新居昭乃×手嶌葵

”「虹」の誕生秘話” から、”これからのふたり”

2019.12.6更新

「虹」の誕生秘話。

新居昭乃:「私は葵ちゃんのことを特別な存在だと思ってるんです。以前、葵ちゃんに書かせてもらった「虹」(映画『西の魔女が死んだ』主題歌)という曲は、自分にとって特別で、それは葵ちゃんがいなかったらできなかった曲なんですね。長年、自分のためにしか音楽やってこなかったんですけど、「虹」っていう曲は聴いてくださる方のために生まれたんですね。パッと浮かんで、いつもだったら自分とは違うと思って忘れちゃうんだけど、その時は、葵ちゃんに合うかもしれないと思って、頭の中でキープして、家に帰ってからデモテープを作って。それで、映画音楽のプロデューサーの方に渡して歌っていただくことになった。そういう意味で、葵ちゃんがいなかったらできなかった曲だし、みんなが好きって言ってくれて。自分のコンサートでも歌わせてもらってます」

手嶌:「私にとっては、初めていろいろ考え込まずに、『この歌、好きだな』って思いながら歌えた曲だったんです。デビューがジブリさんだったので、ずっとプレッシャーが強い状況で歌ってたというか……。勝手にいろんなものを強く思いすぎている状態で歌っていたんですけど、とてもリラックスして歌えたんですね。なおかつ、大好きな映画、それも、とても素晴らしい内容の映画だったので、自分のおばあちゃんのことも考えながら歌えて、すごくうれしかったです」

新居:「ありがとうございます。うれしいです。どんなふうに思ってらっしゃるかはわからなかったので、初めて聞けてうれしいです」

手嶌:「今、ライブでは必ず前半に入れるようにしているんですね。初めましてのお客様もいらっしゃるし、繰り返し来てくださるお客様もいらっしゃるし、みんなで一番最初にいろいろ感じ取れる曲として素晴らしいと思っていて。しかも、〈丘に咲く~〉って私から入る曲なので、自分でリズムがとりやすいというか、落ち着け~と思いながらきちんとテンポをとれる曲ですね」

新居:「その日のテンポで入れるっていうことですね。私が観に行かせていただいた時も1曲目で歌われてて、自然と緊張してしまって(笑)」

手嶌:「あの時、すごい緊張しました(笑)」

新居:「私も(笑)」

手嶌:「昭乃さんいるなぁ~って(笑)」

新居:「ごめんなさい~(笑)」

手嶌:「いえいえ。ちゃんとできるかいなと思って(笑)」

新居:「すごく素敵でした。うれしい~って感じ。自分の曲を素晴らしい歌声で歌ってもらえるっていうのは本当に幸せです」

手嶌:「「空へ」も昭乃さんに提供していただいたんですが、「虹」と「空へ」は楽器さんとの距離がものすごく近い曲なんですね。ライヴやコンサートはものすごく緊張するけど、一番最初にミュージシャンの人とせーのって一緒に息を合わせる曲が、昭乃さんが作ってくださる曲たちだったりするんです。ミュージシャンの皆さんも『いい曲だね』って言ってくださるので、いつも、すごくうれしいなと思いながら歌ってますし、本当にコンサートには欠かせない曲になってますね」

新居:「そんなに緊張してるのはわからなかった。長年の鍛錬があるからかな。私自身が、『はう~! 「虹」からだぁ~』ってなってたけど(笑)」

手嶌:「「虹」が1曲目だったのは、昭乃さんが来てくださってるから特別にそうしたわけじゃなくて。本当に「虹」から始めることがとても多いんですよ。『はじめまして』はやっぱり「虹」じゃなくちゃみたいなところがあるので、地方のイベントとか、30分くらいしか持ち時間がなかったりする時でも、「虹」から始めることがとても多いんです。手嶌葵の声をまず聴いてもらいたいなって思った時に必ず入っている曲だし、そういう曲があるのは、とてもありがたいことですね。あと、やっぱり同じ福岡出身だからか、福岡の風を感じます(笑)」

溢れ出す福岡への愛。

手嶌:「いつもとても素敵な歌を書いていただけるのでありがたいですし、曲を書いていただくと、勝手な思いですけど、福岡の風を感じる気がして(笑。)同郷の人が書いてくれたって思うだけですごく安心するっていうか。こだわりすぎてる部分もあるので(笑)、変なところですけどね」

新居:「でも実は、私、福岡には7年しか住んだことがなくて。福岡に移って7年後に『福岡ば離れたくない!』って泣きながら、東京に来てデビューしちゃって。飛行機1時間半くらいなんですけど、ずっと泣いてて。チーフパーサーの人にお弁当箱とかいろいろもらいました(笑)。『どうしたんですか? 大丈夫ですか?』って」

手嶌:「ふふふふ」

新居:「で、最初に東京から福岡に帰ってライヴをした時に、『私、福岡に帰りたいんです!』ってステージで泣いちゃったんですよ。そしたら、一緒にいたマネージャーの人がみんなからにらまれちゃって(笑)。福岡愛が強すぎて、本当にひどかったんです」

手嶌:「それは一緒ですね(笑)」

新居:「今は、基本ずっと福岡にいるんだよね?」

手嶌:「はい。住んでるのは福岡なんです」

新居:「えらいよね。そこは一番大事なところだもんね」

手嶌:「そうですね。ちゃんと丁寧に心を込めて歌うんやったら、一瞬福岡の風と食べ物を感じて、安心してから歌いに行きたいと思っているので」

新居:「それが素敵な安心感につながってるのかもしれないですね」

手嶌:「最近はすぐ帰りたいってなっちゃうから、MCもめちゃめちゃ博多弁でしゃべってしまうんです」

新居:「そうなの?」

手嶌:「だからたぶん伝わってないこともあるんじゃないかなっていうくらい方言が出てしまって。この前、中国でも、大好き!って言ってもらえたから、私も『好いとうよ~』って博多弁で返してしまって(笑)」

新居:「あはははは。『ウチも好いとうよ~』って」

手嶌:「その時のギタリストの方が福岡出身で『俺はそれにキュンと来た』って(笑)」

新居:「やっぱりネイティヴの言葉は強いっていうか、人には伝わるよね」

手嶌:「強いです。私も博多弁でしゃべるともっと強くなると思います。今、頑張って標準語を話そうとしているから」

新居:「博多弁でもいいとよ?(笑)」

手嶌:「うふふふふふ」

映画音楽という共通項。

新居:「そういえば私、葵ちゃんからリクエストを聞いて書いたことないね」

手嶌:「デビューから暫くはほとんどそういうことはしてなかったというか、できなかったというか。歌うのに精いっぱいだったんです。初めてお会いしたのもティーンエイジャーちょっと過ぎたくらいの頃だったので、いろんなことをめっちゃ観察してて(笑)。大人はどんなふうに働くんだろうとか、どんなふうに音楽を作ってるんだろうっていうのをすごく観察していたので、自分の意見が今、大事なのかどうかっていうのがよくわからなくて、あまり言えなかったと思います」

新居:「でも、すごいよね。ハタチになったばっかりで、誰が何をしてるんだろうってことをまず見るっていうのは。自分のそういう時代のことを思い返すと、大人だな~って思います」

手嶌:「いえいえ、もう見るしかできなかったので、とりあえず観察をするしかできなくて。集中力も長いほうじゃないので、集中力が切れそうになりながらも、一生懸命に見て、聞いてっていうことをずっとしてました。だから、ごく最近になってから、この作家の方にお願いしてみようとか、言えるようになったんです」

新居:「本当に勝手に葵ちゃんのイメージを決めつけてっていうか、勝手に考えて書いてたところがありましたね。申し訳ありません~」

手嶌:「いやいやいや、とんでもない!」

新居:「ただ、「時の歌」(映画『ゲド戦記』主題歌)は、葵ちゃんの声に合いそうだなっていうイメージで作ったら、スラ〜っと自然に出てきたのね。「虹」もそう。「空へ」や「月のかけら」「花びら」は、葵ちゃんに歌ってもらうためにこういうのはどうかな~みたいな感じで練って作ったけど、「時の歌」と「虹」は本当にフッとできた。作ったっていうよりは作らせてもらったって感じでしたね。あれから10何年か経って、また何か作らせてもらえたら、プレゼンっていうか、デモをお送りします(笑)」

手嶌:「いや~、ちょっと楽しみすぎていろんなことを考えちゃいますね。でも、作っていただけるならうれしいです!」

新居:「ご希望に応えられるかわからないですけど(笑)。でも、やっぱり共通項っていうか、私も小さい頃、音楽に目覚めたのが映画音楽だったんですよ。映画を観たことがない、まだ幼稚園に入る前に、うちにあったサントラを勝手にプレイヤーで聴いてて。映画は観たことないのに見えてくるような気がして、『すごい! 面白い!』ってなって。それで次から次に聴くようになって。『鉄道員』とか『禁じられた遊び』とか『汚れなき悪戯』とか」

手嶌:「私も、『禁じられた遊び』を観てます。母がおばあちゃんのレコードをずっと残してくれてるタイプだったので、サントラもよく聴いてますね」

新居:「そうよね。音楽が本当に好きなご家族なのよね」

手嶌:「はい、大好きなんです。映画音楽は本当に好きなのでサントラはすごく聴きました」

新居:「おうちでみんなで歌ったりしてたって聞いてすごいなって」

手嶌:「してました(笑)。ノリノリな家族なんです」

新居:「聴いてみたい~(笑)。うちはお父さんが好きで、メリー・ホプキンとか歌ってて。英語の歌を日本人でも歌えるんだ!って、『昭乃も歌いたい!』って言って、カタカナで英語の歌詞を書いてもらって歌ったりしてましたね。私はひとりですごい大声で歌ってて、お母さんからいつも『うるさい! いい加減にして!』って言われてました(笑)。団地に住んでたんですけど、お母さんが走って買い物から帰ってきて、『恥ずかしい!団地の角まで聴こえてる!』って(笑)」

手嶌:「あはははは。そんなに大声で(笑)」

新居:「歌ってましたね。でも、葵ちゃんは映画音楽の中でもキラキラっていうか、メジャーな音楽がお好きなのでは? って感じがするんですけど、どうなのかな。カヴァーされてる曲を見ると」

手嶌:「ああ、たしかにそうかもしれないです。みんな知ってるっていうか、本当にスタンダードみたいなものって、歌うと愛されてる理由がわかるというか」

新居:「うんうん、そうだよね。やっぱりよくできてるし、何十年もいろんな人が歌ってみんなが聴いてるのに飽きられないっていうのがあるもんね」

手嶌:「いっぱい手垢もついてるし、擦り切れてるはずなんですけど、それでも歌うと楽しいんです」

新居:「マリリン・モンローの「I WANNA BE LOVED BY YOU」を歌われてるじゃないですか。この歌がこんなに清潔感があるなんて斬新!って(笑)」

手嶌:「あはははははは」

新居:「すごく色っぽい歌には感じるんですけど、その色っぽさにすごく清潔感があって(笑)。本当に葵ちゃんにしか表現できないものだなって思いながら聴いてます」

手嶌:「斬新(笑)。オリジナルで色っぽい歌を歌っても求められていないだろうし、匂わないだろうから、カヴァーでしかできない感じがあって。やっぱりイメージって押し付けるものではないと思うし、聴いてくださる方の中にあるものだから、自分が変えようと思っても変えられないと思うんですね。そういう中で、こんな歌も歌えるんだなって驚いてもらえたらいいなって思ってマリリン・モンローをカヴァーしたんですね」

新居:「そうなんだ。それはじゃあすごく成功してる! 驚きました。素敵な驚きがありました」

手嶌:「ふふふ、よかったです」

これからのふたり。

新居:「今日、私がカヴァーしたCDを持ってきたので、いつかお暇になったら聴いてください(笑)」

手嶌:「いえいえ、今夜から聴きます(笑)」

新居:「葵ちゃんが知らない曲が多いかもしれない。2曲は絶対知ってると思うんだけど。ちょっとマニアックっていうか(笑)。そこは大きな違いはあると思ってて。葵ちゃんって、やっぱりすごく硬質っていうか、昔18歳の時にお会いした時は硬いつぼみのような印象があって。お歌も自分で自分を守るような印象があったんです。誰にも触らせない! っていうね。でも、今はそんなことなくて、葵ちゃん自身を保ちつつ、一緒にこんなのいかがですかっ? て言われてるような歌に変化してきてる感じがあって。そういう意味で開かれてきているのかなと思ってて。私はそういう意味では、ずっと閉じてきてるからそこは違うのかなって思います(笑)」

手嶌:「最初は頑なだったと思います。初めてお会いした頃とか、作っていただいている頃は。本当に求められてるのかどうかよくわからなかったし、できてるのかな、これで合ってるのかなって思いながらずっとやっていたので、どうですか? って言う勇気もないし、これでいいんだっていう確信もないままずっとやっていた。とにかく今、できることをちゃんとやらなきゃっていうことしか考えてなかったから、声もとても頑なだったんだろうなってすごく思います」

新居:「でも、そういう意味でもすごく極めていたんですよね。自分が今できる精一杯のことっていうのが、すごく高い志のもとに極まっていったっていう感じ。それを続けてきたからこそ、飽和して溢れて、人にも分けられるようなイメージがある。本当にプロっていうか、素晴らしいっていうか……私はずっと遊びだったから(笑)。ふざけ続けてるので(笑)」

手嶌:「そのふざけたのが素敵だと思います」

新居:「あははははは。後ろから頭叩かれて、ふざけんな! って言われるくらいふざけてきたので、着実に自分を高めていける姿勢は才能だと思いますし、いつもまぶしく拝見してます」

手嶌:「そんな(笑)。私はずっと大真面目な方だと思ってたんです」

新居:「私が?!(笑)。……真面目な面もありますぅー(笑)」

手嶌:「あはははははは。でも、昭乃さんの声や曲、歌って、自分の乙女心じゃないですけど、ファンタジーみたいな部分がうわ~って大きくなって、みんなで一緒に感じましょうみたいな感じがいつもあって。楽しいなって思えるから、昭乃さんのその、ふざけた部分が(笑)」

新居:「あははははは!」

手嶌:「ふざけたって言うと、すごく言い方悪く聞こえますね(笑)。楽しい部分が注入されてるのかなと思ってます」

新居:「じゃあもうちょっと注入しようかな(笑)」

手嶌:「ずっと余裕なくやってきてたんですけど、最近ようやく、お客さんと一緒に楽しもうっていう気持ちがちょっとだけ出てきたので、やっぱり昭乃さんに曲を作っていただきたいです。お願いします!」

新居:「ぜひ。ぜひぜひ作らせてください。私はふざけ続けてきてしまったけど、今日、葵ちゃんの高い志を少し分けていただけたので、これから頑張ります(笑)」

新居昭乃 LIVE 2019 "NORTH BAZAR"
公演日時:12/31(火)17:00 開場/18:00 開演
会場:ヒューリックホール東京
チケット料金:全席指定6,000円(税込)
※別途ドリンク代500円を頂戴いたします
>>公演詳細はこちらから