MENU

メッシュWi-Fiとは?特徴やメリット・デメリット・人気おすすめ5選を紹介!

最近、注目を集めているメッシュWi-Fi。しかし、Wi-Fiにはさまざまな仕組みがあるため、どのようなWi-Fiのことをい

うのか分からない方も多いと思います。また、これまでのWi-Fi中継機とは何が違うのか、気になるのではないでしょうか。

メッシュWi-Fiは、一戸建てのような部屋数が多い住宅でも、安定した通信速度を保てる通信方法です。メインルーターを中心に、複数のサテライトルーターを置くことで家中に電波を行き渡らせます。

この記事では、Wi-Fiの特徴やメリット・デメリット、おすすめのWi-Fiルーターを紹介します。最後まで読んで、自宅の環境に合ったWi-Fiを見つけてみてください。

おすすめの光回線

  • スマートフォンとのセット割引で料金が格安に
  • 最安の光回線は使用する携帯キャリアにより異なる
  • 格安SIM利用者でもお得に使える光回線あり!

【携帯キャリア別】最安で使えるおすすめの光回線

スクロールできます
ドコモ光au光ソフトバンク光NURO光ocn光eo光ビッグローブ光コミュふぁsooネットピカリ
スマホセット割docomo au SoftBank
Y!mobile
nuroモバイルOCNモバイルONEau
mineo
UQ mobile
UQ mobileau
UQ mobile
au
UQ mobile
au
UQ mobile
通信速度
月額料金マンション:5,720円
戸建て:4,400円
マンション:4,180円
戸建て:5,610円
マンション:4,180円
戸建て:5,720円
マンション:5,200円
戸建て:5,200円
マンション:3,520円
戸建て:4,758円
マンション:3,326円〜
戸建て:3,280円〜
マンション:4,103円
戸建て:5,203円
マンション:3,380円〜
戸建て:3,980円〜
マンション:4,928円
戸建て:6,138円
マンション:3,740円
戸建:4,950円
詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細

おすすめの光回線

ドコモ光

ドコモ光のおすすめポイント

  • 新規工事費0円
  • 20,000円のキャッシュバックあり
  • ドコモユーザーならセット割でお得
  • dポイントが貯まる・使える
  • オプションサービスも豊富

\新規工事費無料!初期費用をお得に!/

目次

メッシュWi-Fiとは?

電波が届きにくい箇所に専用のルーターを設置し、家中の通信環境を一定にする仕組みのことをいいます。設置されたサテライトルーター(子機)とメインルーター(親機)は相互接続されており、スマートフォンやパソコンには同じ回線として認識されます。通信スポットが増えるので、家中に電波が広がるということです。

網目にネットワーク機器がつながる通信形態

従来の通信形態といえば、使用頻度の高い部屋にメインルーターを一つ設置して使用するのが一般的でした。

メッシュWi-Fiは、メインルーターの他に中継機となるサテライトルーターを分散して設置します。サテライトルーター自体がメインルーターと同じように電波を発するので、メインルーターから遠いところや壁があるところでも、スムーズにネット接続できるようになりました。

さらに、別の部屋でWi-Fiを使う場合は、わざわざ設定し直さなくても近くの中継機に自動で接続してくれます。このように、家中のルーターがつながる通信形態が、メッシュWi-Fiの特徴です。

従来のWi-Fi(無線LAN)の弱点を解消

従来のWi-Fiは、電波の障害となる壁があったり、Wi-Fiから離れた部屋に移ったりすると電波が届かなくなる場合がありました。たとえば、一戸建てでリビングにルーターがある家庭では、二階の電波が弱く、動画が途中で止まってしまうというようなことです。

また最近では、スマートフォンやPC以外にもWi-Fiを使用する端末が増えていますが、データ量が多いとひとつのWi-Fiでは対応しきれず、安定した通信速度を保てないことがあります。このように、これまでのWi-Fiで弱点とされていた問題を新しい仕組みを使うことで解消できるようになりました。

\新規工事費無料!初期費用をお得に!/

メッシュWi-Fiはこんな方におすすめ

「離れた場所でも快適にインターネットを楽しめるWi-Fiの仕組み」だということがわかりましたが、この仕組みを利用するのは、どのような方に向いているのでしょうか。家の環境によっても向き不向きがありますので、次のポイントを参考にしてください。

一戸建てに住んでいる方

メッシュWi-Fiの仕組みを一番に活用できるのは、一戸建てに住んでいる方です。従来のWi-Fiでは、メインルーターが置かれている部屋から遠ざかると接続が切れてしまう、通信が遅れてしまうなどの問題がありました。

一方、メッシュWi-Fiは、障害がある場所にサテライトルーターを設置することで、電波が届きにくいところでも快適に通信できます。一戸建てのような複数の部屋がある家に住んでいる方におすすめです。

家族など複数人でWi-Fiを共有している方

メッシュの仕組みを利用すれば、大容量通信が可能です。シェアハウスや家族などの大人数でWi-Fiを使いたい人に最適です。接続可能台数が多いものでは100台もの端末を同時につなげる機種も存在します。メインルーターとサテライトルーターは同じ回線を使用するので、家の中で場所を変えてもつなぎ直す必要もありません。

また、たくさんの機種を接続しても通信速度が安定しているという特徴があります。これまで、接続台数を気にしていた方や同時接続で低速に悩んでいた方に向いています。

メッシュWi-FiとWi-Fi中継器の違い

従来のWi-Fiでも、通信速度が安定しない場所に中継機を設置して、通信環境を整えることができました。では、メッシュWi-Fiとはどのような違いがあるのでしょうか。

それぞれの違いを次の表でまとめています。

スクロールできます
メッシュWi-FiWi-Fi中継機
同じところメインルーターの電波を広い範囲に届けるメインルーターの電波を広い範囲に届ける
違うところ・メインルーターとサテライトルーターが同じネットワークを利用
・メインルーターとサテライトルーターで負担を分散する
・自動で接続される
・メインルーターとサテライトルーターが別々のネットワークを利用
・メインルーターに負担が集中する
・手動で接続が必要

Wi-Fi中継機はそのものが電波を発しているわけではありません。メインルーターの電波を広範囲に広げることを目的としています。そのため、アクセスが多い場合はメインルーターに負担がかかるというデメリットがあります。

一方、メッシュWi-Fiはメインルーターとサテライトルーターのネットワークが同一です。メインルーターとサテライトルーターで通信負担を分け合えるので、通信速度が安定してるのが特徴となります。また、Wi-Fi中継機は利用するルーターの変更を手動で行う必要がありましたが、メッシュWi-Fiは自動で切り替わります。

このように、「メインルーターの電波を広い範囲に届ける」という同一の目的がありますが、使い勝手が良くなったのがメッシュWi-Fiといえるでしょう。

\新規工事費無料!初期費用をお得に!/

メッシュWi-Fiのメリット

メッシュWi-Fiを自宅に取り入れると、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。3つのメリットを紹介します。

  • ひとつのネットワークでおうち全体をカバー
  • どこにいても安定したネット通信接続
  • Wi-Fiの設定・管理が簡単

ひとつのネットワークでおうち全体をカバー

一番のメリットは、ひとつのネットワークでおうち全体をカバーできることです。

メッシュWi-FiはWi-Fi中継機とは違い、サテライトルーターも同一のネットワークを使用します。サテライトルーター自体も電波を発しているのでメインルーターから離れた場合でも低速になることはありません。また、ネットワークをひとつにしているためメインルーターだけにかかっていた負担を分散することができます。

どこにいても安定したネット通信接続

従来のWi-Fiルーターでは、一戸建てのような複数部屋がある場合、電波がつながりにくい場所ができてしまうことがありました。ですが、メッシュWi-Fiではメインルーターとサテライトルーターがそれぞれ電波を発するので、家中どこにいてもネット通信が安定しています。

また、これまではメインルーターとサテライトルーターのネットワークが異なるため手動で接続する必要がありましたが、メッシュWi-Fiでは、ひとつのネットワークを使用しており自動接続が可能になります。同じWi-Fiをつないだままでいられるのは、大きなメリットです。

Wi-Fiの設定・管理が簡単

メインルーターとサテライトルーターで同じネットワークを使用するので、設定や管理も簡単にできます。ひとつのWi-Fiを設定してしまえば、部屋を移動しても自動で切り替わるので設定変更の必要がないのはメリットといえます。

また、この仕組みは会社などの広いフロアや、多数の端末で通信するときにも役立つでしょう。オフィスと会議室を移動するたびにWi-Fiを設定し直すのは面倒です。

メッシュWi-Fiであれば設定を変えずに管理ができスムーズに使えます。同時接続できる台数も多いので、仕事場でも利用しやすいでしょう。

\新規工事費無料!初期費用をお得に!/

メッシュWi-Fiのデメリット

安定した通信速度や同時接続台数が多いという魅力がある一方で、使ううえで知っておかなければいけないデメリットも存在します。

  • 複数のサテライトルーターが必要なため費用がかさむ
  • どうしてもルーター一台あたりの最大速度が低下する

複数のサテライトルーターが必要なため費用がかさむ

メインのルーターの他に複数のサテライトルーターを用意するので、費用がかさんでしまうというデメリットがあります。

メインルーターとサテライトルーターがセットになって販売されているタイプもありますが、家中に設置する場合は追加購入が必要です。メインルーターは20,000円〜70,000円程度、サテライトルーターは1台8,000円〜10,000円前後かかり、数を増やすほど費用がかさみます。サテライトルーターとメインルーターは同じメーカーで揃える必要があるため、サテライトルーターだけ安いものを購入するということもできません。

どうしてもルーター一台あたりの最大速度が遅くなる

それぞれのサテライトルーターでも、メインルーターと同じような通信速度を保つためには、通信の処理能力を分散させなければいけませんが、メッシュWi-Fiでは並行処理が必要です。そのため、どうしても一台あたりの最大速度が低下してしまいます。

動画視聴やネットサーフィンなどで使える程度の通信速度は問題なく保たれるので、そこまで気にする必要はないでしょう。

メッシュWi-Fiの選び方

メッシュWi-Fiといっても、最近ではさまざまな種類が登場しています。こちらでは、これからメッシュWi-Fiを導入しようと考えている方のために機種の選び方のポイントを解説します。

まずは、次の4つのポイントに注目して選んでみてください。

  • 最新規格Wi-Fi 6対応モデルを選ぶ
  • IPv6対応のメッシュWi-Fiを選ぶ
  • 使用する範囲・住宅の間取り
  • 接続台数が多い方は「トライバンド」対応モデルがおすすめ

最新規格Wi-Fi 6対応モデルを選ぶ

名称規格
第6世代Wi-Fi 6
第5世代Wi-Fi 5、11ac
第4世代Wi-Fi 4、11n

Wi-Fi 6とは、インターネットを接続するWi-Fiの最新規格です。

Wi-Fi規格の第6世代という意味があり、第5世代ではWi-Fi 5や11ac、第4世代ではWi-Fi4、11nなどと呼ばれています。Wi-Fi 5では最大通信速度が6.9Gbpsしか出せませんでしたが、Wi-Fi 6は9.6Gbpsまで上がっており、これまでのWi-Fi規格と比べて通信速度が速くなりました。

Wi-Fi 5の規格でも使用することはできますが、これからルーターを購入する方は最新機種のWi-Fi 6がおすすめです。通信速度はWi-Fi 5の1.4倍なので、4Kなどの高画質映像やオンラインゲームなどがストレスなく楽しめます。

IPv6対応のメッシュWi-Fiを選ぶ

IPv6とは、インターネットの通信規格の名前で「アイピーブイ6」や「アイピーバージョン6」ともいわれます。通信規格の基準にIPv4という規格がありますが、IPv6はその最新バージョンです。

次の表のように、IPv4とIPv6では割り当てられるIPアドレスの数に差があります。

IPアドレス割り当てられる数
IPv4約43億個
IPv6約340澗個

このように、数の多いIPv6を使用することで回線の混雑に影響が出にくくなります。メッシュWi-Fiを選ぶときは、IPv6対応のものがおすすめです。

使用する範囲・住宅の間取り

メッシュWi-Fiを購入する前に、Wi-Fiを使用する範囲や住宅の間取りを確認しておきます。通信速度が安定することが魅力のメッシュWi-Fiですが、設置台数を増やせば増やすだけコストがかかります。

まずは、自身の家のアクセスポイントを把握し、必要最低限のルーターを購入するようにしてください。

接続台数が多い方は「トライバンド」対応モデルがおすすめ

従来の無線LAN規格「デュアルバンド」は2.4GHzと5.0GHzの2つの帯域を使用しており、接続台数が多すぎると通信速度が遅くなる問題がありました。

しかし、新しく誕生した「トライバンド」は、2.4GHzと5.0GHzにさらにもう一つの5.0GHzが加わることによって、電波干渉や混雑が起きにくく、オンラインゲームやWeb会議でも問題なく通信できます。そのため、データ消費量の多いサービスを利用する方や、Wi-Fiの接続台数が多い方は「トライバンド」対応モデルがおすすめです。

\新規工事費無料!初期費用をお得に!/

【人気】おすすめのメッシュWi-Fiランキング5選

メッシュWi-Fiを利用したことがない方へ向けて、おすすめのメッシュWi-Fiを5つ紹介します。

  • バッファロー「AirStation connect」WTR-M2133HS/E2S
  • NETGEAR「Orbi WiFi 6」
  • バッファロー「AirStation connect」WRM-D2133HS/W1S
  • Google「Google Nest Wifi」
  • TP-LinkDeco X60

上記のメッシュWi-Fiの料金、Wi-Fi規格、通信速度、IPv6対応、同時接続可能台数の項目で比較しています。ぜひ参考にしてください。

1位:バッファロー「AirStation connect」WTR-M2133HS/E2S

スクロールできます
項目内容
機種名バッファロー「AirStation connect」WTR-M2133HS/E2S
料金約26,000円
Wi-Fi規格Wi-Fi 5
最大通信速度最大1000Mbps×3
IPv6対応対応
同時接続可能台数15〜20台
※料金は全て税込表示です。

バッファローの「AirStation connect」WTR-M2133HS/E2Sは、メインルーターにアンテナが搭載され、サテライトルーターが2台付属しています。

トライバンドにも対応し、4K動画やオンラインゲームのような大容量の通信もスムーズに行えます。サテライトルーターは8,000円前後で追加購入もできるので、住宅環境に合わせて台数を増やせます。専用のアプリを使用すれば、サテライトルーターを設置すべき場所を教えてくれるのも大きなポイントです。また、メインルーターとサテライトルーターはすでに設定されているので購入後はすぐに接続できます。

2位:NETGEAR「Orbi WiFi 6」AX6000

スクロールできます
項目内容
機種名NETGEAR「Orbi WiFi 6」AX6000
料金約80,000円
Wi-Fi規格Wi-Fi 6
最大通信速度2400Mbps+2400Mbps+1200Mbps
計6000Mbps
IPv6対応対応
同時接続可能台数96台
※料金は全て税込表示です。

価格は70,000円前後とメッシュWi-Fiの中でも高額ですが、有線LANポートは2.5Gbps・IPv6でトライバンドにも対応しています。同時接続しても安定した速度を保つスペックの高い機種です。

通信負担が大きいオンラインゲームやオンライン授業・セミナーなどを多く利用する方におすすめです。また、同時接続台数は96台可能ですのでオフィスでの利用にも向いています。

初期設定は専用アプリの「NTGEAR Orbi」から簡単にセットアップできるので、ネットWi-Fiに慣れない方でも安心して利用できるでしょう。大人数で大容量通信をする方に向いている機種です。

3位:バッファロー「AirStation connect」WRM-D2133HS/W1S

スクロールできます
項目内容
機種名バッファロー「AirStation connect」WRM-D2133HS/W1S
料金約15,000円
Wi-Fi規格Wi-Fi5
最大通信速度1733+400Mbps
IPv6対応対応
同時接続可能台数15〜20台
※料金は全て税込表示です。

WRM-D2133HS/W1Sには、通信速度を安定させる4つの機能が備わっています。複数の端末を繋いでも最適化される「ハンドステアリング」や4K映像を視聴するための「4Kモード」、家電ノイズの干渉を察知する「干渉波自動回避機能」や通信が自動で切り替わる「シームレスローミング」などです。

また、リビングにも溶け込むようにすっきりとしたデザインに仕上げています。ルーターには4本のアンテナを取り付けているので、角度を変えても安定感のある通信が利用できます。

4位:Google「Google Nest Wifi」GA00822-JP

スクロールできます
項目内容
機種名Google「Google Nest Wifi」GA00822-JP
料金約3,2000円
Wi-Fi規格Wi-Fi5
最大通信速度866+300Mbps
IPv6対応対応
同時接続可能台数100台
※料金は全て税込表示です。

Googleから発売されているメッシュWi-Fiは、インテリアにも馴染む丸い本体が特徴的です。サテライトルーターがGoogleアシスタントの役割もしてくれるので、「OK Google」というだけでスマート家電の操作を行えます。自宅の家電がスマート家電に対応している方にはとくにおすすめの機種です。

最大通信速度は406Mbpsと他のメーカーと比較すると控えめですが、普段使いには問題なく利用できる速度です。また、ビームフォーミングやMU-MIMO機能を搭載し、通信が安定しているのも嬉しいポイントです。スマートフォンアプリと連動するので、初心者でも使いやすい機種となっています。

5位:TP-LinkDeco X60

スクロールできます
項目内容
機種名TP-LinkDeco X60
料金約26,000円
Wi-Fi規格Wi-Fi 6
最大通信速度2,402Mbps+574Mbps
IPv6対応対応
同時接続可能台数150台
※料金は全て税込表示です。

TP-LinkDeco X60はデュアルバンド対応のメッシュルーターです。高速・低遅延・大容量のWi-Fiで家の中どこでも高速通信が使えます。

Deco X60に搭載されたAIメッシュは、アルゴリズムを使用して常に学習し最適な状態を維持します。必要に応じて、自動的に接続先が切り替わるので移動中にWi-Fiが途切れることもありません。また、150台以上の端末を接続していても、通信速度を維持できます。スマートフォンやタブレット、ゲーム機など接続台数が多い方におすすめです。

メッシュWi-Fiに関するよくある質問

こちらでは、メッシュWi-Fiに関するよくある質問をまとめています。

メインルーターとサテライトルーターは違うメーカーのもので使用できますか?

メッシュWi-Fiは、メインルーターとサテライトルーターを同じメーカーで統一する必要があります。違うメーカーのものは使用できないので注意してください。

複数のルーターを購入するとその分費用がかさむので、どのメーカーにするかよく考えて購入してください。

メッシュWi-Fiは一人暮らしにもおすすめですか?

メッシュWi-Fiは、一軒家や4部屋以上の空間で使用することを目的とされているため、一人暮らしにはあまり向きません。

一人暮らしの方が住んでいる家は、2LDK以下の場合が多く無線LANルーターで十分な広さとなります。電波が弱い場所がある場合は、小さめの中継機を設置するか、ポケットWi-Fiの契約を考えてみてください。

コンクリート壁などの環境下でもメッシュWi-Fiは通常どおり機能しますか?

メッシュWi-Fiは、コンクリートやレンガで作られた壁でも問題なく使用できます。ただし、通常の壁よりも接続が悪くなる可能性もあるため、サテライトルーターを多めに用意しておいた方がいいでしょう。

\新規工事費無料!初期費用をお得に!/

まとめ

この記事では、メッシュWi-Fiの特徴や利用するうえでのメリット・デメリットを解説し、おすすめのメッシュWi-Fiを紹介しました。

メッシュWi-Fiは、家中に無線LANを張りめぐらせ、メインルーターから離れた場所でも快適にインターネットを楽しめる通信方法です。

「どこにいても安定したネット通信ができる」「ひとつのネットワークで家中をカバーできる」というメリットがある一方で、「サテライトルーターを複数買うとコストがかかる」「一台あたりの通信速度が遅くなる」というデメリットが存在します。

一人暮らしにはあまり向いていませんが、家族など複数人でWi-Fiを共有する方には最適の仕組みです。記事で紹介したように、さまざまなWi-Fiルーターが発売されていますので、価格や速度、通信範囲などを比較しながら自身に合ったルーターを探してみてください。

※2022年1月時点の情報です。

※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。

※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
バッファロー「AirStation connect」WTR-M2133HS/E2S
NETGEAR「Orbi WiFi 6」AX6000
バッファロー「AirStation connect」WRM-D2133HS/W1S

目次
閉じる