MENU

AWAの支払い方法を解説!支払いの変更方法や料金プランについても紹介!

日本発の定額制音楽ストリーミングサービスの1つとして、人気の「AWA」ですが、実際に加入してみようと思うものの、支払い方法や料金プランが豊富にあることで、登録を躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、一度仕組みさえ理解してしまえば、簡単に登録できるうえに、自身の好きな音楽を自由に楽しむことができるようになります。

本記事では、AWAの支払い方法や料金プランについて、詳しく解説していきます。

目次

AWAの特徴

AWAは、サイバーエージェントとエイベックス・デジタルの共同出資によって設立されたAWA株式会社が運営する、比較的新しいサブスクリプションサービスです。日本発の音楽配信サービスとして、J-POPや演歌、さらには落語などといった邦楽に特化したサービスを展開しています。

ここでは、他の音楽サービスにはないAWAならではの主な特徴から解説します。

最大規模の楽曲数

AWA最大の特徴ともいえるのが、音楽アプリを選ぶ際の判断基準としても欠かせない配信楽曲数の多さです。誕生当初は約167万曲だった配信楽曲数は、現在1億曲以上と、音楽配信サービスの中でも最大級の規模を誇ります。

1億曲以上という楽曲数は、一生涯をかけてもすべて聴くことができません。「新しい音楽との出会い」をコンセプトにさまざまな機能を展開するAWAは、今後自身のお気に入りとなる音楽と出会う確率も無限に広げてくれるでしょう。

音や画像から音楽を検索することができる

一般的な音楽の検索方法といえば、タイトルやアーティスト名などの文字情報が主流です。AWAでは、一般的な検索方法以外にも、曲名のわからない音楽やハミングを聴かせるだけで、音楽を見つけることができる機能があります

「この曲は何というタイトルだろう?」「誰の曲だろう?」と思ったときに、瞬時に楽曲を特定してくれるため、気になる曲が流れた際、曲名が分からずもどかしい、といったことも解消することができます。

さらには、写真や画像をアプリ内で選択するだけで、情景や雰囲気に合わせた楽曲やプレイリストを検索することもできるため、その日の気分次第で新しい楽曲に出会える可能性も無限大に広がります。

特定の楽曲や好きなアーティストの音楽を何度も再生するだけでなく、新しい音楽との出会い方にもさまざまな機能が搭載されたAWAは、今後の自身の音楽スタイルを大幅に変化させていくことでしょう。

\1億曲以上が聴き放題/

AWAの有料プラン支払い方法一覧

AWAを有料プランで契約した際は、以下の6つの支払い方法から選択することができます。

支払い方法iOS
(App Store経由で登録する場合)
Android
(Play ストア経由で登録する場合)
Web
(AWA公式ホームページ経由で登録する場合)
クレジットカード
デビットカード×
キャリア決済
コンビニ支払い××
ストアクレジット××
Google Play××

登録するデバイスによって利用できる支払い方法が異なるため、事前にチェックしておくことが大切です。ここでは、それぞれの支払い方法について詳しく解説します。

クレジットカード

クレジットカードで決済を行う際は、

  • VISA
  • Mastercard
  • アメリカン・エキスプレス
  • JCB

の主要国際ブランドでの支払いが可能です。

クレジットカードで支払う際のメリットは、毎月自動的に引き落としされるうえに、ポイントも貯まるため、手間をかけずに得することができる点です。ただし、中高生はクレジットカードを保持できないため、家族に依頼するか、もしくは他の手段を選択するようにしましょう。

デビットカード

デビットカードとは、支払いと同時に自身の銀行口座から引き落としされる仕組みのカードです。そのため、口座の残高以上にお金を使いすぎることがないという安心感があります。

国際ブランド付きデビットカードであれば、

  • VISA
  • Mastercard
  • アメリカン・エキスプレス
  • JCB

と、クレジットカードと同様の主要国際ブランドでの支払いが可能です。

ただし、AWA公式ホームページ経由で登録する場合は、デビットカードの利用ができないため注意が必要です。

キャリア決済

AWAの利用料金は、

  • au
  • Softbank
  • docomo

といったキャリアの通信サービス料金と合算して支払う「キャリア決済」を選択することもできます。キャリア決済は、クレジットカードを持っていない方や、各キャリアのポイントを貯めたい方におすすめの支払い方法です。

ただし、キャリア決済は、少額課金に特化した決済方法として利用限度額があるため、他のサブスクリプションサービスの支払いなどがある場合は選択できない可能性があります。また、中高生はキャリア決済の設定ができない場合もあります。

キャリア決済を選択できなかった際には、自身の利用する通信サービスの内容を確認するようにしましょう。

ストアクレジット

ストアクレジットとは、iTunesCardなどのギフトカードから、Apple IDにチャージされた残高のことです。AWAの利用料金は、Apple製品のサービスのすべてを統括するApple IDから支払うストアクレジットを選択する方法もあります。

iOS独自の支払い方法であるため、AndroidユーザーやAWA公式ホームページ経由で登録する場合には別の方法を選択する必要があります。

Google Play

iOS以外のスマートフォンをお持ちの方は、Google Play残高、もしくはGoogle Play ギフトカードからAWAの利用料金を支払う方法を選択することもできます。

Google Play ギフトカードは、コンビニやスーパーなど日常生活で手に入りやすく、クレジットカードやキャリア決済が選択できない方でも利用できる支払い方法です。

ただし、ギフトカードから残高をチャージする方法は、カード購入後にコード番号を入力する必要があるなど、少し手間のかかる作業がある点は念頭に入れておきましょう。

コンビニ支払い

AWA公式ホームページ経由で登録する場合は、

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ミニストップ

でAWAの利用料金を支払う方法を選択できます。

支払いの都度コンビニに行くという手間がありますが、解約を忘れていて支払いを続けてしまうという心配がない点や、現金主義の方にとっては、メリットのある支払い方法といえます。ただし、iOSやAndroidからは、コンビニ支払いが選択できないため、注意が必要です。

AWAの支払い方法を変更するには?

AWAの支払い方法を変更するには、何を経由して支払い方法を設定しているかによって異なります。まずは、現在の支払い方法を把握することが必要です。

以下では、iOS、Android、公式サイトを経由した際の支払い方法の変更についてそれぞれ解説します。

iOS|App Storeの場合

iOSから支払い方法を変更する際、Apple IDは、支払い方法をそれぞれのアプリによって選択するのではなく、設定された優先順位によって支払いが行われます。そのため、AWAの支払い方法を変更するには、優先順位を並び替える必要があります。

手順については、以下のとおりです。

  1. 利用中のiOS端末から「設定」アプリを起動
  2. 「iTunes StoreとApp Store」を選択
  3. 設定されているApple IDを選択後、「Apple IDを表示」を選択
  4. 「お支払情報」を選択
  5. 支払い方法を追加
  6. 希望の支払い方法を一番上に移動

「App Store&iTunesギフトカード」から支払いたい場合は、AWAの課金に利用したApple IDにチャージすることで、優先的にチャージ分より支払いが実行されます。

Android|Play Storeの場合

現在、AndroidのGoogle Play Store経由でAWAの支払いを行っている場合は、

  1. Google Play アプリを起動
  2. 右上のプロフィールアイコンを選択
  3. 「お支払いと定期購入」から「定期購入」を選択
  4. 更新する定期購入を選択
  5. 「管理」「更新」を選択
  6. 手順に従い支払い方法を更新

の手順で支払い方法を変更することができます。

Web|公式サイト経由の場合

AWAの公式サイトを経由して利用を始めた場合は、

  1. AWA公式ホームページ右上の「LOG IN」を選択
  2. 登録したアカウントでログイン
  3. 「お支払い」の欄から支払い方法を変更

の手順で、支払い方法を変更することができます。

ただし、キャリア決済で有料プランに登録している場合、クレジットカードへの変更や他のキャリア決済への変更ができません。また、クレジットカードからキャリア決済に変更することもできないため、支払い方法の変更を希望する際は、一度FREEプランに切り替えた後、再度任意の支払い方法で有料プランに登録する必要があります。

AWAの料金プラン一覧

AWAは、無料で利用できるFREEプランと、3つの有料プランがあります。それぞれの機能の違いについては以下のとおりです。

無料プラン有料プラン
プラン詳細・FREE(無料)・STANDARD
(月額980円/年額9800円)
・学生(月額480円)
・ARTIST
(月額270円/1アーティスト)
オンデマンド再生
プレイリストの作成・公開
広告なし
歌詞表示
ハイライト再生
フル尺再生×
オフライン再生×
再生時間時間制限なし×
ダウンロード×
※料金は全て税込表示です。

自身にとって利便性の高いプランを選ぶためにも、まずはそれぞれの料金プランについて見ていきましょう。

FREE

AWAには、有料プランの一部のサービスが受けられる「FREE」というプランがあります。

音楽サブスクリプションサービスの無料プランでは、音楽の再生中に広告を挟むことも多い中、AWAの無料プランは広告が一切流れずに音楽を楽しむことができます。また、有料プランと同様に、音や画像からの音楽検索ができる点などは、他のサブスクリプションサービスと比べても、類を見ない魅力ポイントといえます。

しかし、有料プランと比べると、

  • 曲の再生が1分程度まで
  • オフラインでの再生が不可
  • 月の再生時間は20時間
  • 曲のダウンロードが不可

といった制限があるため、使いづらさを感じてしまいがちです。FREEプランを使用して煩わしさを感じたら、まずは1か月間の無料期間を経て、有料プランへの切り替えを検討するようにしましょう。

STANDARD

AWAの中でもっとも標準的なプランである「STANDARD」は、月額980円(税込)で再生時間に制限なく、AWAの全機能を楽しむことができます。FREEプランでは不可能なオフライン再生にも対応しているため、データ通信料を気にする方でも安心して利用することができます。

また、STANDARDプランは、AWAで唯一年間契約をすることもできます。年間契約することで、月額で利用するより2か月分の1,960円(税込)安くなる点は、長く利用する方にとって最大のメリットといえます。

学生プラン

学生プランは、STANDARDプランの機能はそのままに、中学生以上の学生が半額以下の料金で利用できるお得なプランです。年間契約こそないものの、STANDARDプランの年間契約に比べても、1年で4,000円以上の節約ができます。

有効な学生証をアップロードするだけで学生プランを利用することができるため、学生にとっては、これ以上ないお得な音楽サブスクリプションサービスといえるでしょう。

ARTIST

アーティストプランは、自身のお気に入りのアーティストに絞って曲を聴くことができるAWA独自のお得な料金プランです。アーティスト1組につき月額270円(税込)で利用でき、最大3アーティストまで追加することができます。

アーティストプランでは、ライブチケットの先行予約やライブ音源の特別公開、さらには発売前の先行配信などといったファンにとって嬉しいサービスが充実した点も大変魅力的です

ただし、1か月のトライアル期間がないうえに、選択できるアーティストが36組と限られているため、事前に自身のお気に入りのアーティストが対応しているかどうか確認するようにしましょう。

AWAの登録方法

AWAは、会員登録を行わずに登録することもできますが、利用する端末を変更した、または端末を紛失したといった場合に、新しい端末へデータを引き継ぐためにもアカウントを登録しておくことをおすすめします。

ここでは、実際にアカウントを登録する際の手順について解説します。

公式サイトやアプリにアクセスしアカウントを作成する

AWAでは、

  • Apple ID
  • Googleアカウント
  • Facebookアカウント
  • Twitterアカウント

のいずれかの方法でログインすることで、ユーザー情報を紐付けることができます。上記の中にアカウントがない場合でも、メールアドレスで登録することができ、その際は「8文字以上のパスワード」と「ユーザーネーム」の入力が求められます。

いずれかの手続きを済ませておくと、機種変更などを行った際も、同じアカウントでログインすることができるため、AWAを利用する際はアカウント登録を済ませておくようにしましょう。

支払い情報を登録する

アカウント登録が完了したら、自身の希望する支払い方法の情報を登録します。クレジットカードの情報や、キャリア決済の詳細などが該当します。

正しい支払い情報を登録しないとAWAを利用できないため、正確な情報を入力することが必須です。

\まずは無料で1ヶ月体験/

まとめ

数ある音楽サブスクリプションサービスの中でも、1億以上の楽曲数を誇るAWA。

ただ音楽を楽しむだけでなく、世界中のあらゆる音楽と出会うきっかけが増える点や、1ファンとしてアーティストの情報を収集する手段としても活用できる音楽アプリだということは、他の音楽配信サービスと比べても類を見ない魅力だといえるでしょう。

支払い方法も充実したAWAは、日々の生活に取り入れやすい音楽アプリとして、ぜひ一度無料プランから試してみることをおすすめします。

おすすめの音楽配信サービス4選比較表

スクロールできます
dヒッツRakuten Music
月額料金980円
980円
(年額9,600円)
550円

980円
特徴空間オーディオが聴けるLINEのアプリを使っていれば誰でも利用可能空間オーディオが聴ける他サービスと比べて圧倒的に月額料金が安い音楽を聴いてポイントが貯まる
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※本記事の情報は2022年6月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
AWA

目次
閉じる