MENU

レオパレスで光回線を導入する方法を解説!おすすめの光回線もご紹介!

レオパレスは、オリジナルのインターネット回線であるレオネットが完備されています。

レオパレスにお住まいの方限定で視聴できるコンテンツやサービスがあり、お得に感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、通信速度については評価が高いとはいえず、レオネット以外のインターネット回線を使用したいと感じている方もいるでしょう。

そこで、レオネットではなく光回線を検討している方に向けて、レオパレスで光回線を導入する方法や注意点、おすすめの光回線をご紹介します。

レオパレスにお住まいで、レオネット以外のインターネット回線を使用したいと考えている方は、参考にしてください。

目次

レオパレスで光回線を導入する際のポイント

レオパレスで光回線を導入する際には、レオネットのサービスがあること、規約の範囲で工事をすることが重要です。

それぞれポイントを詳しくご紹介します。

独自のインターネット、レオネットが入居時より利用可能

光回線を使用する場合は、住んでいる部屋に光回線の開通工事をすることによって、インターネットが利用できるようになることが一般的です。

光回線申し込み手続きのほか、開通工事に立ち会わなければならないため手間がかかります。

しかしレオパレスは、入居者限定で利用可能なインターネット回線のレオネットが導入されています。

レオネットを利用する場合は光回線の申し込み手続きや開通工事の立ち合いは不要で、すぐにインターネットを利用できる点がメリットです。

光回線導入時には工事に関する規約を守る必要がある

レオパレスで光回線を導入するときは、工事に関しての規約を守る必要があります。レオパレスの規約は非常に細かく決められているため、注意が必要です。

規約としては、建物に穴や傷を残さない、配線工事をする際にビス止めをしない、室内にある装置は退出する際に撤去するなどが挙げられます。

工事に関する契約を一つでも守れないと、光回線の開通工事をおこなえません。

レオネット以外のインターネット回線を契約したい場合は、検討している業者に相談し、規約を守れるかどうか確認しましょう。

業者によっては、規約の範囲内で導入する方法を提案してくれることがあります。

レオネットとは

レオパレスは、オリジナルの光回線、レオネットが導入されています。レオパレスに住んだことがないと、どのようなサービスなのかわからない方も多いでしょう。

そこで、レオネットの月額費用と通信速度、サービスの特徴などを詳しくご紹介します。

スクロールできます
サービス名レオネット
月額費用ライトプラン:2,640円
ベーシックプラン:3,630円
アップグレードオプション:1,320円
速度平均Ping値:20.75ms
平均下り速度:80.34Mbps
平均上り速度:79.86Mbps 

※非公式の数値サイト「みんなのネット回線速度」より。
直近3か月のデータ(2022年8月現在)。
工事費用無料
※料金は全て税込表示です。

レオネットを使用してインターネット接続をする際には、ライト、ベーシックプランのいずれかを選ぶ必要があります。レオネットは、プランによって月額費用が異なることが特徴です。

月額費用が安いライトプランは、毎月2,640円(税込)となっており、光回線の月額費用相場よりも安いです。

通信速度はインターネットを利用する際に大切なポイントですが、レオネットの通信速度は公表されていません。

レオパレスの公式サイトによると、利用環境や利用時のネットワークやサーバーの混雑状況などによって速度が異なるため、公表はしていないとのことです。

また、レオネットを利用することで、ゲームや動画視聴、有料チャンネルといったコンテンツを楽しめます。

エンタメコンテンツの内容は次の通りです。

プラン名コンテンツ内容
ライトプランインターネット使い放題
Wi-Fi接続可
安心設定サポート
ベーシックプランインターネット使い放題
U-NEXT一般作品23万本以上見放題
U-NEXT雑誌160誌以上見放題
安心設定サポート
アップグレードオプションU-NEXTポイント1,200ポイントプレゼント(毎月1日付与)
U-NEXT44,000本以上の成人向け(その他)作品見放題
 ※ベーシックプラン加入中の方のみ契約可能

さらに、レオネットの月額費用の支払方法として、LEONETポイントが挙げられます。

1ポイントは1円に換算されて、有料サービスの料金を支払う際やレオネットでインターネットショッピングをする際にも利用できます。

ポイントのチャージ方法はクレジットカード、コンビニ決済、Web Money、レオパレスセンターでの支払いから選べます。

なお、レオパレスから退室した場合はポイントが使用できなくなるため、十分に注意しましょう。

レオパレスで光回線を導入する際の注意点

レオパレスで光回線を導入する際には、建物を傷つけないこと、管理会社の許可を得るなど、いくつかの注意点があります。

光回線の工事を担当する業者に相談しなければならないこともあるため、導入前に注意事項を確認しておきましょう。

建物に穴を開けてはいけない

光回線の開通工事で穴を開ける必要がありますが、3mmほどの小さなものです。

しかし、レオパレスは光回線開通工事をはじめ、工事に関する規約が細かく決められています。

工事をする際に建物に穴を開ける、ビス止めをするなどは禁止されているため、基本的にレオパレスでは光回線のケーブルを引けません。

管理会社や大家さんの許可が必要

レオパレスでインターネット回線を導入する場合は、管理会社と大家さんの許可を得る必要があります。

管理会社や大家さんの許可を取らずにインターネットを導入すると規約違反になり、退去させられる可能性があるため注意しましょう。許可を得られないと、光回線の開通ができません。

許可が取れない場合、レオネットを利用するしかありません。どうしてもレオネット以外のインターネットを利用したい場合は、モバイル型Wi-Fiやホームルーターなど、別の方法を検討する必要があるでしょう。

回線の引き込みはエアコンダクトか電話線の配管からおこなう

開通工事をする際、エアコンのダクト穴や電話線の配管から引き込む方法を採用すれば、壁に穴を開けずに光回線を通すことができます。

あらかじめ工事をする業者に問い合わせをし、エアコンダクトか電話線の配線を利用できるかどうか確認しましょう。

部屋の退去時に原状回復を求められる

管理会社や大家さんの許可を得て規約の範囲内で開通工事をおこなった場合でも、退去時には原状回復をしなければなりません。

光回線を通す段階で、退去時の対応に関して管理会社や大家さんに確認しておくと安心です。

レオパレスで光回線を導入する方法

レオパレスで光回線を導入するまでのステップをご紹介します。

正しい手順で光回線の工事や開通をおこなわなければ、管理会社や大家さんとトラブルになる可能性があります。

規約に沿って、スムーズに光回線を導入しましょう。

1:管理会社や大家さんに許可を得る

管理会社もしくは大家さんに光回線の工事をする許可を得ます。

許可を得ずに工事をするとレオパレスの規約に反するため、十分に注意が必要です。

2:工事に関する規約を確認する

入居時に受け取った契約書で、工事をする際の規約について確認しましょう。

契約違反にならないと判断できた場合には、光回線を選びましょう。

3:光回線の契約

次に、契約する光回線を確定させます。

どの光回線業者にするか迷った場合は、スマートフォンとのセット割が利用できるかどうかが重要なポイントです。

また、キャッシュバックや工事費無料といったキャンペーンがあるか、お住まいまたはこれから引っ越し予定のレオパレスが提供エリア内か、契約期間はどれくらいの予定になるのかも確認しましょう。

料金のみで光回線を選ぶと、トータルの支払いが高額になったり退去の際に違約金を支払わなければならなかったりといったトラブルが起こる可能性があります。

光回線はいくつもの種類があるため、ゆっくり時間をかけて選びましょう。

4:工事、開通

契約する光回線を選んだら、申し込みをおこない工事日を決めます。申し込みをする際に、建物がレオパレスであるということを伝えておくと、当日に業者が作業しやすくなるでしょう。

なお、業者によっては予約が埋まっており、申し込みをしてから工事をするまでに数か月かかることがあります。インターネットを利用開始したい日から逆算して、早めに申し込みをしましょう。

工事の際には、レオパレスの規約を業者に伝えておく必要があります。

工事が終わったら機器の設定をおこない、問題なくインターネットに接続できれば光回線の開通工事は完了です。

レオパレスで導入する光回線を選ぶ際のポイント

光回線には複数の種類があり、レオパレスで利用するにはどの回線が良いのか迷う方も多いでしょう。

そこで、光回線を選ぶ際の比較ポイントをご紹介します。

お得な料金で利用するためにも、ポイントを押さえて光回線を選びましょう。

初期費用、工事費用やキャッシュバックの内容

光回線を契約する際には、工事費や事務手数料などの初期費用がかかることが一般的です。

例えば、フレッツ光を申し込んだ場合、屋内の配線を通す際に約2万円の費用がかかります。

しかし、工事費無料やキャッシュバックなどのキャンペーンをおこなっている光回線業者もあります。

キャッシュバックや工事費無料のキャンペーンを活用すれば、契約の際に支払う初期費用を大幅に抑えられるでしょう。

特典やキャンペーンから光回線業者を選ぶのもおすすめです。

実質月額費用の比較

月額費用のみではなく、初期費用も含めていくらになるのかを確認する必要があります。

初期費用は工事費や契約事務手数料などが挙げられ、おおよそ15,000円~20,000円が相場です。

戸建てやマンションといった住居タイプごとに料金が変わることがあるため、レオパレスでは初期費用がいくらになるのか、事前に確認しましょう。

月額プランは、インターネットの使用用途から自分に適したものを選びます。

以下の計算式で、実質月額いくら支払うことになるのか計算することが大切です。

{(月額費用×契約月数)-キャッシュバックなどの割引金額}÷契約月数

使用場所が対応エリアである

住んでいる地域が、光回線業者の提供エリア内かどうかも重要なポイントです。

光回線業者のなかには、一部エリアでしか提供していないサービスがあるため、導入する予定の光回線が契約できない可能性があります。

申し込みをしようと思っていた光回線が対象外だったということがないように、あらかじめ公式サイトからお住まいの場所が提供エリア内かどうかを確認しておきましょう。

使用用途にあった通信速度

基本的に、通信時のストレスを感じにくい速度目安は以下のとおりです。

  • スマートフォン:5Mbps~30Mbps
  • パソコン:10Mbps~30Mbps

通信速度は、アップロード・送信をする際の上りと、ダウンロード・受信をする際の下りで表記されています。

Webサイトの閲覧やメール受信、動画視聴の際に重視しなければならないのは下りの数値です。

気になった光回線業者が、使用用途に合った通信速度を出せているかどうかをチェックしましょう。

  • メールやLINEのみの場合:下り128kbps~1Mbps
  • インターネットサイトを閲覧する場合:下り1Mbps~10Mbps
  • 動画視聴がメインの場合:5~20Mbps

メールやLINEのみ使用の場合は、最低128kbpsあればいいといわれています。しかし、128kbpsは通信制限がかかった際の速度であり、動画や画像ファイルをダウンロードする場合には時間がかかるでしょう。

インターネットサイト閲覧の場合、画像が多ければ3Mbps程度が理想ですが、文字がメインであれば1Mbpsでもストレスなく表示されます。

動画視聴は5~20Mbps程度が必要ですが、解像度ごとに異なるため注意しましょう。解像度ごとに必要な通信速度の目安は以下の通りです。

  • 4K:20Mbps
  • HD 1080p:5 Mbps
  • HD 720p:2.5 Mbps
  • SD 480p:1.1 Mbps
  • SD 360p:0.7 Mbps

例えば、4Kの高画質動画を視聴する場合、25Mbpsは必要だといわれています。

なお、いずれの使用用途でも意識したいポイントは、光回線の最大通信速度です。

最大通信速度は、ベストエフォート方式と呼ばれる回線事業者による数値で、理論上のものであり最大通信速度が保証されるものではありません。実際の通信速度は、最大通信速度の3~6割程です。数値はあくまでも参考程度であるということを頭に入れておきましょう。

スマートフォンとのセット割が適用されるか

スマートフォンとのセット割が利用できる光回線に申し込めば、毎月の出費を抑えられます。

レオネットではなく光回線を利用した場合、毎月の通信費が高くなってしまいます。しかし、スマートフォンとのセット割が適用されれば通信費を抑えつつ、高速の光回線が利用できます。

スマートフォンとのセット割引が適用されると、月額費用が1,000円程度安くなることが多く、年間で10,000円以上お得になるでしょう。

とくに、格安SIMではなく大手キャリアのスマートフォンを利用している方、家族で同じキャリアを使用している方は、セット割の有無が重要なポイントです。

最低利用期間や違約金

現在住んでいるレオパレスに何年住む予定なのかを明確にしておきましょう。

光回線業者は、基本的に2~3年の最低利用期間を定めています。利用期間内に光回線を解約した場合は、解約手数料や違約金を支払わなければなりません。

レオパレスに何年住むかを計算し、最低利用期間と住む期間がマッチする業者に申し込む必要があります。

入金や解約手数料は数万円かかることもあるため、気になる光回線業者が何年契約なのか確認してください。

レオパレスで快適に使用できるおすすめの光回線5選

レオパレスで快適に使用できる光回線を5つご紹介します。

レオパレスで利用できる月額費用やタイプ、通信速度や、工事費用、セット割があるかどうかをチェックして、使用用途に合うものを選びましょう。

ドコモ光

スクロールできます
サービス名ドコモ光
月額費用【タイプA】
2年契約:4,400円
契約期間なし:5,500円
【タイプB】
2年契約:4,620円
契約期間なし:5,720円
【タイプC】
2年契約:4,400円
契約期間なし:5,500円
【単独タイプ】
2年契約:4,180円+プロバイダ料金
契約期間なし:5,280円+プロバイダ料金
速度最大1Gbps
下り平均260.41Mbps
工事費用16,500円
セット割対応キャリア(割引額)ドコモ
月に最大1,100円割引
※料金は全て税込表示です。

ドコモ光には、ドコモユーザーが利用できるドコモ光セット割があります。ドコモ光を契約すると自動で適用されるため、申請は不要です。

ドコモセット割の割引額は、月に最大1,100円(税込)で、20回線まで適用されるため、家族がドコモユーザーの場合は家族全員のスマートフォン利用料を抑えられます。

また、ドコモ光はドコモオンラインコンシェルジュから申し込みをすると、30,000円分キャッシュバックされます(2022年8月時点情報)。オプション加入といった条件はなく適用されることがメリットです。

さらに、ドコモオンラインコンシェルジュを利用すれば、24社のプロバイダから自由に選択できます。プロバイダ選びにもこだわりたい方におすすめです。

auひかり

スクロールできます
サービス名auひかり
月額費用auひかりマンション都市機構:4,180円
auひかりマンション都市機構G:4,730円〜
auひかりマンションタイプV:4,180円
auひかりマンションタイプG:16契約以上4,180円8契約以上4,510円
auひかりマンションタイプE:3,740円
auひかりマンションタイプF:4,290円
マンションタイプギガ:4,455円
auひかりマンションタイプミニギガ:5,500円
速度最大1Gbps
下り平均354.46Mbps
工事費用33,000円
セット割対応キャリア(割引額)・au
・ビッグローブモバイル
月に最大1,100円割引
※料金は全て税込表示です。

auひかりで、インターネットとひかり電話を同時に契約するとセット割が利用でき、スマートフォン代が毎月最大1,100円(税込)抑えられます。

なお、60歳以上の家族であれば一緒に住んでいなくても割引が適用され、最大10台まで割引適用可能です。

ほかにも、乗り換え割があるため他者から乗り換えを検討している方はお得です。数万円の節約になります。

月額費用が安くなるものの、違約金や工事費が気になり契約を迷っていたという方には大きなポイントといえるでしょう。

また、auひかりの最大速度は1Gbpsですが、光コラボと比較して通信速度が速く、安定していることが特徴です。

NTT回線や光コラボでは同じ回線を使用しており、利用者が多い時間帯は回線が混雑して通信速度が落ちたり、安定しなかったりします。

一方で、auひかりは独自回線のため利用者が限られており、混雑状況によって通信速度が不安定になることが少ない点が魅力です。通信速度の速さ、安定さを求める方におすすめです。

さらに、IPv6対応も進めており、IPv4とIPv6の両方に対応したIPv4/IPv6デュアルスタックを利用できます。

IPv4/IPv6デュアルスタックは、これまでのIPv4方式と比較して通信回線の混雑を避けて高速通信できる仕組みです。

ソフトバンク光

スクロールできます
サービス名ソフトバンク光
月額費用2年自動更新プラン:4,180円
自動更新なしプラン:5,390円
速度最大1Gbps
下り平均220.74Mbps
工事費用26,400円
セット割対応キャリア(割引額)・ソフトバンク
・ワイモバイル
月に最大1,188円
※料金は全て税込表示です。

ソフトバンク光は、ソフトバンクでんきや対象の固定電話サービスを同時に契約すると、セット割が適用されます。

また、ソフトバンク光に申し込みをすると、開通するまでの期間は無料でソフトバンクエアーもしくはモバイルWi-Fiをレンタルできます。

ソフトバンク光を含め、光回線に申し込みをしてから開通するまでは2週間程度かかりますが、それまでの期間インターネットが利用できないと不便だと感じる方も多いでしょう。

ソフトバンク光に申し込みをすれば、インターネットを利用できない期間がなく、例えばリモートワークをしている方でも仕事に支障が出ません。

なお、ソフトバンク光以外の光回線では、基本的に開通までの期間に機器のレンタルはおこなっていません。

GMOとくとくBB光

サービス名GMOとくとくBB光
月額費用3,883円
速度最大1Gbps
下り平均346Mbps
工事費用26,400円
セット割対応キャリア(割引額)なし
※料金は全て税込表示です。

GMOとくとくBB光は、月額費用を抑えたい方におすすめです。毎月の支払いは、工事費+インターネット通信料+プロバイダ料の合計で3,883円(税込)~と、安いことが特徴です。

ほかの光回線では、インターネット代込みで4,000円台が相場のため、毎月の支払いが若干安く設定されています。

au、docomo、SoftBankといった大手キャリアのスマートフォンを利用している方はセット割が適用される光回線がおすすめです。しかし、格安SIMを利用している方はセット割の適用がなく、月額費用を抑えられるかどうかがポイントだといえるでしょう。

また、光回線がv6プラスに対応していても、専用のルーターがなければ高速通信はおこなえません。

GMOとくとくBB光は、v6プラス対応のルーターを無料でレンタルできます。通販サイトなどであらかじめv6プラス対応のルーターを購入する必要がなく、節約になるでしょう。

v6プラス対応のルーターをレンタルする場合、ほかの光回線業者では月額500円程度のオプションサービスを契約することが一般的です。v6プラス対応のルーターを購入するとなると、4,000~8,000円程度かかります。

GMOとくとくBB光は、インターネットを利用するための機器をすべて無料でレンタルできるため便利です。

さらに、GMOとくとくBB光を37か月間継続で利用し続けると、解約してもWi-Fiルーターを貰うことができます。返却の手間がかからず、専用ルーターを貰えて他者の光回線で利用できることもメリットの一つです。

ビッグローブ光

スクロールできます
サービス名ビッグローブ光
月額費用3年プラン(定期利用期間36か月):4,378円
2年プラン(定期利用期間24か月):4,488円
(※1)
速度最大1Gbps
下り平均206.75Mbps
工事費用3年プラン(定期利用期間36か月):16,500円(初回715円、2~36回目451円)
2年プラン(定期利用期間24か月):16,500円(初回814円、2~24回目682円)
セット割対応キャリア(割引額)au
月に最大1,320円割引
※料金は全て税込表示です。

ビッグローブ光は、BIGLOBE株式会社が提供しているBIGLOBEと呼ばれるプロバイダと光回線がセットになっています。

一般的に、インターネットを使用する際には光回線業者とプロバイダの2つを契約しなければなりません。プロバイダは光回線をインターネットにつなぐためのサービスであり、光回線とプロバイダがセットになることでインターネットを利用できます。

ビッグローブ光は、他社とプロバイダの契約をしなくてもインターネットを利用できることがメリットです。

また、通常プロバイダ利用料は月額1,300円程度ですが、ビッグローブ光はプロバイダ料が月額利用料に含まれているため、別途料金がかかりません。

インターネット契約がビッグローブ光のみでわかりやすいほか、支払い先が一か所になるため請求書も確認しやすいでしょう。

(※1)
東日本エリアでは3戸以下、西日本エリアでは5戸以下の集合住宅の場合は戸建てプラン
東日本エリアでギガビットに対応したWi-Fiルータをレンタルする場合、別途機器利用料が月額550円(税込)

レオパレスで光回線を使用する場合のよくある質問

レオパレスで光回線を使用するにあたって、よくある質問をご紹介します。

WiMAXを利用できるのか、光回線を導入できないときの対処法などについて見ていきましょう。

レオパレスでWiMAXを利用することはできますか?

レオパレスでWiMAXを利用することはできます。

WiMAXを利用する場合は、あらかじめUQWiMAXから自分が住んでいるレオパレスにWiMAXの電波が届くかどうかを確認しましょう。

レオパレスで光回線の導入が難しい物件の場合の対応方法はありますか?

レオパレスで光回線の導入が難しいときは、モバイル型Wi-Fiやホームルーターを利用するのがおすすめです。

モバイル型Wi-Fiは、月額費用は光回線とほとんど変わりません。通信速度は光回線と比較すると若干遅いですが、SNSや動画を見たりインターネットで検索をする場合には十分の速さでしょう。

モバイル型Wi-Fiは工事が不要で、契約すればすぐに利用を開始できます。工事について管理会社や大家さんから許可を得る必要もありません。

さらに、光回線は自宅の中でしか利用できませんが、モバイル型Wi-Fiは端末を持ち運べるため、屋外などでもインターネットを利用できます。Wi-Fi業者によりますが、最低利用期間が決められていないことも魅力です。

外でWi-Fiを利用しない方は、ホームルーターがおすすめです。ホームルーターはコンセントに挿すとインターネットに接続でき、工事が不要です。

また、同時に接続できる台数はモバイル型Wi-Fiよりも多いため、同居人がいる方にも適しています。外でインターネットを利用する予定がない方は、複数台を同時接続できるホームルーターを検討しましょう。

まとめ

レオパレスで利用できるレオネットは、ほかの光回線と比較すると料金が安いものの、速度が遅く安定していないことがデメリットです。通信速度を重視する方は、高速で安定した光回線を利用しましょう。

光回線はスマートフォンとのセット割で安くなるほか、キャッシュバックや工事費無料といったキャンペーンをおこなっている業者がほとんどです。料金を抑えたい方は、各業者をよく比較してみましょう。

また、お住まいのレオパレスがサービスの提供エリア内かどうかや、住む予定の年数が最低利用期間よりも長いかどうかも重要です。

レオパレスで光回線を導入する場合、管理会社や大家さんに確認し、規約に則って工事をおこなう必要があります。

規約を確認して許可を得たうえで、光回線に乗り換えることを検討してみると良いでしょう。

※本記事の情報は2022年8月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
ドコモ光
auひかり
ソフトバンク光

GGとくとくBB光

ビッグローブ光


目次
閉じる