MENU

光回線(インターネット)がつながらない原因とその対処方法を解説!

光回線を利用していると、スマートフォンやパソコンがインターネットにつながらない、急激に速度が遅くなったが原因がわからず対処できないなど、インターネット接続のトラブルを経験したことがある方も多いでしょう。

リモートワークでパソコンを使用している方や、スマートフォンでサイトや動画を視聴しているときは、できるだけ早く原因を特定し解決したいものです。

そこで、今回は光回線がつながらない原因や対処法をご紹介します。

カスタマーセンターに問い合わせをすることなく、トラブルを解消できることもあるため、原因と対処法を参考にしてください。

目次

光回線がつながらない主な原因

光回線がつながらない場合、原因によって適した対処法や解決方法は異なります。

原因ごとの具体的な対処法をご紹介します。

通信障害やメンテナンスによる影響

光回線の事業者は定期的にメンテナンスを実施しているため、メンテナンス中はインターネットに接続できません。

基本的に、メンテナンスの日程は公式サイトで案内しています。

しかし、災害で基地局の設備に不具合が起こり、通信障害が発生することも少なくありません。

ネットワーク機器の不具合

光回線につながらないときは、ネットワーク機器にトラブルが起こっている可能性があります。

例えば、ONUやWi-Fiルーターが壊れていると光回線を利用できません。

ONUは、光回線から送信される光信号をインターネットに接続するためのデジタル信号に変換する機械です。ONUは、光回線の事業者からレンタルすることが一般的です。

Wi-Fiルーターは、いくつもの端末をインターネットに接続する機器です。有線ケーブルの接続口がついており、無線LANを使用していくつかの端末をWi-Fiにつなげる機能があります。

ONUやWi-Fiルーターのほかにも、ネットワーク機器の接続不具合や接触不良が原因で光回線につながらないことがあります。

端末の不具合

光回線を利用できない原因としては、端末にトラブルや不具合が起こっている可能性もあります。

例えば、スマートフォンやパソコン、タブレットなどの端末自体が故障していると、光回線は利用できません。

また、端末を起動している最中にフリーズしたりクラッシュしたりすると、一時的にインターネットに接続できなくなったりします。

さらに、端末にインストールされているセキュリティ対策ソフトが光通信の回線を遮断してしまうこともあります。

フリーズは、使用しているパソコンやソフトウェアが停止して動かない状態を指します。フリーズしているのみであれば、システムそのものを終了させて再起動すれば改善する可能性もあります。

クラッシュは、使用しているソフトウェアが突然終了する、スマートフォンやパソコンのストレージが壊れて記録している内容が消えてしまった状態です。

それぞれの端末に、どのような不具合が起こっているのかを確認することが大切です。

回線の混雑や通信環境

光回線の種類によっては、利用している時間帯が原因でインターネットの通信速度が大幅に遅くなることがあります。

同じ回線で、インターネットに接続する利用者が集中することが原因です。とくに、ランチタイムや夜の時間帯に回線の混雑が起こりやすいでしょう。

ただし光回線が一切利用できなくなるわけではなく、時間が経つと接続できるようになります。

しかし、高品質な動画の視聴や大容量のファイルのダウンロードなどは実行できないこともあります。

【原因別】光回線がつながらない場合の対処と解決方法

光回線につながらない場合、原因によって適した対処法や解決方法は異なります。

光回線につながらない原因ごとの具体的な対処法をご紹介します。

考えられる原因に合わせて実践してみましょう。

通信障害やメンテナンスによる影響の場合

光回線がインターネットにつながらない理由として、予定されていた光回線の工事やサービスのメンテナンスの日時と、自分が光回線を利用したい時間が重なっていることが挙げられます。

光回線の業者やプロバイダの公式サイトでは、回線のメンテナンスや工事のスケジュール、障害や故障発生の状況など、通信障害に関する情報も公表しています。そのため、通信障害が起こっている地域や、時間帯を確認することが大切です。

しかし、通信障害や故障は突然起こるため、公式サイトに情報が掲載されるのに時間がかかることもあるので頭に入れておきましょう。

光回線の業者やプロバイダの公式サイトを確認し、メンテナンス中や通信障害に関する情報が掲載されているのであれば、待つほかありません。通信障害もメンテナンスも、状況が改善されればインターネットが使用可能になります。

ほかにも、マンションやアパートで光回線を利用している方は、同じ建物内で光回線の通信量が増えると一時的にインターネットにつながりにくくなることがあります。基本的には休日や夜の時間帯は通信速度が遅くなることが多いです。

通信障害やメンテナンス、回線が混雑する時間帯に利用したことが原因で光回線につながらないときには、自分で対処する必要はありません。

ネットワーク機器、不具合の場合

光回線につなぐためには、さまざまな機器を接続する必要があります。

ネットワーク機器に不具合が起こっていると、通信障害やメンテナンス中でない場合でも、光回線につながりません。

ネットワーク機器の不具合が疑われる場合の対処法は、主に3つあります。

LANケーブルとルーターの接続を確認する

インターネットは、スマートフォンやパソコンの電源を入れていれば利用できるというわけではなく、LANケーブルやWi-Fiルーター、モデムなどの機器を接続する必要があります。

LANケーブルやWi-Fiルーター、モデムが問題なく作動していれば、光回線にもつながります。
光回線につながらない場合には、LANケーブルとWi-Fiルーターが正しく接続されているかを確認しましょう。

何かに引っかかったり、もともとしっかり接続されていなかったりといった理由でケーブルが抜けている可能性があります。

また、LANケーブルがしっかり挿さっていない、Wi-Fiルーターやモデムの電源が入っていない、といったケースも多いため、確認するようにしましょう。

Wi-Fiルーターのステータスランプを確認する

光回線業者やプロバイダと接続できていれば、Wi-Fiルーターにランプが点灯します。

ランプが点灯していなかったり、点滅していたりする場合は、自宅とプロバイダ間の接続信号が途切れている可能性があります。

一時的に不具合が起こっているときは、パソコンやスマートフォンを再起動することで元に戻ります。

しかし、再起動しても元に戻らない場合は、加入している光回線業者やプロバイダに問い合わせをしましょう。

また、光回線のランプにはPPPとACT(LINK)があります。PPPが消灯している場合は初期設定が正常におこなわれていない、もしくは一時的に不具合が起こりプロバイダと接続できていない可能性があります。

モデムを再起動しても改善されないときには、プロバイダに問い合わせをしましょう。

設定も問題なくおこなわれており、料金を支払っているのであれば、モデムもしくは回線に不具合が起こっている可能性が高いです。

なお、IPv6接続などの場合、業者によってはランプがついていなくても正常に作動しているケースもあります。

ACT(LINK)が消灯している場合は、LANケーブルが正しく接続できていないことがあります。

接続を確認し、再起動しても改善しないときには、プロバイダに相談しましょう。

Wi-Fiルーターを再起動する

パソコンやスマートフォン、タブレットなど光回線につながらない機器の電源を切ってから、Wi-Fiルーターの電源を切りましょう。

Wi-Fiルーターをコンセントから抜いて、10秒程度経ったら再度コンセントに挿します。

端末の電源を入れて、光回線につながるかを確認しましょう。

端末の不具合の場合

光回線につなぎたい端末が故障している、何らかの理由で不具合が起こっている場合、インターネットを利用できません。

パソコンやスマートフォンの一時的な不具合なのか、インターネットに接続するための設定が誤っていないかなどを確認しましょう。

端末(パソコンやスマートフォン)を再起動する

光回線につながらないときは、端末のスマートフォンやパソコンに一時的に不具合が起こっていることがあります。

そのため、端末の電源を一度切ってから再度電源を入れましょう。

インターネット接続の設定、OSを確認する

端末を再起動しても光回線につながらないときには、インターネットの接続や、OSの設定、使用しているソフトウェアに不具合が起こっている可能性があります。

OSの設定は、ネットワーク接続を有効にしているかどうかを確認しましょう。ノートパソコンを使用している方は、キーボードに無線LANのオンとオフの切り替えボタンが付いていることが多いです。

また、ネットワークの状態を確認できるLEDがついている機種は、LEDランプがついているかどうかで確認が可能です。

ネットワーク接続を誤ってオフにしている可能性があるため、ランプを確認してみましょう。

Wi-Fiやインターネット接続の設定を確認する

インターネットに接続できない場合、スマートフォンやパソコンのWi-Fi機能がオフになっているという可能性があります。

自分が使用している端末のWi-Fi機能がオンになっているかチェックしましょう。

また、機内モードはインターネット接続のみをオンにして利用できますが、機種によっては、機内モードをオフにするとWi-Fiもオフになってしまうことがあります。

【スマートフォンの確認方法】
スマートフォンは、AndroidやiPhoneいずれも、設定アプリからWi-Fiのオンとオフを切り替えられます。

iPhoneは設定アプリを開かず、画面の右上から下にスライドすると表示される、コントロールセンターからも確認可能です。

Androidは、ホーム画面を上から下にスライドして、コントロールメニューから確認できる端末もあります。

【パソコンの確認方法】
パソコンは、スタートメニューの設定を開いてネットワークとインターネットを選びます。

左のメニューにWi-Fiの項目が表示されるため、設定を選択しましょう。

デスクトップ画面の右下にあるタスクトレイから、ネットワークアイコンを確認できます。

接続されていない場合には、アイコンをクリックしてインターネット接続をオンにしましょう。

IPアドレスの番号を調べる

スマートフォンやパソコンには、それぞれIPアドレスが割り当てられています。

Wi-FiルーターのDHCP(DynamicHostC on figurati on Protocol)サーバーと呼ばれる機能で、IPアドレスが自動で割り当てられます。

初期設定は、Wi-Fiルーターがすべての機械にIPアドレスを割り当てるように設定されていることが一般的です。

しかし、Wi-Fiルーターのセキュリティシステムの設定状況によって、一部の機器にしかIPアドレスを割り当てられないケースがあります。

例えば、アドレスフィルタリング機能が搭載されているWi-Fiルーターは、自分が利用している機器のみに接続させるといったこともできます。個別に設定をしている方は、設定内容を再度確認しましょう。

また、Wi-Fiルーターは、DHCPサーバーのほかに、いくつかの設定をおこないます。光回線を利用する際に必要となる契約書番号といった基本情報もWi-Fiルーターに保存されているため、設定項目を再確認することも大切です。

ブラウザから設定画面を開く方法が一般的ですが、Wi-Fiルーターの設定項目の確認や変更方法は製品ごとに異なります。
マニュアルや取扱説明書を見ながら、正しく設定しましょう。

回線の混雑や通信環境の場合

回線が混雑する時間帯は光回線につながらないことがあります。そのため、有線接続するほか、ネットワーク機器の場所を変更してみましょう。

回線の混雑や通信環境が原因で光回線につながらないときの、具体的な対処方法をご紹介します。

有線でつなぐ

無線では通信が不安定だったり、障害物によって電波が遮断されたりするケースがあります。

有線接続にすると、パソコンやスマートフォン、タブレットに直接ケーブルを接続するため、基本的には電波の不具合、障害物の影響を受けることがありません。

また、通信速度などの条件で、ケーブルはいくつかの種類に分けられており、通信速度が速いとされているのは40Gbpsです。

なお、導線が細いとノイズが起こることがあります。しかし、導線が原因で通信に影響を及ぼすことは少なく、ほかの問題がない限りは、光回線に接続できるでしょう。

電波が干渉されていないか確認する

家電製品の近くにWi-Fiルーターを設置していると、通信速度が急に遅くなったり光回線につながらなくなったりすることがあります。

使用環境を問わず光回線の電波障害が起こることはありますが、家電製品の近くにWi-Fiルーターがある場合は電波障害が原因だと考えてよいでしょう。

光回線につながらない場合は、Wi-Fiルーターと家電製品の距離を離して設置します。距離を離して設置できない場合には、家電の電源を切って電波が飛ばないようにすることで、光回線につながる可能性があります。

電波干渉の原因は、家電製品とWi-Fiルーターがそれぞれ2.4GHz帯の電波を利用している場合に起こります。

そのため、Wi-FIルーターが利用する周波数帯を2.4GHzから5GHzに変更することで混線を予防し、光回線に接続できるようにする方法も有効です。Wi-FiのSSIDを切り替えて、周波数帯を5GHzにしましょう。

ただし、Wi-Fiルーターによっては周波数帯を切り替えられません。電波干渉が原因だと考えられる場合は、2.4GHzと5GHzに対応しているWi-Fiルーターの購入を検討しましょう。

中継器を利用する

中継器を利用すれば、光回線がつながりにくい場所でも接続できる可能性があります。

中継器は、Wi-Fiルーターの電波を中継し、広範囲でインターネット通信を利用できるようにする機器です。

Wi-Fiルーター用中継器はLANポートが設置されており、有線接続をしたい場合にも利用できます。

なお、無線LAN規格によって中継器を導入した場合、通信速度が変わることが特徴です。そのため、Wi-Fiルーターの中継器を導入する際は対応している無線LAN規格も確認しなければなりません。

無線LAN規格は、次の5つです。

  1. IEEE802.11ac:最大通信速度6.9Gbps
  2. IEEE802.11n:最大通信速度600Mbps
  3. IEEE802.11g:最大通信速度54Mbps
  4. IEEE802.11a:最大通信速度54Mbps
  5. IEEE802.11b:最大通信速度11Mbps

通信速度を重視するのであれば、IEEE802.11ac対応のものをおすすめします。

webサイトを閲覧する、画質にこだわらず動画を視聴するといった場合は、IEEE802.11nでも良いでしょう。

光回線の接続問題が解決しない場合

光回線につながらない原因がわからず、対処方法を試してみても解決しないときには、接続方法やプロバイダ、プランの変更、料金を支払っているかなどを一つずつ確認しましょう。

接続方式をIPv6に変更する

接続方式のIPv6(Internet Protocol Version 6)とは、インターネットに接続する方式の一つです。従来のインターネット接続方式(IPv4)のあとに誕生した、最新の接続方式がIPv6です。

IPv6に変更するためには、ルーターとプロバイダ、利用するデバイスのOSのすべてがv6プラスと呼ばれるサービスで通信できるようにしなければなりません。

光回線事業者の契約書もしくはマイページから、契約した回線の種類をチェックします。IPv6に変更するためには、回線のほかプロバイダがv6プラスに対応していることが条件です。

契約した回線がフレッツ光ネクストであれば、以下でご紹介する方法でIPv6接続に切り替えられます。
(※光コラボレーションの場合は方法が異なることがあります。)

  1. 契約しているプロバイダでv6プラスのサービスへ加入する
  2. v6プラスサービスに対応しているルーターを用意する
  3. インターネットを利用するデバイスのOSでIPv6通信ができるように設定する

ルーターとプロバイダ、利用するデバイスのOSのすべてで設定が完了したら、IPv6通信に変更完了です。

なお、近年のOSは初期設定でIPv6通信を優先するようになっているため、設定しなくても良い場合があります。

プロバイダやプラン変更をする

光回線に一切つながらない、ほとんど利用できないほど通信速度が遅い場合は、契約している料金プランを変更したり、プロバイダや光回線の乗り換えを検討する必要があります。

混雑しやすい時間でも通信速度が変わらないといわれる、独自回線サービスを提供する光回線への乗り換えがおすすめです。

また、v6プラス対応のプロバイダに変更することで光回線につながりやすくなったり、通信速度が安定したりする可能性があります。

料金の支払いを確認する

光回線やプロバイダの問題ではなく、通信料を支払っていないとインターネットの利用を止められることがあります。

クレジットカード払いや口座の自動引き落としで残高不足になっていたり、請求書払いで払い忘れていないか再度確認しましょう。

料金を滞納している場合はすぐに支払いをして、光回線に接続できるまで待つ必要があります。

光回線がつながらない場合によくある質問

光回線につながらないときの対処方法のなかで、疑問に感じやすいことをご紹介します。

よくある質問のうち、2つのポイントについてみていきましょう。

ルーターの再起動はどうすればよいですか?

ネットワークの接続に問題がないときは、ネットワーク機器の通信をリセットします。

Wi-Fiルーターの再起動の方法は次のとおりです。

  1. 電源スイッチがあるルーターであれば、電源をオフにする
  2. 電源アダプターを抜く
  3. 10秒程度待つ
  4. 再度電源アダプターを挿す
  5. 電源スイッチをオンにする
  6. ルーターが起動するまで待つ

以上の手順でルーターを再起動させます。

ルーターの故障が疑われる場合はどうしたらよいですか?

Wi-Fiルーターが故障している可能性があるときには、修理を依頼する方法が有効です。機種やメーカーによって異なりますが、基本的には公式サイトから修理の申し込みができます。

Wi-Fiルーターを購入してすぐに故障した場合は、メーカー保証を利用しましょう。メーカー保証を利用すれば、無料もしくは非常に安い料金で修理可能です。

保証の期間は平均1~3年ですが、保証期間内でも自然に壊れた場合のみ対象です。故意や過失によって故障した際は、保証の対象外になることが一般的なため注意しましょう。

メーカーの保証期間を過ぎていたり、水没や転倒、落下などによって故障したりといったケースでは、修理に出すのではなく買い替えがおすすめです。

修理を依頼するよりも買い替えたほうが、出費を抑えられる可能性が高いです。また、セキュリティや通信規格が最新のものを購入できることもメリットです。

まとめ

光回線を利用していると、スマートフォンやパソコンがインターネットにつながらないトラブルが起こることが多くあります。

光回線につながらないときには、原因を特定して原因に合わせて対処しましょう。大抵の場合、時間をかけずに原因を特定し、対処できます。

ネットワーク機器やパソコン、スマートフォンの端末が原因だと考えられるときには、ご紹介した手順を試してみてください。

また、メンテナンスや通信障害など、光回線業者やプロバイダが原因でインターネットに接続できないこともあります。通信障害やメンテナンスは、復旧や終了まで待つほかありません。

対処法を実践してもつながらない、利用できないほど通信速度が遅いときには、カスタマーセンターへ問い合わせをするか、他社への乗り換えを検討しましょう。

※本記事の情報は2022年8月時点のものです。
※本記事は公開、修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
フレッツ光ネクスト

目次
閉じる