しても変わらないと言えます。

Kindleストアと楽天Koboの画質の違い

Kindleストアと楽天Koboの画質の違いに関するSNS上の評価をまとめてお伝えします。

Kindleストアと楽天Koboの画質のSNS上での評価は、挿し絵に関しては楽天Koboの方が画質が良いと評価する声もあります。

ただ、Kindleストアと楽天Koboの画質に差はないとする声もあり、大差はないと考えられます。

Kindleストアと楽天Koboの運営会社の違い

サービス名 Kindleストア 楽天Kobo
運営会社 Amazon.com, inc. Rakuten Kobo Inc.
特徴 米大手企業 楽天グループ株式会社の子会社

こちらが、Kindleストアと楽天Koboの運営会社の違いです。

KindleストアはAmazon、楽天Koboは楽天グループ株式会社の子会社である、Rakuten Kobo Inc.が運営しているため、どちらも運営会社に関しては問題ないと考えられます。

まとめ

この記事では、Kindleストアと楽天Koboの違いを15項目に分けて解説してきました。

まとめると以下の通りです。

項目 まとめ
品揃え 品揃えは、総合的にみるならKindleストア、洋書は楽天Kobo
無料作品数 無料作品数は楽天Koboの方が多い
初回登録の特典 初回特典は漫画以外だとKindleストア、漫画が欲しい方や1,000円以上購入される方は楽天Kobo
クーポン クーポンは楽天Koboの方がお得
セールやキャンペーン キャンペーンは楽天Koboの方がお得
ポイント還元 ポイント還元対象となる作品でKindleストア、楽天Koboでお得度が違う
支払い方法 支払い方法はKindleストアが多い
口コミ Kindleストアは品揃えや経営母体への評価が高い、楽天Koboは還元や機能面で評価が高い
アプリ機能 セキュリティ面にこだわりたい方はKindleストア、読み方にこだわりのある方は楽天Kobo
ブラウザで読む際の機能 ブラウザで読みたいならKindleストア
本棚機能 楽天Koboの方が絞り込み機能があり優れている
電子書籍リーダーへの対応 電子書籍リーダーは双方対応、エントリーモデルでは大きな価格差はない
マルチデバイス機能 マルチデバイス機能は楽天Koboが無制限で良い
画質 大差はないものの、挿絵に関しては楽天Koboの方が良いとの評価あり
運営会社 KindleストアはAmazon.com, inc.、楽天Koboは天グループ株式会社の子会社、Rakuten Kobo Inc.

どの項目を重視するかによってKindleストアと楽天Koboでどちらがおすすめかは変わります。

どちらも良い点や弱点はありますが、あくまでもご自身が使いやすいストアを選んで、読書をさらに充実させましょう。

悩む点は多いと思いますが、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。

※口コミにつきまして、Twitterより記事執筆時点で公開されているツイートを、引用機能を使用し掲載しております。

記事の公開後に削除されたツイートや、非公開になったアカウントのツイートは正常に表示されない場合がございます。