MENU

国内でWi-Fiルーターをレンタルするならどこがおすすめ?レンタルするメリット・注意事項も解説

「国内でWi-Fiルーターをレンタルするなら、どこのサービスがおすすめなのだろう?」

「ポケットWi-Fiをレンタルするメリット・注意事項について、詳しく知りたい」

と多くの方が上記のような悩みを抱えていることでしょう。

自宅や会社でWi-FiルーターによるワイヤレスのインターネットWiFi接続環境を利用している方は多いと思います。また格安スマホを利用していたりキャリアの携帯電話で、外出先でも便利なWi-Fiルーターがあればいいなと考えている方もいるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、ポケットWi-Fiルーターのレンタルです。ポケットWiFiルーターは利用したい期間だけ借りられて料金もリーズナブルで注目を集めています。

こちらの記事では国内でWi-Fiルーターをレンタルするならどこのサービスがおすすめなのか、またポケットWi-Fiをレンタルするメリット・注意事項ついて徹底解説いたします。

’’コスパ・料金重視”のおすすめ光回線サービス

  • スマートフォンとのセット割引で料金が格安に
  • 最安の光回線は使用する携帯キャリアにより異なる
  • 格安SIM利用者でもお得に使える光回線あり!

【携帯キャリア別】最安で使えるおすすめの光回線

キャリアおすすめ光回線実質月額料金
docomoドコモ光
(キャンペーン窓口はこちら)
マンション:5,720円
戸建て:4,400円
auau光
(キャンペーン窓口はこちら)
マンション:4,180円
戸建て:5,610円
SoftBank
Y!mobile
ソフトバンク光
(キャンペーン窓口はこちら)
マンション:4,180円
戸建て:5,720円
楽天モバイル楽天光
(キャンペーン窓口はこちら)
マンション:4,424円
戸建て:5,586円
UQ mobileビッグローブ光
(キャンペーン窓口はこちら)
マンション:4,103円
戸建て:5,203円
OCNモバイルONEocn光
(キャンペーン窓口はこちら)
マンション:3,520円
戸建て:4,758円
その他格安SIMとくとく
(キャンペーン窓口はこちら)
マンション:3,773円
戸建て:4,818円
※料金は全て税込表示です。
※この情報は2022年4月時点のものです。
目次

ポケットWi-Fiルーターのレンタルとは?

ポケットWi-Fiルーターのレンタルについての概要は、次のとおりです。

  • そもそもポケットWi-Fiとは?
  • レンタルできる期間はプランや会社によってさまざま
  • ポケットWi-Fiのレンタルを利用する主な用途

一つずつ項目を詳しく具体的に解説いたします。

そもそもポケットWi-Fiとは?

ポケットWi-Fiルーターとは、簡単に説明するとポータブル(携帯可能)なWi-Fiルーターです。

つまり自宅や会社・外出先でもいつでもどこでも好きな時に好きな場所で、Wi-Fiによるインターネット接続ができます。

もともとの始まりはワイモバイル(ソフトバンクグループ)が2009年に国内初の正式発売となった「Pocket WiFi(D25HW)」に遡ります。このPocket WiFiは小型・携帯可能なWi-Fi(無線LAN)通信端末であり、この性質をもつ端末を本来は「モバイルWi-Fiルーター」と呼びます。

この10年でNTTドコモ(docomo)のWiMAX・KDDI(au)・ソフトバンク(Softbank)など、ほかの企業が取り扱うモバイルWi-Fiルーターをまとめて「ポケットWi-Fi」と呼ぶようになりました。

レンタルできる期間はプランや会社によってさまざま

ポケットWi-Fiルーターのレンタルできる期間は、プランや会社によってさまざまです。契約する料金プランにより、ポケットWi-Fiルーターのレンタルできる期間の日数が変わります。料金はレンタル期間で決まっており、2泊3日・30泊31日など定めがあります。

また、デイリープランやマンスリープランなど、あらかじめパック料金になっていることもあり、自分の利用したい期間に合わせて料金プランを決めることをおすすめいたします。企業によっては費用に事務手数料が掛かることもあります。

ポケットWi-Fiのレンタルを利用する主な用途

ポケットWi-Fiルーターのレンタルを利用する主な用途の種類は、次のとおりです。

  • 趣味・嗜好(国内旅行・キャンプ・遠出など)
  • 仕事(リモートワーク・テレワーク・出張先ビジネスホテルビルなど)
  • 引っ越し先でインターネット接続が開通するまで
  • 入院先の病院
  • 一時帰国や海外旅行
  • イベントやセミナー(ネットワーク混雑が予想される場所)

などが、ポケットWi-Fi(無線LAN)ルーターのレンタルを利用する主な用途としてあげられます。

まず「趣味・嗜好(国内旅行・キャンプ・遠出など)」ですが、主に外出先にフリーWi-Fi接続環境がない場合を想定して利用できます。特にキャンプやグランピングなどレジャー施設は、自然を楽しみつつインターネットも楽しみたい方におすすめです。

次に「仕事(出張など)」ですが、急な出張や営業など本社から出払っている時にフリーWi-Fi接続環境がない場合を想定して利用できます。わざわざカフェなどによらなくても手軽に利用できる点が特徴です。

「引っ越し先でインターネット接続が開通するまで」でについては、引っ越すことになってプロバイダやインターネット回線事業者からモデムやONU(光回線終端装置)を頼んだけれど工事や設置が終わっていない場合に利用するのもおすすめです。1週間など少しの期間ですがポケットWi-Fiでは、数日から借りることができるため適材適所といえます。

「入院先の病院」は、骨折や病気などで入院した際に病院など医療機関にフリーWi-Fiが無い場合があります。そのため入院中の暇つぶしにポケットWi-Fiを利用することができます。

「一時帰国や海外旅行」は、海外赴任や国際結婚をした際に一時的に実家に戻ることがあると思います。海外旅行も一時的な遊興となりますので、ポケットWi-Fiは大いにメリットを発揮します。海外では日本の携帯会社の通信回線が使えません。ポケットWi-Fiなら不自由なく旅行先でもネット環境を手に入れることができます。

最後に「イベントやセミナー」ですが、主催者でも参加者でも大勢が施設に集まることになります。その時にフリーWi-Fiがないことがありますので、こちらもポケットWi-Fiを利用することができます。特にセミナーの主催者であれば発表前に、ほかの企業のリサーチや自社のクラウド上のデータを確認するためインターネットを利用する機会があると思いますのでポケットWiFiの利用をおすすめします。

ポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスの選び方・ポイント

ポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスの選び方・ポイントは、次のとおりです。

  • 料金から選ぶ
  • レンタル期間から選ぶ
  • 対応エリアから選ぶ
  • 使用できるWi-Fiルーターの機種から選ぶ
  • プラン内容から選ぶ(大容量プラン・無制限プランなど)

一つずつ項目を詳しく具体的に解説いたします。

料金から選ぶ

ポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスの選び方・ポイントの種類の一つに、「料金から選ぶ」方法があげられます。ポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスは、契約プランによって料金が変わります。

契約プランは希望した期間から選べる縛りなしプランや、1ヵ月や1年単位のパックで借りられる縛りありプランがあります。そのため自分がどのくらいの期間に、ポケットWi-Fiルーターを利用するのか事前に調べてから選ぶことをおすすめいたします。

レンタル期間から選ぶ

前述した通り、ポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスは、契約プランによってレンタルできる日数が変わります。そのためスケジュールを確認して、1日ほど余裕を持たせたレンタル期間で選ぶことをおすすめいたします。

対応エリアから選ぶ

各レンタルサービスが取り扱っているポケットWi-Fiルーターにはそれぞれ対応するエリア回線があります。格安SIM・格安スマホと同様に、インターネット回線は大手キャリア(NTTドコモ・au by KDDI・ソフトバンク)など4G LTEや5G回線から間借りしてサービスを提供しています。

そのためご自身が保有しているスマホやタブレットを契約しているキャリアまたはMVNOのブランドが提供している、対応エリアから選ぶことをおすすめいたします。

使用できるWi-Fiルーターの機種から選ぶ

各レンタルサービスが取り扱っているポケットWi-Fiルーターには、大手キャリアの出荷製品(機種本体)をレンタル端末として提供しています。

そのため、こちらもご自身が保有しているスマホやタブレットを契約しているキャリアまたはMVNOのブランドが提供しているポケットWi-Fiルーターを選ぶことをおすすめいたします。

プラン内容から選ぶ(大容量プラン・無制限プランなど)

各レンタルサービスが取り扱っているポケットWi-Fiルーターの契約プランには、それぞれ無制限プランや大容量プランなどの契約内容があります。無制限プランであれば、インターネット接続によるデータ通信量が使い放題となっています。

無制限プランの場合は、際限なくギガ数を利用できるため外出先でも動画や音楽などデータ通信を多く利用する方におすすめといえます。

また大容量プランでは、5GB・10GB・20GB・30GB・40GB・50GB・100GB・200GBなどインターネット接続によるデータ通信量が有限となっています。大容量プランの場合は、決められたギガ数を超えると通信制限が掛かるため計画的にポケットWi-Fiルーターを使いたい方におすすめといえます。

ポケットWi-Fiルーターをレンタルで利用する5つのメリット

ポケットWi-Fiルーターをレンタルで利用するメリットは、次のとおりです。

  • 工事など一切不要ですぐに使い始めることができる
  • 必要な期間のみポケットWi-Fiを利用できる
  • 解約費用がかからない
  • 返却も簡単に行える
  • 海外旅行でも使える

一つずつ項目を詳しく具体的に解説いたします。

工事など一切不要ですぐに使い始めることができる

ポケットWi-Fiルーターをレンタルで利用するメリットの一つに、「工事など一切不要ですぐに使い始めることができる」特徴があげられます。

通常のインターネット接続環境は、モデムやONUをインターネットにつなげるために電信柱からケーブルを引っ張り穴を空ける工事をします。最初から工事が終わっていて繋げるだけなら問題はありませんが、最初から工事を始めるとそれなりに費用や工数がかかります。

ですが、ポケットWi-Fiルーターをレンタルすると、すでにインターネット接続環境の設定が終わっている状態で送られてくるため簡単に接続することができます。接続の仕方は通常のWi-Fiルーターと同様に、記載されたSSIDを端末側で選択しパスワード(暗号化キー)を入力するのみで利用可能です。

必要な期間のみポケットWi-Fiを利用できる

ポケットWi-Fiの最大のメリットともいえることが、必要な期間のみ利用できる点です。通常はインターネット接続環境を契約すると、毎月決められたの金額(プロバイダ料やインターネット接続料金と電気代)を支払わなければいけません。

しかし、ポケットWi-Fiルーターをレンタルすると、決められた期間分のレンタル料と契約手数料と送料で完結します。それ以降は追加料金を一切支払うことはなく、経済的にコストパフォーマンスが良いと言えます。

解約費用がかからない

ポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスの契約プランには、解約費用がかからないところがあります。そのため日割り計算なら日割り計算分・パック料金ならパック料金分の実の支払いで終わります。

ただし縛りありプランに契約していると解約費用がかかる可能性があるため、事前にチェックすることをおすすめいたします。

返却も簡単に行える

各レンタルサービスが取り扱っているポケットWi-Fiルーターの返却方法は、次のとおりです。

  • 店舗返却
  • 空港返却(空港カウンター)
  • 宅配返却(宅急便・郵便レターパック)
  • ポスト返却

などが各レンタルサービスが取り扱っているポケットWi-Fiルーターの返却方法としてあげられます。

まず「店舗返却」ですが、ポケットWi-Fiルーター貸出時と同様に同じ店舗に返却する方法です。最寄りに店舗がある場合は、買い物など出先のついでに店頭まで足を運んで返却することができます。

次に「空港返却(空港カウンター)」ですが、空港内のカウンターでポケットWi-Fiルーターを返却する方法です。一時帰国や海外旅行の帰りのついでに、返却することができます。

「宅配返却(宅急便・郵便レターパック)」は、ポケットWi-Fiルーターを集荷している宅配会社に依頼して返却する方法です。ヤマト運輸・佐川急便など配送会社にて返却をすることができます。自宅から出ることなく返却を行うことができるため、忙しい方には大変おすすめです。

最後に「ポスト返却」ですが、一番簡単なポケットWi-Fiルーターを返却する方法です。ポストはお住まいの地域に多くあり、また誰とも対面することなく返却することができます。

海外旅行でも使える

海外旅行先でインターネット接続を利用したくても、スマホ・タブレット・PCでは行えないことがあります。しかし、海外エリアに対応したポケットWi-Fiルーターを一つだけ持っていけば、日本国内外のどこでもインターネット接続環境を利用することができます。

旅先では言葉の壁や国際的なルールなど何かと不安や問題がつきものなので、インターネットでナビゲーション案内など調べものをしながら対処できるメリットがあります。

ポケットWi-Fiルーターをレンタルで利用するデメリット・注意点

ポケットWi-Fiルーターをレンタルで利用するデメリット・注意点は、次のとおりです。

  • 端末を破損・紛失した際には追加料金が取られる
  • レンタルする日数によっては料金が割高になることもある
  • 郵送で受け取り・返却(発送)を行う場合、送料を自己負担する可能性がある

一つずつ項目具体的に解説いたします。

端末を破損・紛失した際には追加料金が取られる

ポケットWi-Fiルーターをレンタルで利用するデメリット・注意点の種類の一つに、「端末を破損・紛失した際には追加料金が取られる」という点があげられます。

各レンタルサービスからポケットWi-Fiルーターを借り、端末を破損・紛失すると追加料金が取られる可能性があります。これはポケットWi-Fiルーターだけに限ったことではなく、人から何かを借りたらきちんと返さないといけないのは当たり前のことです。

そのため借りる前と同等の状態にできていないのであれば、弁償代など追加料金を支払うのは当然の義務と考えられます。

もしも端末の破損や紛失した際の追加料金を取られたくないのであれば大切に扱うことはもちろんですが、「安心サポート」のオプションサービスに加入することをおすすめいたします。

「安心サポート」のオプションサービスは、およそ500円程度の月額費用を支払うことで破損・水濡れなどの故障や盗難など紛失を無償でサポートしてくれます。

※取扱説明書の注意書きに従った状態で正常な使用をしていることが前提です

また端末本体だけではなく、クレードル・充電器・ケーブルなどその他周辺機器も対象のサービスもあります。

レンタルする日数によっては料金が割高になることもある

各ポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスから、希望した日数通りにレンタルしても場合によっては割高になることがあります。

その理由は同じレンタルサービスの契約プランにパック料金や縛りありプランがあり、デイリープランよりも割引料金で提供しているからです。

また希望した日数分だけレンタルした場合、多めに料金を請求される可能性もあります。どちらにせよポケットWi-Fiルーターをレンタルする前に、使用する日数と契約プランを見比べる必要があります。

郵送で受け取り・返却(発送)を行う場合、送料を自己負担する可能性がある

各ポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスは、端末を郵送する方法がメジャーです。その場合に受け取り・返却(発送)時に手数料がかかる可能性があります。

受け取り料金・往復送料などが掛かるレンタルもあれば、返却時のみ自己負担などのレンタルサービスもあるため気になる方は契約手数料を事前にチェックすることをおすすめいたします。

【人気】おすすめのポケットWi-Fiルーター国内レンタルサービス8選

wifi-rental02

人気でおすすめのポケットWi-Fiルーターの国内レンタルサービスの料金プランについて、「プラン名」・「日数」・「料金」・「データ量」・「回線」・「契約手数料」の比較項目から次のとおり表でまとめました。

スクロールできます
国内レンタルサービスプラン名日数料金データ量回線契約手数料(税込)
Wi-Fiレンタルドットコム・データ無制限プラン
・ギガプラン
希望したレンタル期間1日(即日当日以降)495円~5GB~無制限・NTTドコモ
・au by KDDI
・SoftBank
受取手数料(発送料)1台550円※4台まで
WiFiレンタル屋さん・単品レンタル
・法人専用レンタル
希望したレンタル期間1日390円~20GB~100GB・au by KDDI
・SoftBank
往復送料1,100円
どんなときもWiFi for レンタルデイリータイプ1日~3ヵ月1日330円~1日3GB~5GBau by KDDI往復送料1,100円
どこよりもWiFi通常料金プラン契約期間縛りなし0GB~200GBまで月額料金1,400円~段階的定額20GB〜200GB・NTTドコモ
・au by KDDI
・SoftBank
・初期費用3,300円~ ・返却送料自己負担
縛りなしWi-Fi縛りなしプラン最短1ヵ月以降契約期間縛りなし月額料金3,366円~40GB〜100GB・NTTドコモ
・SoftBank
事務手数料3,300円
リモティーWi-Fi縛りなしプラン最短1ヵ月以降契約期間縛りなし月額料金3,575円50GB非公開・事務手数料3,300円 ・返却送料自己負担
ゼウスWi-Fiギガ並盛フリー1日~1ヵ月月額料金2,618円20GB・NTTドコモ
・au by KDDI
・SoftBank
事務手数料3,300円
BIGLOBE WiMAXBIGLOBE WiMAX 2+12カ月間が最低利用期間4,378円1日3GBau by KDDI申し込み手数料3,300円
※料金は全て税込表示です。

短期

短期から利用できる人気でおすすめのポケットWi-Fiルーターの国内レンタルサービスは、次のとおりあげられます。

  • Wi-Fiレンタルドットコム
  • WiFiレンタル屋さん
  • どんなときもWiFi for レンタル

一つずつ項目を詳しく具体的に解説いたします。

Wi-Fiレンタルドットコム

「Wi-Fiレンタルドットコム」とは、運営会社「株式会社ビジョン」がWi-Fiルーターを貸出提供するレンタルサービスです。

「選べるレンタル期間(1日単位でレンタル可能)」・「最短当日発送(当日15時まで申し込み)」・「届いた時から工事不要すぐに使える」・「ラクラク返却(コンビニ・空港・宅配など)」・「WiMAX WX06 無制限など人気端末複数台レンタル」などのさまざまな特徴があります。

「公式サイトAIチャットによるお問い合わせ」・「安心補償サービス」・などのサポートも充実しています。幅広いエリア回線に対応し、短期で初めてポケットWi-Fiルーターを利用したい方向けにおすすめといえます。

WiFiレンタル屋さん

「Wi-Fiレンタル屋さん」とは、運営会社「株式会社ジェイフィールド」がWi-Fiルーターを貸出提供するレンタルサービスです。

「Wi-Fiルーターレンタル店顧客満足度No.1」・「17時までの注文で当日発送」・「簡単プラン計算」・「集荷・空港・ポスト投函など返却が便利」・「ポイントサービスがお得」などの特徴があります。

「電話とメールでお問い合わせ可能」・「状況をメールで連絡」・「安心補償サービス」などのサポートも充実しています。わからないことだらけでも懇切丁寧にサポートしてもらいたい方向けに、おすすめのレンタルサービスです。

どんなときもWiFi for レンタル

「どんなときもWiFi for レンタル」とは、運営会社「株式会社グッド・ラック」がWi-Fiルーターを貸出提供するレンタルサービスです。

「プランが選べてお得」・「使い終わったら楽々返却」・「工事不要ですぐに利用可能」・「デイリー・マンスリーのタイプから選べる」などの特徴があります。

「レンタル安心保証」・「日単位でデータ通信量を確認できる」などのサポートも充実しています。毎日データ通信量をチェックして計画的に使いたい方向けに、おすすめのレンタルサービスといえます。

1ヶ月程度の中短期

1ヵ月程度の中短期から利用できる人気でおすすめのポケットWi-Fiルーターの国内レンタルサービスは、次のとおりです。

  • どこよりもWiFi
  • 縛りなしWi-Fi
  • リモティーWi-Fi
  • ゼウスWi-Fi

一つずつ項目を詳しく具体的に解説いたします。

どこよりもWiFi

「どこよりもWiFi」とは、運営会社「株式会社Wiz」がWi-Fiルーターを貸出提供するレンタルサービスです。「使った分だけ支払う無駄遣いしない料金体系」・「どれだけ使っても業界最安値級でお得」・「2年割適用でさらにお安く一段とお得に」などの特徴があります。

「機器補償サービス」・「コンシェルジュによるチャットお問い合わせ」などのサポートも充実しています。使った分だけ料金を払いたい方やポケットWi-Fi(無線LAN)ルーターを試したい方向けに、おすすめのレンタルサービスといえます。

縛りなしWi-Fi

「縛りなしWi-Fi」とは、運営会社「フォン・ジャパン株式会社」がWi-Fiルーターを貸出提供するレンタルサービスです。

「縛りなしだけど縛りありプランもニーズやライフスタイルに合わせて選べる」・「1ヵ月で解約可能」・「容量が選べるからコスパが良い」・「クレジットカード決済・口座振替など柔軟な支払い方法」などの特徴があります。

「安心サポート」・「モバイルバッテリー」・「FONプレミアムID」・「セキュリティ」などのサポートも充実しています。さまざまなオプションサービスを合わせて使いたい方向けに、おすすめのレンタルサービスといえます。

リモティーWi-Fi

「リモティーWi-Fi」とは、運営会社「株式会社グリンク」がWi-Fiルーターを貸出提供するレンタルサービスです。

「月額3,575円から利用可能で料金が安り」・「利用用途に合わせてプラン選択が可能」・「Wi-Fi(無線LAN)が通信料を気にせず使い放題無制限」・「キャッシュバックキャンペーン実施」などの特徴があります。

「安心補償パック」などのサポートも充実しています。月にたくさんギガを消費するという方向けに、おすすめのレンタルサービスといえます。

ゼウスWi-Fi

「ゼウスWi-Fi」とは、運営会社「株式会社Human Investment」がWi-Fiルーターを貸出提供するレンタルサービスです。

「格安スマホプランとセットのデュアルスタイルでお得」・「使い切っても安心のおかわりギガ」・「バリバリつながるクラウドSIM」・「海外でもそのまま利用OK」・「工事不要」・「端末価格は0円」・「下り最大150.0Mbps・上り最大50.0Mbps」・「同時接続台数最大10台」・「申込み手続き受付後最短翌日発送」などの特徴があります。

「電話・メールによるお問い合わせフォームからサポート可能」・「あんしん解約サポート違約金0円」などのサポートも充実しています。大勢でポケットWi-Fiルーターを利用したい方向けに、おすすめのレンタルサービスといえます。

1年などの長期

1年などの長期から利用できる人気でおすすめのポケットWi-Fiルーターの国内レンタルサービスは「BIGLOBE WiMAX 2+」があげられます。

こちらで具体的に詳しく解説いたします。

BIGLOBE WiMAX 2+

「BIGLOBE WiMAX 2+」とは、運営会社「ビッグローブ株式会社」がWi-Fiルーターを貸出提供するレンタルサービスです。

「外出先・自宅で固定回線代わりに使える」・「プラン月額料金は初月無料」・「データ端末最短翌日発送(送料無料)」・「口座振替可能」・「充実オプションサービス」などの特徴があります。

「セキュリティセット・プレミアム」・「インターネットサギウォール」・「パスワードマネージャー」・「WEBや電話でお問い合わせ可能」などのサポートも充実しています。プロバイダ歴26年以上の大手レンタルサービスで、セキュリティ対策万全なところが良いという方におすすめといえます。

ポケットWi-Fiルーターのレンタルがおすすめの人

ポケットWi-Fi(無線LAN)ルーターのレンタルがおすすめの方の種類は、次のとおりあげられます。

  • すぐにでもインターネットを利用したい人
  • 短期間だけ契約したい人

一つずつ項目を詳しく具体的に解説いたします。

すぐにでもインターネットを利用したい人

ポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスの売りは、使用したい期間だけ借りられることです。そのため当日からすぐに利用できて、希望日時までに返したいという方におすすめといえます。

ポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスの中には、当日から端末を利用可能なものもあります。また発送の場合は申し込みのタイミングで翌日発送し、最短で2日には端末が届きます。こちらの場合は、受け取りタイミングからの料金の計算となります。

いずれにしても当日利用可能かどうかを、レンタルサービスの公式サイトで確認し検討することをおすすめいたします。

短期間だけ契約したい人

1ヵ月や1年などの中長期ではなく、1日や1週間など短期で利用したい方もいることでしょう。

各レンタルサービスでは、利用者にあった契約プランを扱っており短期間での利用も可能といえます。ただしレンタルサービスの中には、縛りありプランや最低1ヵ月の利用などの設定をしているところもあります。

そのため各レンタルサービスの契約プランをしっかりと確認し、ポケットWi-Fiルーターを借りることをおすすめいたします。

ポケットWi-Fiルーターをレンタルして返却するまでの流れ

ポケットWi-Fiルーターをレンタルして返却するまでの流れは手順は、次のとおりです。

  1. サイトから申し込みをする
  2. 【最短翌日】端末が届いたら電源を入れて利用開始
  3. 契約期間終了後郵送にてポケットWi-Fiを返却・発送

一つずつ項目を詳しく具体的に解説いたします。

1:サイトから申し込みをする

ポケットWi-Fiルーターをレンタルして返却するまでの流れは、数ステップでとても簡単です。

  1. まずは公式サイトのお客さま申し込みフォームから登録
  2. レンタルしたい端末を選び、台数や契約プラン(レンタル日数など)・受け取りと返却方法・オプションサービスを選択
  3. 次にお客様情報(名前・郵便番号と住所・電話番号・支払方法など)を入力
  4. 最後に最終的な入力事項の確認して完了

あらかじめ本人確認書類を用意し、入力しやすいようにして置くとベターです。ステップ数が短くとても簡単にお申し込み登録ができ、また各レンタルサービスで使用できるクーポンコードなどがあれば割引になります。

2:【最短翌日】端末が届いたら電源を入れて利用開始

各レンタルサービスの公式サイトのフォームから申し込みを完了したら、最短翌日にポケットWi-Fiルーターの端末が郵送され届けられます。

平日以外の営業時間や年末年始の期間中や九州・北海道・沖縄など一部遠隔地・離島ですと、翌日以降にお送りする可能性があります。到着後にパッケージを開封し、レンタル機器に電源を入れます。

その後にWi-Fiの設定ガイドなどを参照し、接続端末に表示される指定のSSIDを選択しパスワード(暗号化キー)を入力・了承して接続を開始します。するとポケットWi-Fi(無線LAN)ルーターから放出された電波をキャッチして、インターネット接続環境による高速通信を利用することができます。

各レンタルサービスで契約したプランごとに通信速度制限に掛からないように、1日のデータ通資量を決めておくことをおすすめいたします。万が一速度制限になったとしても、各レンタルサービスで変わりますがおよそ128kbpsなど制限された状態で使い続けることは可能です。

3:契約期間終了後郵送にてポケットWi-Fiを返却・発送

各レンタルサービスで取り交わした契約期日が満了したら、郵送にてポケットWi-Fiを返送(返却・発送)します。契約プランの中には期日を過ぎてしまうと自動更新で継続利用となり、新たに料金が発生する可能性があるため注意が必要です。

取り決めた支払方法(クレジットカード決済・コンビニ請求書払い・口座引き落としなど)により決済が行われます。

まとめ

こちらの記事ではに国内でWi-Fiルーターをレンタルするならどこのサービスがおすすめなのか、またポケットWi-Fiルーターをレンタルするメリット・注意事項ついて徹底解説いたしました。

国内でWi-Fiルーターをレンタルするならどこのサービスがおすすめなのかについて、これまでの説明で詳しく理解を深めていただけたと思います。またポケットWi-Fiルーターをレンタルするメリット・注意事項ついても、具体的に知っていただけたことでしょう。

ぜひこの機会に自分に合ったポケットWi-Fiルーターをレンタルし、外出先でも快適でスムーズなインターネット接続環境を活用していきましょう。

※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。

※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考サイト>
WiFiレンタルどっとこむ
WiFiレンタル屋さん
ZEUS WiFi

目次
閉じる