MENU

楽天モバイルのポケットWi-Fiはデータ使用量無制限?口コミやメリット・デメリットを詳しく解説!

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、「3か月実質無料で使える」「端末代金が1円になる」など、安さが話題になっています。しかし、本当に契約や解約手数料がかからず無料で使えるのか、疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、キャンペーンを利用すれば3か月実質無料で利用でき、データ無制限で使用できることが魅力です。

そこで、楽天モバイルのポケットWi-Fiは実質無料で使えるのか、本当に無制限なのかなど料金システムや特徴、メリットとデメリットを紹介します。また、実際に使った方の口コミも紹介するので契約の際の参考にしましょう。

おすすめの光回線

  • スマートフォンとのセット割引で料金が格安に
  • 最安の光回線は使用する携帯キャリアにより異なる
  • 格安SIM利用者でもお得に使える光回線あり!

【携帯キャリア別】最安で使えるおすすめの光回線

スクロールできます
ドコモ光au光ソフトバンク光NURO光ocn光eo光ビッグローブ光コミュふぁsooネットピカリ
スマホセット割docomo au SoftBank
Y!mobile
nuroモバイルOCNモバイルONEau
mineo
UQ mobile
UQ mobileau
UQ mobile
au
UQ mobile
au
UQ mobile
通信速度
月額料金マンション:5,720円
戸建て:4,400円
マンション:4,180円
戸建て:5,610円
マンション:4,180円
戸建て:5,720円
マンション:5,200円
戸建て:5,200円
マンション:3,520円
戸建て:4,758円
マンション:3,326円〜
戸建て:3,280円〜
マンション:4,103円
戸建て:5,203円
マンション:3,380円〜
戸建て:3,980円〜
マンション:4,928円
戸建て:6,138円
マンション:3,740円
戸建:4,950円
詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細

おすすめの光回線

ドコモ光

ドコモ光のおすすめポイント

  • 新規工事費0円
  • 20,000円のキャッシュバックあり
  • ドコモユーザーならセット割でお得
  • dポイントが貯まる・使える
  • オプションサービスも豊富

\新規工事費無料!初期費用をお得に!/

目次

3か月実質無料?!楽天モバイルのポケットWi-Fi

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、端末代のみ無料で毎月の使用料がかかるのではと考える方も多いのではないでしょうか。

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、使用料も含め3か月間実質無料で使うことができます。楽天モバイルのポケットWi-Fiに申し込み、3か月のみ使った場合にかかる費用の例を見てみましょう。

スクロールできます
費用項目金額
端末代金実質0円
(キャンペーン適用)
事務契約手数料0円
毎月の利用料金0円(
最初の3か月間のみ)
データ利用料を超えた場合の追加料金0円
解約時の違約金0円
※料金はすべて税込です。

申し込みの際の端末代金手数料は0円で、初月から3か月間は利用料金がかからず無料で使えます。

楽天モバイルのポケットWi-Fiの特徴

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、プランが1つしかないことやお得なキャンペーンを利用できることが特徴です。
料金プランや、キャンペーン内容を詳しく紹介します。

「RakutenUN-LIMIT Ⅵ」のワンプラン

楽天モバイルのポケットWi-Fiの料金プランは、「RakutenUN-LIMIT Ⅵ」と呼ばれる種類のみです。楽天モバイルのスマートフォンの料金プランと同様に、ポケットWi-Fiもひとつしかプランがありません。

楽天モバイルのポケットWi-Fiの月額料金、サービス内容は次のとおりです。

スクロールできます
特徴詳細
プラン名            RakutenUN-LIMIT Ⅵ
月間データ容量データ無制限(楽天回線エリア)
月間5GB(au回線エリア)
支払方法クレジットカード
デビットカード
口座振替
楽天ポイント

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、楽天回線対応エリアでは通信量無制限で使えることが魅力です。

なお、楽天回線に対応していないエリアはauのLTE回線を使うことになり、1か月の通信量が5GB以上になると楽天モバイルのポケットWi-Fiの速度制限がかかります。

【月額利用料金】

・最初の3か月(1回線目まで) :0円
・~1GB(1回線目まで)    :0円
・~3GB           :1,078円(税込)
・~20GB           :2,178円(税込)
・20GB~           :3,278円(税込)

契約から3か月間はデータ使用量を問わず月額料金が無料なので、試しに契約してみるのも良いでしょう。さらに、3か月以降も1か月に1GBまでは無料のため、外で少しだけインターネットを使いたい場合には非常に安い料金で利用できます。

キャンペーンを適用すれば月額料金3か月が実質無料に!

キャンペーン期間内に、料金プラン「RakutenUN-LIMIT Ⅵ」に申し込みをすると、利用開始日から3か月間は料金が無料です。

キャンペーン対象期間は、利用開始日から3か月後の月末までとなり、4か月目の1日からは料金が発生します。


キャンペーンを利用できるのは1人1回のみ、初回申し込みの1回線目が対象です。過去に無料キャンペーンを利用していた方は、3か月無料キャンペーンを利用できないため注意が必要です。キャンペーン期間内に、料金プラン「RakutenUN-LIMIT Ⅵ」に申し込みをすると、利用開始日から3か月間は料金が無料です。

楽天モバイルのポケットWi-Fiは毎月使用したデータ量分のみの料金を支払う仕組みであり、楽天回線に対応しているエリア内では通信量を無制限で使えます。楽天回線エリア内ではどれだけインターネットを使っても速度制限がかからず、非常に快適にインターネットを活用できるでしょう。

楽天回線エリア内では無制限で通信量を使うことができ、どれほど使ったとしても月額料金は最大3,278円(税込)です。楽天回線エリアのみという条件があるものの、データ通信量が無制限で速度制限もなく使えることは、楽天モバイルのポケットWi-Fiの大きな魅力だといえます。

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、データ使用量が多い方はもちろん、データ通信量を使わない方でもお得に活用できるでしょう。データ使用量が1GB以下の場合は月額料金が0円のため、月によってデータ使用量が異なる場合でも非常におすすめです。

\光回線で最もお得な月額料金/

楽天モバイルのポケットWi-Fi「Rakuten WiFi Pocket 2B」の基本情報・スペック

楽天モバイルのポケットWi-Fi端末は、Rakuten WiFi Pocket 2Bです。Rakuten WiFi Pocket 2Bのスペックと、メリット、魅力を紹介します。

スクロールできます
端末名Rakuten WiFi Pocket 2B
下り最大速度        150Mbps
上り最大速度50Mbps
サイズ約63.8×約107.3×約15(mm)
重さ106g
連続通信時間約10時間
同時最大接続台数16台

Rakuten WiFi Pocket 2Bは、上り最大速度が50Mbpsです。上りの回線速度は、どのようなデータサイズのものを扱うかによって使い勝手が異なります。

たとえば、メール・チャットの送信やSNSのテキスト送信は1Mbps、SNSの写真投稿は3Mbps、動画投稿は10Mbpsが目安です。メールのやり取りであれば1Mbpsあれば快適だと感じられるでしょう。写真を送信する場合は若干データサイズが大きくなるものの、50Mbpsもあれば十分だといえます。

下り最大速度の回線は、メールやチャットの受信は1Mbps、インターネットサイトの閲覧も1Mbpsほど、高画質な動画を視聴する際には25Mbpsほどで快適だと感じられるでしょう。Rakuten WiFi Pocket 2Bは下り最大速度が150Mbpsのため、非常にスムーズにインターネットを使えることが分かります。

QRコードで簡単にネット接続が可能

一般的に、Wi-Fiのネットワーク接続をする際には、接続するネットワークを検索してパスワードを入力する必要があります。

Wi-Fiのパスワードはセキュリティ対策のために複雑にしているケースが多く、接続するのに時間がかかることがありますが、楽天モバイルのポケットWi-FiのRakuten WiFi Pocket 2BはQRコードで接続できます。

本体端末のQRコードを使ってスムーズに接続できるため、急いでいる時やパスワードを入力するのが手間だと感じている方にとってメリットが大きいでしょう。

最大で連続10時間の通信が可能

ポケットWi-Fiは、外で使う方が多いです。外で使う際には、連続して何時間通信が可能かどうかという点が重要だといえます。連続通信可能時間が短いと、外で使う際に不安を覚えることもしばしばです。

楽天モバイルのポケットWi-Fi「Rakuten WiFi Pocket 2B」は、最大連続10時間通信できます。10時間使えるため、1日中Rakuten WiFi Pocket 2Bを使って仕事をすることもできます。

最大で16台まで同時接続が可能だからシェアもできる!

楽天モバイルのポケットWi-Fiは料金が安いだけではなく、コンパクトで持ち運びしやすいうえに、最大16台まで同時接続することができます。

自身のスマートフォンやパソコンタブレットのほか、友人や知人、家族の端末も接続できます。複数の端末に同時接続をして仕事をする場合や、数人で同時に使用したい場合にも活用しやすいでしょう。

楽天モバイルのポケットWi-Fiの9つのメリット

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、他のポケットWi-Fiとは異なるメリットや魅力があります。料金プランやデータ通信など、ポケットWi-Fiを活用しやすいサービスを提供しています。

ここでは楽天モバイルのポケットWi-Fiの主なメリットをチェックしていきます。

1. 料金プランがひとつだからシンプルでわかりやすい

楽天モバイルのポケットWi-Fiを契約する際、いくつかのプランを比較して悩む必要はありません。楽天モバイルのポケットWi-Fiは、Rakuten UN LIMIT Ⅵプランのみです。

なお、楽天モバイルの新しいプラン「RakutenUN-LIMIT Ⅵ」と、従来のプランである「RakutenUN-LIMITⅤ」の異なる点は、月額料金が固定金額かどうかです。

従来のプランの「RakutenUN-LIMITⅤ」は、楽天回線エリア内ではデータ通信が使い放題で、月額料金3,278円(税込)でした。そのため、従来のプランでは1カ月のデータ使用量の大小にかかわらず、料金は同じだったのです。

しかし、新しいプランの「RakutenUN-LIMIT Ⅵ」では従来のプランから内容が変更され、データ使用料によって月額料金が変わります。データ使用量が1GB未満の場合は0円、3GBまでは1,078円(税込)、20GBまでは2,178円(税込)、20GB以上は3,278円(税込)です。

従来のプランと比べて、新しいプランの「RakutenUN-LIMIT Ⅵ」はデータを使用しなかった場合に料金を支払う必要がなく、使い方によっては月額の利用料金を大幅に節約できます。

2. 楽天回線エリアなら無制限でデータ通信ができる

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、楽天回線に対応しているエリアで使う場合、20GB超過後追加料金を払わずにデータ通信を使えます。毎月20GB以上通信量を使っても追加料金がかからず、楽天回線エリアではないau回線エリアでも1か月に5GBまでは無制限です。

通信料5GB以上になると通信速度が遅くなるものの、ポケットWi-Fiそのものが使えなくなるわけではありません。追加料金も請求されないため、安心して使えます。

3. コンパクトな端末だから持ち運びに便利

ポケットWi-Fiは、持ち運ぶことを前提として作られているため、デザインや重さも選ぶ際のポイントだといえます。

Rakuten WiFi Pocket 2Bは重さが約106gであり、非常に軽いことが特徴です。さらに、カラーやデザインもシンプルでスタイリッシュです。

4. 交換保証がついている

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、水没や破損、全損といった故障のほか、紛失や盗難といったトラブルが起こった際にも新品の同じ機種と交換できます。購入時の価格や機種を問わず、一律6,600円(税込)です。新しい機種を受け取った後、データを移せばすぐに使用できます。

12時までに交換の手続きをすれば、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の場合は最短当日に交換品が届き、他のエリアでは一部離島を除き翌日には届くためすぐにインターネットを利用することができます。

また、交換の手続きから4時間以内に配送してもらえるスピード配送オプションも利用できます。スピード配送オプションは受付時間が9時~17時、オプション料金は3,300円(税込)で対象エリアは東京都23区です。

なお、同じ機種の在庫がない場合は、楽天モバイルが指定している機種から選択して交換してもらえることが特徴です。

修理の受付は電話とインターネットどちらからでも可能であり、交換品を受け取る際には指定の宅配ロッカー、もしくはファミリーマート、ポプラ、デイリーヤマザキといったコンビニでも受け取れます。

5. 違約金がかからないからいつでも解約できる

楽天モバイルのポケットWi-Fiは契約期間が指定されていないため、いつでも違約金無しで解約できます。

3か月間無料で試したものの、自身の使い方には合わなかったため解約したいという場合でも、無料で解約できることが特徴です。3か月間は実質無料で使えるうえに、無料で解約できるため、「少し気になっている」という程度でも気軽に試せるでしょう。

6. キャンペーンで端末代金が1円に!

楽天モバイルのポケットWi-Fiの端末代は基本的に7,980円(税込)ですが、「Rakuten WiFi Pocket だれでも0円お試しキャンペーン」を利用すれば端末代金が1円になります。

他のサービスでは、事務手数料3,300円と初月分、1か月目の月額料金を請求されるケースが多いため、約7,000~10,000円ほどの料金を支払うほか、端末代が加算されると数万円の費用が掛かります。

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、契約の際にかかる事務手数料が無料、かつ端末代や初期費用と、他社と比較しても非常に安いことがメリットです。

7. 楽天ポイント5,000円分もらえる!

楽天モバイルのポケットWi-FiのRakutenUN-LIMIT Ⅵを契約すると、5,000円分の楽天ポイントが貰えます。楽天モバイルに初めて申し込む方が限定ですが、5,000円分のポイントが付くことによって端末費用が実質0円になることが魅力です。

ただし、楽天モバイルでスマートフォンを契約する場合、一定の条件をクリアしなければ楽天ポイントは付与されません。スマートフォンを契約した後、楽天の無料通話アプリを使う必要があります。

しかし、楽天モバイルのポケットWi-FiのRakuten WiFi Pocket 2Bを契約する場合、無料通話アプリを使う必要がないのです。利用開始の翌々月末を目安に、自動で5,000円分の楽天ポイントが貰えます。

楽天ポイントは楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスだけではなく、楽天ペイや楽天Edyなどのサービスを通して飲食店やドラッグストア、コンビニで使用できます。電子マネーを利用する機会が多い方、楽天のサービスを活用しようと考えている方にとってメリットが大きいでしょう。

8. 楽天ポイントが貯まる・使える!

楽天モバイルのポケットWi-Fiを使うと、支払い金額の税込110円につき1円分の楽天ポイントが付きます。

また、楽天モバイルも契約している場合は、楽天市場で買い物をした際のポイントが倍になることも特徴です。

楽天市場アプリ、楽天カード、楽天ひかりなども使うと、最大で16倍ものポイントがもらえるうえに、貯まったポイントは通信料の支払いにも利用できるため非常に便利です。

ポケットWi-Fi以外にも楽天が提供するサービスを利用している方、今後利用を検討されている方は、ポイントを活用できるため大きな節約効果を得られる可能性があるでしょう。

9. 実店舗でサポートを受けられる

楽天モバイルは実店舗があり、インターネットのカスタマーサポートだけではなく直接店員にサポートをしてもらえます。

他社のポケットWi-Fiはインターネットや電話のカスタマーサポートのみというケースが多く、スムーズに問題を解決できないこともあるでしょう。メールで問い合わせをしても、返信されるまでに数日かかることもあります。

しかし、楽天モバイルのポケットWi-Fiは、店舗の営業時間内であればどの店舗でも相談できるため、初めてポケットWi-Fiを使う方でも安心です。

\光回線で最もお得な月額料金/

楽天モバイルのポケットWi-Fiのデメリット・注意点

楽天モバイルのポケットWi-Fiには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。デメリットも理解したうえで契約を検討しましょう。

5Gに対応していない

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、4G回線のみ対応しており、5G回線の通信はできません。

楽天モバイルのポケットWi-Fiのプラン「RakutenUN-LIMIT Ⅵ」は5G通信が可能ですが、端末の機能を活かせないのです。しかし、5Gに対応していた場合でも、そもそも5Gのエリアが狭いため、不便だと感じることはないともいえます。

楽天回線エリア外では速度制限にかかることも

楽天モバイルのポケットWi-Fi端末Rakuten WiFi Pocket 2Bは、楽天回線エリア内のみでデータが使い放題になります。

楽天回線エリア外で通信量が5GB以上になると速度制限がかかる点がデメリットです。ビデオ通話や動画視聴をする際に画面がフリーズしたり、アップロードに時間がかかったりするためストレスを感じることがあるでしょう。

しかし、通信制限は楽天モバイルの回線エリア外のみであり、最大通信速度1Mbpsとはスマートフォンで一般的な128kbps制限のおよそ8倍です。そのため、インターネットサイトを見たり、一般的な動画の視聴は問題なく行えます。楽天回線エリア内での高速通信のようには使えませんが、使い物にならないということはありません。

2022年1月の段階で楽天回線エリアは一部エリアであり、全国で使い放題になるわけではありません。楽天モバイルが公表しているデータでは、楽天回線エリアの人口カバー率は94%でした。2022年の春頃には人口カバー率96%を見込んでおり、エリアが広がればRakuten WiFi Pocket 2Bがより活用しやすくなるでしょう。

データ通信量が1GB以内であれば月額料金は0円のため、エリアが広がることを想定して、端末の在庫が残っているうちに契約しておくのがおすすめです。

なお、パートナー回線エリアでデータを使い切った場合、1GB単位でデータを購入できます。 1GBあたり500円(税込)で高速インターネット通信の利用が可能です。

端末が在庫切れで新規契約の申し込みができないことも

楽天モバイルのポケットWi-Fiの端末が在庫切れになっており、新規契約できない可能性がある点に注意が必要です。

楽天モバイルのポケットWi-Fiは人気を集めており、在庫が無く、入荷予定もない時期がありました。在庫の有無はタイミングによって異なるため、契約を検討している場合には在庫があるかどうかを事前に確認しておくと安心でしょう。

速度が遅くなることがある

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、楽天回線に対応しているエリアの端のほうでは電波が弱く、速度が遅いことがあります。

楽天回線エリアは2021年の段階で人口カバー率が96%を目指していましたが、電波が弱いエリアもあります。また、人口カバー率が80%以下のエリアでは、室内ではパートナー回線に接続される確率が高いです。

なお、楽天回線のカバー率が80%以上のエリアは、パートナー回線の提供が終了しています。そのため、楽天回線エリア内でも、電波が弱いところや屋内は圏外になってしまう可能性があるでしょう。

しかし、通信に接続できなければ通信量が消化されないため、料金については気にする必要がないともいえます。

\光回線で最もお得な月額料金/

楽天モバイルのポケットWi-Fiに関する口コミ・評判

楽天モバイルのポケットWi-Fiを契約するにあたって、実際に利用している方はどのような感想を持ったのか気になるものです。

そこで、実際に楽天モバイルのポケットWi-Fiを契約し使った方の口コミを紹介します。

楽天モバイルのポケットWi-Fiに関する良い口コミ・評判

まずは、楽天モバイルのポケットWi-Fiの良い口コミ・評判から見ていきましょう。

無制限で使えることに関する良い口コミが目立ちます。楽天回線エリア内では、通信料を意識せず使えることは大きなメリットのひとつです。

なかには、利用料金を節約するためにデータ通信量をチェックしながら使っている方もいるようです。大容量のファイルをダウンロードしたり高画質の動画を視聴したりする方にとっては魅力的だといえるでしょう

楽天回線エリアは拡大しており、人口カバー率は90%を超えています。そのため、通信速度についての不満を抱くケースは少ないでしょう。

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、最短2日で届きます。インターネットから注文をすれば2日後にルーターが到着し、すぐにインターネットを使用できるでしょう。出張先や、引っ越した直後ですぐにインターネットを使いたい時など便利です。

楽天モバイルのポケットWi-Fiに関する悪い口コミ・評判

楽天モバイルのポケットWi-Fiは良い口コミが多いものの、なかにはサービスに満足できなかった方もいます。次に、悪い口コミ・評判をチェックしてみましょう。

楽天回線エリアに関する悪い口コミもありました。無制限で使える楽天回線エリアは、範囲が狭いという意見もあります。実際に、au回線(パートナー回線)と比較すると広くないものの、拡大しているため今後は改善される可能性が高いでしょう。

昼の時間帯はインターネットを使う方が多く、楽天モバイルだけではなく他の回線でも速度が遅くなります。通信速度が気になる場合は、時間をずらして使いましょう。

\光回線で最もお得な月額料金/

こんな方に楽天モバイルのポケットWi-Fiがおすすめ!

他社にもポケットWi-Fiはあるため、楽天モバイルのポケットWi-Fiを利用すべきか迷っている方もいるでしょう。そこで、楽天モバイルのポケットWi-Fiを活用できる方、おすすめできる方の特徴を紹介します。

使用する範囲が楽天エリア内の方

スマートフォンもWi-Fiも楽天モバイルにすれば、楽天サービスでポイントを貯めやすくなります。楽天モバイルで料金を支払う際に楽天ポイントが貯まり、タイミングによってはポイントが倍になることもあるため効率よくポイントを貯められるでしょう。

貯めたポイントは楽天市場での買い物に利用できて非常に便利です。ブラックフライデーで買い物したり、楽天モバイルに乗り換えることで貯めたりしたポイントを使えば、買い物代や楽天トラベルで旅行費用が無料になる可能性もあります。

スマートフォンやWi-Fiは毎月料金がかかるため、ポイントを貯められる楽天のサービスを頻繁に使う方はメリットが大きいです。

月によりデータ使用量が変わる方

楽天モバイルのポケットWi-Fiの料金プラン「RakutenUN-LIMIT Ⅵ」は、通常月額0円~3,278円(税込)ですが初回契約は3か月間無料です。データ使用は無制限で、通信量を問わず無料になります。

また、楽天モバイルを契約済みの場合でも、2回線目のデータ使用量が0~3GBであれば月額料金は1,078円(税込)、100GB以上は3,278円(税込)であり、データ使用量が多かったとしても料金を抑えられます。

月によってポケットWi-Fiを使う機会が多かったり少なかったりと異なる方、たまに外でポケットWi-Fiを使う程度の方など、毎月のデータ使用量が異なる方はお得です。

ポケットWi-Fiの使い勝手を確かめたい方

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2Bは、キャンペーンが適用されると実質無料で端末を手に入れることができるうえに、最初の3か月間は利用料も無料です。また、契約期間を問わず契約解除料も無料のため、最初の3か月で解約すれば料金は一切かかりません。

料金がかからないため、これまでポケットWi-Fiを利用した経験がなく、ポケットWi-Fiの使い勝手を確かめたい場合にも活用できます。さらに、短期間ポケットWi-Fiを使う必要がある、他のポケットWi-Fiと比較したいというときにもおすすめです。

楽天モバイルのポケットWi-Fiに関するよくある質問

楽天モバイルのポケットWi-Fiを契約するにあたって、支払い方法は選べるのか、どのように契約すればよいのかなど疑問を抱く方も多いでしょう。

ここでは楽天モバイルのポケットWi-Fiの契約に関するよくある質問を紹介します。

楽天モバイルのポケットWi-Fiの支払方法を教えてください。

クレジットカードとデビットカード

楽天モバイルのポケットWi-Fiの支払いには、楽天カードをはじめ、各種クレジットカードやデビットカードを使えます。

使っているクレジットカードによって分割払いの回数は異なるほか、デビットカードは楽天銀行デビットカードとスルガ銀行デビットカードのみ使うことができます。

楽天カードで支払うと、商品代金48回払いが可能になり分割手数料が無料です。また、110円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まることも魅力です。なお、一部の店舗では楽天カードを使っても分割手数料がかかる可能性があるため、店舗に確認しましょう。

また月額料金を支払う際には、銀行口座からの口座振替も利用できます。ただし、商品代金は口座振替で支払えないため、代金引換を利用しましょう。

楽天ポイント

毎月の支払いは、1ポイント1円で楽天ポイントを使えます。なお、オプションサービス料金やプラン料金などの支払いにも使えます。製品の分割払いは楽天ポイントが使えないため注意しましょう。

また、1回で使えるポイント数は1~3万ポイント、ダイヤモンド会員の方は50万ポイントまでです。1回に使うポイント数を設定すると、毎月自動で設定した金額分のポイントが支払いに充てられるため便利です。

楽天モバイルのポケットWi-Fiの申し込み方法を教えてください

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、店頭もしくは公式サイトで申し込みできます。

キャンペーンを活用する場合には、必ず公式サイトもしくは楽天モバイルショップで申し込みをしましょう。店舗もしくは公式サイト以外から申し込むと、端末代が実質1円になるキャンペーンや利用料無料のキャンペーンの対象外になる可能性があるため十分に注意が必要です。

楽天モバイルのショップは全国に実店舗があるうえに、申し込みだけではなく初期設定のサポートもしてもらえます。

インターネット上で契約や設定をするのが不安な場合は、実店舗で申し込みをしましょう。自宅や職場の近くに店舗があるかどうかは、公式サイトの店舗の検索から確認できます。

また、楽天モバイルのポケットWi-Fiの端末代金実質1円キャンペーンは、楽天モバイルの端末を購入するだけでは適用されません。端末代金を実質1円にするためには、楽天回線の「RakutenUN-LIMIT Ⅵ」で契約することが条件です。端末だけ、「RakutenUN-LIMITⅥ」だけなど、それぞれ単体で契約しないよう注意しましょう。

インターネットでの申し込み方法

インターネットで楽天モバイルのポケットWi-Fiを申し込む方法と、必要なものは下記のとおりです。

  1. 申し込みと支払いに必要な書類を準備する
  2. 公式サイトの申し込みページからRakuten WiFi Pocket 2BとRakutenUN-LIMIT VIを同時契約する
  3. 申し込みができたら端末が届くまで待つ

【必要書類】
・免許証やパスポートなどの本人確認書類
・楽天マイページにログインするためのユーザIDとパスワード
・クレジットカードもしくは銀行口座といった支払い情報
・他社から乗り換える際にはMNPの予約番号楽天会員IDやパスポート、MNP予約番号は契約者本人のものでなければ契約できません。

実店舗での申し込み方法

楽天モバイルの実店舗で申し込む場合、店舗まで足を運ぶ必要があります。実店舗で、楽天モバイルの申し込み手続きとRakuten WiFi Pocket 2Bを購入したい旨を伝えましょう。申し込みに必要なものは、インターネットで申し込みをする際と同じです。

楽天回線エリアはどこで確認できますか?

楽天回線エリアは、楽天モバイルの公式サイトから確認できます。

市区町村で検索することができ、楽天回線4GLTEエリア・楽天回線4GLTE拡大予定エリア・パートナー回線エリアの3種類のうち、検索したエリアがどれに該当するかをチェックできます。

どの回線に該当するのかや、現在・2022年2月末・2022年4月以降など細かく閲覧できるため、「現段階でエリア外でも4月以降はエリアに該当する」など、契約するタイミングを決められることもメリットです。

また、契約後、実際に接続している回線が楽天回線なのかパートナー回線なのかは、専用アプリを使って確認することができます。

最初にAppStoreもしくはGooglePlayから「my楽天モバイル」アプリをインストールします。次に、my楽天モバイルアプリを起動させれば、ホーム画面の上に接続中の回線が表示されます。

「パートナー回線エリア」とはauの回線に接続されている状態、「楽天回線エリア」と表示されていれば、楽天回線に接続している状態です。接続回線の最新情報を確認したいときには、ホーム画面の下で接続状況の更新ができますが、通信状況によって若干時間がかかることもあるでしょう。

まとめ

楽天モバイルのポケットWi-Fiは、3か月間実質無料で使えるほか、解約の際の違約金がかからないため、他社のポケットWi-Fiと比べると気軽に試せることが特徴です。3か月目以降に使い続ける場合でも、データ通信量が少ない方は月額料金が安いため、ポケットWi-Fiを使う頻度が少ない方にもおすすめです。

また、楽天回線エリア内はデータ無制限で使えることから、毎月のデータ通信量が多い方でも活用できます。初期費用無料ですぐに利用でき、使い勝手が悪い場合や、自身の使い方に合わない場合は気軽に解約することができます。

ポケットWi-Fiを探している方は、試しに楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2Bを利用してみましょう。

※2022年3月時点の情報です。

※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。

※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考サイト>
楽天モバイル公式サイト


目次
閉じる