MENU

オフラインでApple Musicを再生する方法は?メリット・注意点・削除方法を詳しく解説

Apple Music(アップルミュージック)とは、月額料金を支払うことでApple Musicに登録されたアーティストの楽曲を好きなだけ聴くことができるという、定額の音楽ストリーミングサービスです。非常に使い勝手が良いので、Apple Musicを愛用しているという方も多いのではないでしょうか。

また、Apple Musicにはオフラインで楽曲を楽しむという方法もあります。オフラインで楽曲の再生ができると、インターネットに接続できない環境下でも快適に楽曲を再生することができます。

今回の記事では、Apple Musicをオフラインで楽しむ方法と手順、再生する具体的なメリットについて詳しく紹介していきます。また、聴く際の注意点、その他再生に関わる容量や保存場所の確認方法についても解説します。

すでにApple Musicを楽しんでいる方も、これからApple Musicを利用しようと思っている方も、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

おすすめの音楽配信サービス4選比較表

音楽サービスを選ぶポイント

  • 料金プラン
  • 配信楽曲数の多さ
  • 無料トライアル期間・内容
スクロールできます
dヒッツRakuten Music
月額料金■ 個人 980円
■ 学生 580円
■ ファミリー 1,480円
■ 一般 980円(年額9,600円)
■ 学生 480円
■ ファミリー1,480円(年額14,000円)
■300円コース
330円
■500円コース
550円
■ ライトプラン 500円
■ スタンダードプラン 980円
楽曲数9,000万曲以上8,900万曲以上2万以上のプレイリスト9000万曲以上
無料時の広告
無料プラン無し
無し有り
無料プラン無し
特徴空間オーディオが聴けるLINEのアプリを使っていれば誰でも利用可能他サービスと比べて圧倒的に月額料金が安い音楽を聴いてポイントが貯まる
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
目次

Apple Musicをオフライン再生する方法・手順

まずは、Apple Musicをオフラインで再生する方法と設定の手順について解説します。Apple Musicでオフライン再生をするための手順は、以下のとおりです。

  1. 有料会員に登録する
  2. Wi-Fi環境で楽曲をダウンロードする

大きく分けて以上の2ステップで、Apple Musicをオフラインで再生することができるようになります。それぞれの詳しい手順について解説していきます。

1:有料会員に登録する

Apple Musicを利用するには、まず有料会員になる必要があります。のプランは、「個人向けプラン」「ファミリープラン」「学生プラン」「Voiceプラン」の4種類があります。

それぞれのプランの詳しい内容は、以下のとおりです。

月額料金年額料金備考
個人向けプラン980円9,800円
ファミリープラン1,480円なし家族6人までアクセス可能
学生プラン480円なし在学証明等の提出が必要
Voiceプラン480円なし機能に一部制限あり
※料金は税込表示です。

すべてのプランに共通なのが、初回登録時はになるという点です。そのため、初回の1か月間はお試しとして気軽に楽しむこともできます。

個人向けプランは月額980円(税込)で利用できる他、年額料金で申し込むと1年間9,800円(税込)で利用することができます。合計で2か月分の月額料金が無料になるので、1年間継続して利用し続ける場合は年額料金で申し込むとお得です。

続いてファミリープランは、月額1,480円(税込)で利用が可能です。個人向けプラン以外は、年額料金の設定はありません。

ファミリープランは、iCloudのファミリー共有を利用して、家族最大6名まで利用することができます。そのため、家族2人以上でApple Musicを利用する場合は、ファミリープランを利用した方がお得です。

続いては学生プランです。学生プランは、月額480円(税込)で利用が可能です。個人向けプランの半額以下で利用が可能なので、学生の方はぜひこちらのプランを利用しましょう。

不正利用を防ぐため、学生プランの利用には在学証明の提出が必要です。学生プラン利用時は、手元に在学証明や学生証など、学生であることを証明できる書類を用意しておいてください。

最後は、2021年12月に新しく登場したVoiceプランです。Voiceプランは、Appleが提供している音声アシスタント機能「Siri(シリ)」を活用したプランとなっています。

Siriに音楽の再生をリクエストすることで、楽曲を再生することができます。つまり、「Hey,Siri」と端末に声をかけることで楽曲の再生が可能です。Voiceプランで使える機能と使えない機能は、以下の表のとおりです。

使える機能・Apple Musicの楽曲のフル再生
・Siriを利用した音楽を再生
・ミュージックアプリからプレイヤー画面の操作
・ミュージックアプリで楽曲の検索をする
使えない機能・ミュージックアプリの操作で楽曲再生
・プレイリストの作成
・楽曲のダウンロード
・歌詞の表示
・空間オーディオ
・ロスレスオーディオ
・Apple社のデバイスで楽曲を再生
(AndroidやWindowsでの再生は不可)

音楽の再生はすべてSiriを通しての操作となるので、自宅で音楽を楽しむ分には全く問題ありません。ただし、外出先や公共交通機関内で楽曲を再生するとなると難易度が高くなります。

また、端末に楽曲をダウンロードすることができないので、オフライン再生は不可となります。そのため、Voiceプランは自宅で楽曲を楽しみたい方、自宅にしっかりとしたインターネット環境がある方におすすめです。

\無料で1ヶ月楽しむ/

2:Wi-Fi環境下で曲をダウンロード

プランを決めて実際に加入したら、ダウンロードしたい楽曲を選びます。ダウンロードしたい楽曲を選択したら、Wi-Fi環境下で楽曲をダウンロードしてください。

ダウンロードは、「」アプリ内から行います。楽曲ごとのダウンロードも可能ですし、アルバム単位でのダウンロードも可能です。

ただし先述のとおり、Voiceプランの場合は楽曲のダウンロードができないので注意しましょう。

1曲ずつダウンロードする方法

Apple Musicアプリから、楽曲を1曲ずつダウンロードする方法は以下のとおりです。

  1. Apple Musicアプリを開き、ライブラリに追加したい楽曲の画面を表示する
  2. 楽曲を長押しし、「ライブラリに追加」をタップする

以上の2ステップで、簡単に楽曲をダウンロードすることができます。

プレイリスト・アルバムをまとめてダウンロードする方法

Apple Musicでは、アルバムや他の人が作ったプレイリストをまとめてダウンロードすることもできます。アルバムやプレイリストをまとめてダウンロードする方法は、以下のとおりです。

  1. Apple Musicアプリを開き、ライブラリに追加したいアルバムもしくはプレイリストの画面を表示する
  2. アルバムもしくはプレイリストを長押しし、「ライブラリに追加」をタップする

こちらも以上の2ステップで、簡単に楽曲をダウンロードできます。まとめてダウンロードしたいアルバムやプレイリストがある場合、こちらの方法でダウンロードしましょう。

Apple Musicをオフラインで再生するメリット

Apple Musicには、オフライン再生とオンライン再生の2種類があります。ここでは、Apple Musicをオフラインで再生するメリットについて紹介します。

Apple Musicをオフラインで再生するメリットは、主に以下の3つです。

・電波のない環境で音楽が再生できる
・通信制限を回避できる
・高音質な音楽がいつでも再生できる

これら3つのメリットについて、詳しく紹介します。

電波のない環境で音楽が再生できる

1つめは、電波のない環境でも楽曲の再生ができるという点です。インターネットに接続できない、もしくは通信が不安定な環境でも、スムーズに楽曲を再生することができます。

自宅にWi-Fi環境がある方ばかりでもないので、誰しもがいつでも快適な通信環境にいるとは限りません。例えば移動中に音楽を楽しみたい方、山の中や地下など通信が不安定になりやすい環境でインターネットに接続したい場面が多い方にはオフライン再生がおすすめです。

通信制限を回避できる

2つめは、通信制限を回避できる点です。オンライン再生だと、音楽を再生するたびにデータ通信容量を消費してしまうので、通信制限にかかりやすくなります。

特に、月あたりに利用できるデータ通信容量が少ない方の場合、オフライン再生だとデータ通信量を消費しないのでおすすめです。オンライン再生は音楽を聴けば聴くほどデータ容量が少なくなるので、なるべくオフライン再生で音楽を楽しみましょう。

高音質な音楽がいつでも再生できる

3つめは、高音質な音楽がいつでも再生できるという点です。楽曲をダウンロードする際に高音質を選択すると、いつでも音質の良い楽曲を楽しむことができます。

一方、楽曲ダウンロード時に中音質や低音質を選択してダウンロードすると、その後に再生するときも同様の音質になります。そのため、ダウンロード時は高音質をするのがおすすめです。

Apple Musicをオフラインで再生するときの注意点

Apple Musicのオフライン再生はとても便利な機能ですが、いくつか注意点もあるので紹介します。Apple Musicのオフライン再生を行う際に注意したい点は、主に以下の4点です。

・iCloudミュージックライブラリをあらかじめオンにする
・オフライン再生は歌詞表示に対応していない
・音楽のダウンロードはWi-Fi環境で行う
・解約後は音楽が聴けなくなる

これらの注意点について、それぞれ詳しく解説します。

iCloudミュージックライブラリをあらかじめオンにしておく

1つめは、iCloudミュージックライブラリをあらかじめオンにしておくという点です。iCloudミュージックライブラリとは、クラウド上でミュージックのライブラリを管理する設定です。

これをオンにすることで、自動的にApple Musicからダウンロードした楽曲がミュージックライブラリに追加されることになります。iCloudミュージックライブラリの設定方法は、以下のとおりです。

  1. 使用しているデバイスのホーム画面から「設定」を開く
  2. 「ミュージック」をタップする
  3. 「ライブラリを同期」をオンにする

これだけで、iCloudミュージックライブラリの設定が可能です。とても簡単にできるので、オフライン再生をする前にぜひ設定しておきましょう。

オフライン再生は歌詞表示に対応していない

2つめの注意点は、オフライン再生は歌詞表示に対応していないという点です。歌詞表示はオンライン再生の中でリアルタイム表示をしているので、オフライン再生には対応していません。

そのため、歌詞を見ながら楽曲を聴きたいという場合は、オンライン再生をおすすめします。音楽だけ聴ければ良いというのであれば、オフライン再生でも全く問題ありません。

音楽のダウンロードはWi-Fi環境で行う

3つめの注意点は、楽曲のダウンロードはWi-Fi環境下で行うという点です。楽曲のダウンロードは非常に多くのデータ通信容量を消費するので、月々のデータ通信量が少ない方はすぐに通信制限がかかってしまいます。

そのため、音楽をダウンロードする場合は必ずWi-Fiが繋がっているかどうか確認してから行いましょう。Wi-Fiが繋がっているときのみ、楽曲をダウンロードするように設定することもできます。

解約後は音楽が聴けなくなる

4つめの注意点は、Apple Musicの解約後は音楽を聴けなくなるという点です。Apple Musicでダウンロードした楽曲はあくまでサービス内のものなので、解約するとすべて消えてしまいます

ダウンロードした楽曲を聴き続けるためには、Apple Musicを継続して契約し続けることが条件になります。半永久的に楽曲を手元に残しておきたいのであれば、やはり楽曲を購入したりCDを購入する方法しかありません。

ただし、例外的にダウンロードした楽曲を保存できる方法もあります。この方法については、後ほど紹介します。

Apple Musicでダウンロードした音楽を確認する方法

ここからは、でダウンロードした音楽を確認する方法について紹介します。Apple Musicでダウンロードした音楽を確認する手順は、以下のとおりです。

  1. Apple Musicアプリを開く
  2. 「ライブラリ」をタップし、「アルバム」や「曲」などのカテゴリをタップする
  3. 「ダウンロード済み」をタップする
  4. 端末本体に保存している音楽のみが表示される

この手順でApple Music内でダウンロードした楽曲を確認することができます。「ダウンロード済み」に表示されない楽曲がある場合、正しくダウンロードされておらずオフライン再生ができない可能性があります。

Apple Musicでダウンロードした音楽の容量を確認する方法

line-use02

続いて、Apple Musicにてダウンロードした楽曲が占める容量を確認する方法を紹介します。容量の確認方法は、以下の手順で行います。

  1. 「設定」アプリを起動する
  2. 「一般」→「使用状況」→「ストレージを管理」の順番で進む
  3. 使用済み容量と使用可能容量が確認できる
  4. 「ミュージック」の箇所を参照すると、使用容量がわかる

以上の手順で、「ミュージック」が全体のどのくらいの容量を占めているかが分かります。あまりにもダウンロードした音楽の容量が多い場合は、聴いていない楽曲を削除するなどして空き容量を増やしましょう。

ダウンロードに必要な容量

ここからは、Apple Musicで楽曲のダウンロードをするにあたって必要な容量について紹介します。設定によっては、あまりに空き容量が少ないと以前ダウンロードした楽曲が削除されてしまうこともあるので注意が必要です。

1曲あたり

曲の長さにもよりますが、1曲あたりの容量はおよそ5〜12MB程度です。この程度の空き容量があれば、好きな楽曲を1曲ダウンロードすることができます。

1アルバムあたり

こちらもアルバムの長さによりますが、アルバム1つを10曲程度と仮定すると、50〜120MB程度の空き容量が必要になります。多くの楽曲をダウンロードするためにはそれ相応の空きが必要になるので、事前に確認しておくとベストです。

Apple Musicでダウンロードした音楽の保存場所

Apple Musicでダウンロードした楽曲は、一体どこに保存されるのでしょうか。ここでは、Apple Musicでダウンロードした音楽の保存場所について、端末ごとに紹介します。

ここで紹介するのは、「iPhone」「Android」「PC(Windows、Mac)」の3種類です。また、保存場所の変更方法も併せて解説します。

iPhoneの場合

iPhoneでApple Musicをダウンロードした場合、保存先はApple Musicアプリ内です。以下の方法で確認することができます。

  1. Apple Musicアプリを開く
  2. 「ライブラリ」を選択し、「アルバム」や「曲」などのカテゴリを選択する
  3. 「ダウンロード済み」を選択する
  4. 端末本体に保存している音楽のみが表示される

Androidの場合

AndroidもiPhoneと同じく、Apple Musicでダウンロードした楽曲は基本的にアプリ内へと保存されます。確認方法はiPhoneの場合と同様、Apple Musicアプリを開いてライブラリから表示を確認します。

楽曲の保存場所をSDカードに変更する方法もありますので、後ほど詳しく紹介します。

PC(Windows、Mac)の場合

PCの場合は、WindowsもMacも同様にiTunesへ保存されます。きちんと保存されているか確認したい方は、iTunesを開いてダウンロードした楽曲が表示されているか確認しましょう。

PCの場合、iTunesではなく外付けHDDに楽曲を保存することもできます。こちらの方法も、後ほど詳しく紹介します。

SDカードに変更する方法(Androidのみ)

Android端末では、Apple Musicでダウンロードした楽曲をSDカードへ保存することができます。具体的な手順は、以下のとおりです。

  1. Android端末にSDカードを挿入する
  2. Apple Musicアプリを起動する
  3. 画面右上から「設定」を開く
  4. 「ダウンロードオプション」から「SDカード」を選択する
  5. 完了

この手順で、Apple Musicでダウンロードした楽曲をSDカードに保存することができます。また、設定前にAndroid本体に保存していた楽曲も、この設定を行うことですべてSDカードに転送されます。

外付けHDDに変更する方法(PCのみ)

PCでは、Apple Musicでダウンロードした楽曲の保存場所を変更することができます。Windowsの場合、以下の方法で保存場所を外付けHDDに変更します。

  1. iTunesアプリを開き、「編集」→「環境設定」→「詳細」へと進む
  2. 「変更」をクリックし、ファイルの新しい保存場所を選択する
  3. 外付けHDDを保存場所に設定する
  4. 完了

Macの場合、以下の方法で保存場所を外付けHDDに変更します。

  1. 「ミュージック」アプリから「メニュー」→「環境設定」→「ファイル」へと進む
  2. 「変更」をクリックし、ファイルの新しい保存場所を選択する
  3. 外付けHDDを保存場所に設定する
  4. 完了

Apple Musicでダウンロードした音楽を削除する方法

続いては、Apple Musicでダウンロードした音楽を削除する方法について解説します。ダウンロードした音楽の削除方法は、以下の2とおりです。

・「ミュージック」アプリから削除する
・「設定」アプリから削除する

それぞれの方法と、ダウンロードした楽曲を削除するメリットについても解説します。

「ミュージック」アプリから削除する

1つめは、「ミュージック」アプリからダウンロードした楽曲を削除する方法です。以下の手順に従って行います。

  1. 「ミュージック」アプリを開き、削除したい楽曲もしくはアルバムを選択する
  2. 楽曲やアルバムを長押しし、「曲(またはアルバム)を削除」を選択する
  3. 完了

以上の方法で、楽曲を簡単に削除することができます。

「設定」アプリから削除する

2つめは、「設定」アプリから楽曲を削除する方法です。以下の手順に従って行います。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「一般」→「使用状況」を選択する
  3. ストレージ欄の「ストレージと管理」から「ミュージック」を選択する
  4. 削除したい楽曲もしくはアルバムを選択し、左に向かってスワイプする
  5. 「削除」を選択する
  6. 完了

このとき、「すべての曲」をスワイプして削除すると、一括ですべての楽曲を削除することもできます。

削除すればストレージの容量節約になる

ダウンロードした楽曲を削除する最大のメリットは、ストレージの容量が節約できる点です。ストレージの容量が節約できると空き容量が増え、新たな楽曲やアプリをダウンロードできるようになります。

あまり聴いていない楽曲がある場合は、その楽曲を削除することで新たな楽曲をダウンロードすることができます。空き容量がない場合はぜひ試してみてください。

Apple Musicの解約後、ダウンロードした音楽は再生できないのか

Apple Musicはとても便利ですが、最低でも480円(税込)の月額料金がかかってしまいます。それでは、Apple Musicの解約後はダウンロードした楽曲も聴けなくなってしまうのでしょうか?

ここでは、Apple Musicの解約後について、ダウンロードした楽曲はどうなるのか解説します。

基本的にApple Musicを解約するとダウンロードした音楽は再生できなくなる

Apple Musicを解約すると、Apple Music内でダウンロードしたすべての楽曲は再生できなくなります。Apple Musicはあくまでサブスクリプションなので、解約後はサービスが利用できなくなるからです。

まとめ

今回の記事では、Apple Musicをオフラインで楽しむ方法と手順、再生する具体的なメリットについて詳しく紹介しました。

の楽曲を端末にダウンロードすることで、インターネットに接続していないオフラインの状態でも音楽を楽しむことができるようになります。移動中やちょっとした空き時間にもすぐに楽曲が再生できるので、非常に便利な機能といえるでしょう。

また、Apple Musicをオフラインで聴く場合の注意点、その他再生に関わる容量や保存場所の確認方法についても解説しました。オフラインで楽曲を再生する場合は、事前に正しくダウンロードできているかどうかを確認しておきましょう。

\無料で1ヶ月楽しむ/

<参考>
Apple Music

※2022年2月時点の情報です。

※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

目次
閉じる