MENU

引っ越し先で光回線を利用する方法とは?継続手続きや解約手続きの流れも解説

引っ越しの際に気になるのが、日常生活には欠かせない光回線の手続きです。

引っ越し先で光回線を利用するにはどうすればいいの?
手続きはどのような手順でおこなうのか?
このような悩みがある方も多いのではないでしょうか。

引っ越し先で光回線を利用する場合は、継続利用するか他社への乗り換えになるでしょう。どの方法が適切なのかによって手続きの手順が異なるため、事前に確認が必要です。

本記事では、引っ越し先で光回線を利用する方法を中心に、次のポイントで解説します。

  • 光回線を引っ越し先で利用する方法
  • 引っ越し時の光回線の移転手続きの流れ
  • 光回線の解約手続きの流れ
  • 引っ越しするときの光回線の移転や解約手続きの注意点
  • フレッツ光、光コラボが手軽に乗り換えられる理由
  • 工事費実質無料でお得な光回線

手続きの流れから注意点まで解説します。これから引っ越しを予定している方も手続きなどを確認することで、スムーズに契約変更や解約などを進められるでしょう。

また、工事費実質無料で契約できる光回線を3社ご紹介しています。乗り換えを検討している方は参考にしてみてください。

目次

光回線を引っ越し先で利用する3つの方法

光回線を引っ越し先で利用するには、次の3つの方法があります。

  • 契約中の光回線を移転
  • 1度解約して引っ越し先で再契約
  • キャンペーンを利用して他社へ乗り換える

現状の契約方法や期間により、どの方法が最適な選択なのかが異なります。それぞれの特徴を確認して、どの方法が適切なのか参考にしてみましょう。

契約中の光回線に移転手続きをする

引っ越し先で光回線を利用する一つ目の方法は、契約中の光回線で移転手続きをおこなう方法です。

この方法は、引っ越し先でも現在の光回線を継続して利用する事になるため、現在の光回線のサービス内容に満足している方におすすめできます。

しかし、引っ越し先でも継続利用する場合は、引っ越し先が提供エリア内でないと移転できません。

そのため、移転手続きをする前に、光回線の公式サイトで提供エリアを確認しておきましょう。万が一、引っ越し先が提供エリア外の場合は、一度解約し新たに光回線を契約する必要があります。

また、提供エリア内であっても物件によっては光回線が利用できない場合があるため、注意が必要です。

例えば、光回線の設備が整っていないマンションなどは、光回線自体の契約ができません。引っ越し予定の物件で光回線が利用できるか、管理会社に問い合わせて確認してみましょう。

一度解約して引っ越し先で再契約する

引っ越し先で光回線を利用する場合、現在契約している光回線を一度解約して、引っ越し先で再度契約する方法もあります。

こちらの方法は、光コラボレーション事業者から独自回線や電力系の光回線に乗り換える、またはその逆ケースも同様です。

引っ越し先でも継続して利用するのであれば先ほどご紹介した移転で済みます。

また、光コラボレーション事業者から他の光コラボレーション事業者へ乗り換えるのであれば、次章でご紹介する方法が最適です。

一度解約して引っ越し先で再契約する際は、解約のタイミングに注意してください。回線の撤去工事がある場合などは、引っ越しの前に手続きを完了させる必要があります。

引っ越し先ですぐにインターネットを利用したい場合は、早めに申し込みましょう。光回線は開通まで2週間〜1か月ほどかかるため、引っ越し日から逆算して早めに申し込むのがおすすめです。

キャンペーンを利用して他社に乗り換える

引っ越し先で光回線を利用する際は、キャンペーンを利用して他社に乗り換える方法もあります。

こちらの方法は、お得に乗り換えたい方におすすめです。乗り換え時は、次のようなキャンペーンが利用できます。

  • 工事費実質無料キャンペーン
  • 他社の解約違約金還元キャンペーン
  • 乗り換え限定のキャッシュバックキャンペーン

光回線によっては実施していない場合もありますが、多くの光回線で上記のようなキャンペーンを実施しています。

とくに、他社の解約違約金還元キャンペーンを実施している光回線がおすすめです。

契約期間の縛りがある光回線を短期間で解約する場合は、高額な解約違約金が発生するケースがあります。そこで、他社の解約違約金還元キャンペーンを利用すると、実質無料で解約可能です。

解約違約金や回線撤去費用が高額で乗り換えられないという方も、解約違約金還元キャンペーンを利用することで、手軽に乗り換えられるのではないでしょうか。

【継続したい場合】引っ越し時の光回線の移転手続きの流れ

現在利用している光回線を引っ越し先でも継続利用したい方は、次の手順で移転手続きを進めてください。

  1. 契約している光回線、プロバイダを確認
  2. 契約している光回線、プロバイダに移転の連絡
  3. 引っ越し先で利用できるか確認
  4. 引っ越し先の開通工事

順番に解説します。

1:契約している光回線、プロバイダを確認

まずは、契約している光回線とプロバイダを再度確認しましょう。

引っ越し先でも継続して利用する場合は、光回線やプロバイダに連絡する必要があるためです。

とくにプロバイダはどの会社と契約しているか忘れやすいため、契約した際のメールや書類などを確認してみてください。

2:契約している光回線、プロバイダに移転の連絡

現在契約している光回線やプロバイダを確認した後は、移転の連絡をしましょう。

移転連絡の際は、現在契約している光回線のサポートセンターに連絡します。公式サイトなどでサポートセンターの電話番号を確認し、連絡してみましょう。

回線とプロバイダが一体型の光回線を契約している場合は、光回線のみに連絡すればよいですが、別々で契約している場合は両方に連絡する必要があります。

また、連絡するタイミングにも注意が必要です。移転の連絡は、引っ越しの1〜2か月前を目安に完了させましょう。

引っ越し直前に連絡した場合、希望する回線撤去工事日に工事をできない場合が多いです。とくに引っ越し繁忙期は工事の予定が埋まりやすいため、できるだけ早めに連絡しましょう。

3:引っ越し先で利用できるか確認

次に、引っ越し先で現在利用している光回線が利用できるか確認してみてください。確認するポイントは次の2つです。

  • 提供エリア
  • 引っ越し先の回線設備

まずは、引っ越し先が提供エリアであるか確認をしてください。提供エリアは、現在契約している光回線の公式サイトから確認できます。

万が一引っ越し先が提供エリア外である場合は、移転できません。他の光回線を検討する必要があります。

また、引っ越し先の回線設備が整っているのかも重要です。例えば、マンションの共用部分に回線設備が整っていない場合は、移転できない可能性があります。

引っ越し先の回線設備に関しては、管理会社に問い合わせてみてください。

4:引っ越し先の開通工事

移転の連絡が完了した後は、引っ越し先の開通工事をおこないます。

開通工事当日は立会いが必要なため、予定が空いている日を申請してください。開通工事自体は1時間ほどで終了します。

開通工事完了後はすぐに光回線を利用できます。スマートフォンやパソコンなどの端末を接続し、不具合が起こっていないかの確認をしましょう。

【解約したい場合】光回線の解約手続きの流れ

現在契約している光回線を解約したい場合は、次の手順で解約しましょう。

  1. 契約している光回線、プロバイダを確認
  2. 契約している光回線、プロバイダに解約の連絡
  3. 撤去工事、レンタル機器の返却

順番に解説します。

1:契約している光回線、プロバイダを確認

引っ越し先で現在契約している光回線を継続して利用しない場合は、光回線やプロバイダに解約を申し出る必要があります。

そのため、現在契約している光回線やプロバイダを確認してください。

2:契約している光回線、プロバイダに解約の連絡

契約している光回線やプロバイダが確認できたら、解約の連絡をしましょう。

解約方法は契約している光回線によってさまざまですが、基本的に次の方法で解約できます。

  • 電話
  • Webの解約フォーム

電話で解約する際は、公式サイトに記載されている解約窓口の電話番号を参考にしてください。受付時間が決まっている場合が多いため、時間内に連絡しましょう。

Webから解約する際は、24時間受け付けています。お好きなタイミングで解約の連絡を入れてください。

移転手続きと同様に、回線の撤去工事のスケジュールなどがあるため、解約の連絡はできるだけ早めにおこないましょう。おすすめは引っ越しの1〜2か月前です。

3:撤去工事、レンタル機器の返却

解約を申請したら、最後に回線撤去工事を実施します。工事には立会いが必要なため、工事当日は予定を空けておきましょう。

Wi-Fiルーターなどの機器をレンタルしている場合は、解約後に返却する必要があります。契約している光回線によって返却期日が決まっているため、公式サイトなどを参考にして返却してください。

返却期日に遅れたり返却できなかったりすると、損害金が発生します。光回線によっては高額な費用を請求される場合があるため、注意が必要です。

引っ越しするときの光回線の移転や解約手続きの注意点

引っ越しで光回線の移転や解約をする際は、いくつか注意するポイントがあります。

把握していないと手続きがスムーズに進まないこともあるため、事前に確認しておきましょう。

移転手続きの注意点

移転手続きの際の注意点は、次の4つです。

  • 工事費の残債を請求される可能性
  • 引っ越し先が提供エリアかを確認
  • フレッツ光で東日本から西日本へ引っ越す場合は解約が必要
  • 開通工事費の発生

一つずつ解説します。

工事費の残債を支払わなければならない場合もある

現在利用している光回線を引っ越し先でも継続して利用する場合、移転手続きをおこなう必要があります。

移転と聞くと、解約違約金などが発生しないイメージを持つ方も多いですが、工事費の残債を一括で支払わなければならない場合もあるため注意してください。

例えば、工事費実質無料キャンペーンなどで契約すると、分割した工事費を毎月割引する価格設定になっていることが多くあります。

その場合、工事費分の割引が完了する前に解約すると、解約時に工事費の残債が請求されてしまいます。契約期間が短いほど、工事費の残債は高額です。

工事費の残債請求について不安な方は、現在契約している光回線の工事費に関する情報を確認してみてください。

引っ越し先が提供エリアかを確認

光回線を移転する際は、引っ越し先の提供エリアか確認しましょう。

引っ越し先が、現在契約している光回線の提供エリア外である場合は、移転できません。

移転できない場合は、引っ越し先が提供エリア内である光回線を探す必要があります。引っ越し準備などが忙しい時期に光回線を選ぶのはとても大変です。引っ越しを検討している時点で、期日に余裕をもって確認するようにしましょう。

フレッツ光で東日本から西日本へ引っ越す場合は解約が必要

現在、フレッツ光を契約している方は、東日本から西日本または西日本から東日本へ引っ越す場合、一旦解約する必要があります。

フレッツ光は名称は同じですが、東日本と西日本で提供している会社が別になります。エリアをまたぐ場合は一旦解約し、引っ越し先での再契約が必要です。

東日本のフレッツ光を解約せずに西日本で契約してしまうと、二重に料金を支払うことになります。

現在フレッツ光を契約している方や、引っ越しを検討している方は注意してください。

開通工事費がかかる場合がある

光回線を移転する際は、開通工事費がかかる場合があります。同じ光回線を利用するからといって、工事費がかからないわけではありません。

一例として、複数の光回線の移転時にかかる開通工事費をご紹介すると、次のとおりです。

光回線開通工事費
ドコモ光【同じエリア】
戸建て:9,900円
マンション:8,250円
【別のエリア】
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
auひかり戸建て:41,250円
マンション:33,000円
ソフトバンク光派遣工事あり(既設設備なし・光コンセントなし):26,400円
派遣工事あり(既設設備あり・光コンセントあり):10,560円
※キャンペーン適用で無料(2018年1月10日〜)
So-net光プラス【同じエリア】
9,900円
【別のエリア】
26,400円
NURO光44,000円
※キャンペーン適用で無料
※料金は全て税込表示です。

表のとおり、新規で契約する場合と同じくらいの費用が発生します。

しかし、ソフトバンク光やNURO光のようにキャンペーンの適用で無料になる場合もあるため、契約している光回線の移転工事費を確認してみましょう。

解約手続きの注意点

解約手続きの際は、次の注意点に気をつけてください。

  • 解約違約金が発生する可能性
  • メールアドレスが利用不可になる可能性
  • 退去前に撤去工事が必要になる可能性

一つずつ解説します。

解約違約金が発生するかもしれない

光回線を解約する場合は、解約違約金が発生する可能性があります。

契約している光回線や契約している期間などによっては、高額な解約違約金を請求される場合もあるため、注意が必要です。

一例として、いくつかの光回線の解約違約金をご紹介します。

光回線解約違約金
ドコモ光戸建て:5,500円
マンション:4,180円
auひかり戸建て:4,460円〜
マンション:2,290円〜
NURO光2年契約:3,740円
3年契約:3,850円
ビッグローブ光戸建て:4,230円
マンション:3,360円
コミュファ光戸建て:1か月分の月額料金
マンション:1か月分の月額料金
※料金は全て税込表示です。

表のとおり、5,000円前後に解約違約金が設定されている光回線が多いです。ご自身が契約している光回線の解約違約金を確認してみましょう。

メールアドレスが使えなくなる

光回線では、メールアドレスを発行してくれる場合があります。しかし、光回線を解約するとそのメールアドレスは利用できなくなるため注意してください。

現在契約している光回線が発行したメールアドレスを利用している場合は、フリーアドレスなどに変更してから解約するようにしましょう。

フリーアドレスは、次のようなサービスで発行が可能です。

  • Gmail
  • Yahoo!メール
  • Outlook
  • iCloud Mail

退去前に撤去工事が必要な場合もある

物件を退去する際に、回線の撤去費用が発生する場合があります。

物件を退去する際は原状回復が基本のため、光回線を開通した場合は、基本的に退去時に撤去する必要があります。

しかし、大家さんや管理会社によっては回線の撤去工事が不要な場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

また、光回線にも確認が必要です。大家さんや管理会社が不要とはいえ、光回線によっては撤去工事が必須な場合もあるためです。

一例として、いくつかの光回線の撤去費用をお伝えします。

光回線撤去費用
auひかり戸建て:31,680円
マンション:31,680円
コミュファ光戸建て:13,200円
マンション:13,200円
BBIQ戸建て:11,000円
マンション:11,000円
NURO光戸建て:11,000円
マンション:11,000円
eo光戸建て:11,000円
マンション:11,000円
※料金は全て税込表示です。

上記のとおり、10,000円前後が相場です。

解約違約金が発生する場合はさらに高くなるため、解約される際は、ご自身が契約中の光回線は撤去工事が必要なのかを確認してみましょう。

フレッツ光、光コラボなら乗り換えが簡単!

現在、フレッツ光や光コラボレーション事業者を契約している場合は、乗り換えが簡単です。

光コラボレーション事業者はフレッツ光から回線を借りて運営しているため、乗り換え時に回線工事をする必要がありません。

2022年現在、光コラボレーション事業者の数は600社を越えています。主な回線を次の表でお伝えします。

光回線サービス名
光コラボレーション事業者・ドコモ光
・ソフトバンク光
・ビッグローブ光
・楽天ひかり
・So-net光プラス
・@nifty
・OCN光
・IIJmioひかり
・@TCOMひかり
・DTI光
独自回線・auひかり
・NURO光
電力会社系の光回線・コミュファ光
・ピカラ光
・BBIQ
・eo光
・メガエッグ光

光コラボレーション事業者と一緒に、独自回線や電力会社系の光回線もご紹介しました。

独自回線や電力会社系の光回線を契約すると、フレッツ光でいう転用や事業者変更ができないため、乗り換えが面倒です。

そのため、手軽に乗り換えたい方は、フレッツ光や表に記載している光コラボレーション事業者を契約してみてください。

工事費実質無料でお得な光回線3選

光回線を契約する際にネックとなるのが、開通工事費です。

高いと数万円かかる場合もあるため、できるだけ工事費を抑えたい方も多いでしょう。

契約時の工事費が心配な方は、工事費が実質無料になる光回線を契約しましょう。

ここでご紹介する3社は全て工事費実質無料のため、気になる回線があるか確認してみてください。

ドコモ光

スクロールできます
ドコモ光詳細
契約年数なし〜2年
月額料金【戸建て】
《2年定期契約の場合》
・1ギガ タイプA:5,720円
・1ギガ タイプB:5,940円
・1ギガ 単独タイプ:5,500円
・ドコモ光ミニ:2,970〜6,270円
《契約期間なしの場合》
・1ギガ タイプA:7,370円
・1ギガ タイプB:7,590円
・1ギガ 単独タイプ:7,150円
・ドコモ光ミニ:4,620〜7,920円
【マンション】
《2年定期契約の場合》
・1ギガ タイプA:4,400円
・1ギガ タイプB:4,620円
・1ギガ 単独タイプ:4,180円
《契約期間なしの場合》
・1ギガ タイプA:5,500円
・1ギガ タイプB:5,720円
・1ギガ 単独タイプ:5,280円
工事費最大19,800円(実質無料)
事務手数料3,300円
スマートフォンとのセット割ドコモ光セット割:毎月最大1,100円の割引
キャッシュバックキャンペーンなし
※料金は全て税込表示です。

ドコモ光は、次の条件を満たすと工事費が無料になります。

  • 新規で申し込み
  • 7か月以内に利用開始

上記のとおり、条件は緩く、新規で申し込む多くの方が、工事費実質無料で工事できます。

ドコモ光の最大の特徴は、ドコモのスマートフォンとのセット割が適用できる点です。毎月最大1,100円(税込)の割引が受けられるため、ドコモユーザーの方には特におすすめです。

最大20回線まで割引対象のため、家族でドコモ光を利用している方や離れて暮らす家族がドコモユーザーの場合は、割引き額が高額になります。

ドコモユーザーの方は、ぜひ契約を検討してみてください。

auひかり

スクロールできます
auひかり詳細
契約年数なし〜3年
月額料金【戸建て】
・標準プラン:6,930円
・ギガ得プラン:5,720円
・ずっとギガ得プラン
1年目:5,610円/2年目:5,500円/3年目以降:5,390円
【マンション】
・タイプV:4,180円
・タイプG
お得プラン:4,730円/標準プラン:5,940円
・都市機構:4,180円
・都市機構G
お得プラン:4,730円/標準プラン:5,940円
・タイプE:3,740円
・タイプF:4,290円
・ギガ:4,455円
・ミニギガ:5,500円
工事費最大41,250円(実質無料)
事務手数料3,300円
スマートフォンとのセット割auスマートバリュー:毎月最大1,100円の割引
キャッシュバックキャンペーンなし
※料金は全て税込表示です。

auひかりは、次の条件を満たすと工事費が実質無料になります。

  • ネットと電話を同時に申し込む
  • 34か月継続利用(2年契約の場合は22か月)

auひかりネットと電話を同時に申し込むと、工事費が無料になります。電話が不要な方は損すると考える方も多いですが、34か月間電話料金の550円(税込)が割引適用されるので、実質無料です。

しかし、34か月継続利用しないと、工事費の割引が完了しないため注意してください。

auひかりはauスマートフォンとのセット割が適用できます。auユーザーは毎月最大1,100円(税込)の割引が受けられるため、おすすめです。

また、通信速度にも特徴があります。auひかりは独自回線のため、光コラボレーション事業者よりも通信速度が速いです。

オンラインゲームや大容量のファイルを頻繁にダウンロードするような場合も快適に通信できるため、速度にこだわりがある方は検討してみてください。

NURO光

スクロールできます
NURO光詳細
契約年数なし〜3年
月額料金【戸建て】
・G2Tプラン(3年契約):5,200円
・G2Dプラン(2年契約):5,700円
・G2Nプラン(契約期間なし):6,100円
・20Gs:8,517円
・10G:5,700〜8,300円
【マンション】
・G2Tプラン(3年契約):5,200円
・G2Dプラン(2年契約):5,700円
・G2Nプラン(契約期間なし):6,100円
・M2Tプラン:2,090〜2,750円
・M2Dプラン:2,530〜3,190円
・20Gs:8,517円
・10G:5,700〜8,300円
工事費44,000円(実質無料)
事務手数料3,300円
スマートフォンとのセット割おうち割 光セット:毎月最大1,100円割引
キャッシュバックキャンペーン25,000〜45,000円
※料金は全て税込表示です。

NURO光は、契約期間中継続利用すれば工事費が無料になります。

NURO光の工事費は、毎月割引が適用されるため、最終的に実質無料になります。

そのため、工事費を実質無料にするには、契約期間中は継続利用する必要があります。2〜3年の契約期間があるため、長期的に継続利用できる方のみ契約を検討しましょう。

NURO光の特徴は次のとおりです。

  • ソフトバンクとのセット割
  • 通信速度の速さ

NURO光は、ソフトバンクのスマートフォンと契約するとセット割が適用できます。

毎月最大1,100円(税込)の割引が適用できるため、ソフトバンクユーザーの方は他のキャリアの方よりもお得に利用が可能です。

また、利用者からは通信速度の速さが高く評価されています。NURO光もauと同じく独自回線のため、高速通信が可能です。

さらに、NURO光には最大通信速度20Gbpsと10Gbpsのプランが提供されています。できるだけ速い速度で通信したい方も満足できるでしょう。

ソフトバンクユーザーや高速通信したい方などは、契約を検討してみてください。

引っ越しするときの光回線に関するよくある質問

ここでは、引っ越し時の光回線に関するよくある質問を解説します。

開通するまでのモバイルWi-Fiのレンタルや、引っ越しの連絡をするタイミングなどについて解説してますので、気になる方は確認してみてください。

戸建てからマンションの場合は料金も変更になりますか?

戸建てとマンションは料金が異なるため、変更になります。

引っ越し中はモバイルWi-Fiをレンタルできますか?

契約する光回線で異なります。

オプションで有料レンタルや無料で貸し出している光回線があるため、サポートセンターに問い合わせてみてください。

引っ越し先が決まったらいつまでに連絡したほうがよいですか?

引っ越しの1〜2か月前までに連絡するのがおすすめです。

一般的な光回線は開通まで1か月ほどかかるため、引っ越し直近に連絡するのはおすすめできません。

まとめ

今回は、引っ越し先で光回線を利用する方法や手続きの手順、おすすめの光回線などをご紹介しました。引っ越し先で光回線を利用する際は、次の3つの方法から選びましょう。

  • 契約中の光回線を移転
  • 一度解約して引っ越し先で再契約
  • キャンペーンを利用して他社へ乗り換える

現在契約している光回線を継続利用する場合は、移転しましょう。移転の申し出をすれば継続利用できます。

引っ越し先でのみ提供されている光回線を契約したり、別の光回線に乗り換えたりする場合は、現在の光回線を解約して再契約しましょう。

別の光回線を契約する場合は、工事費実質無料の光回線を契約するのがおすすめです。数万円する工事費が無料で契約できるため、余計な費用をかけずに乗り換えられます。

記事内でご紹介したドコモ光、auひかり、NURO光は、工事費実質無料で契約でき、セット割で安く利用できる光回線です。

ご自身に最適な回線を選んでみてください。

※本記事の情報は2022年8月時点のものです。
※本記事は公開、修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
ドコモ光
auひかり
NURO光

So-net光プラス

BIGLOBE光

コミュファ光

BBIQ光

目次
閉じる