MENU

WiMAXを機種変更するべきか?気になる料金や契約内容は?メリットやデメリットも合わせて解説!

WiMAXを利用している方の悩みの一つに、WiMAXの機種変更が挙げられます。

WiMAXでの通信が利用できるルーターにはいくつかの種類があり、定期的に最新機種も導入されています。そのため長期的に利用していくのであれば、機種変更を考えるべきか悩む方は多いでしょう。

しかし、機種変更をしていない場合でも原則として通信は可能なため、「WiMAXの機種変更の必要性とは?」「機種変更をする場合どのタイミングが良いのか」と困惑することも少なくありません。

そこで今回は、WiMAXの機種変更の必要性やメリットについて考えたうえで、機種変更をするときに検討したいおすすめのプロバイダを紹介していきます。

目次

WiMAXの機種変更をする方法

WiMAXで使用しているルーター端末の機種変更を考える際には、まず機種変更の方法について整理していきましょう。

機種変更のパターンとしては、主に次の2つがあります。

  • 現在のプロバイダで機種変更
  • 解約して新しいプロバイダに乗り換え

では、これらの方法にはどのような違いがあるのでしょうか。両方の機種変更方法についての詳細や異なるポイントを紹介していきます。

現在のプロバイダをそのまま機種変更する方法

現在契約しているプロバイダをそのまま契約した状態で、ルーター端末のみ機種変更する方法です。

冒頭でも触れたとおり、基本的にWiMAXは機種変更をしなくてもそのまま利用を続けることができます。しかし、端末の調子が悪くなったり速度の遅延を感じたりしたときは、機種変更を考えるのが有効といえます。

プロバイダによっては、機種変更が簡単にできるキャンペーンが実施されることがあります。そのためプロバイダを変えずに機種変更をされるときは、キャンペーンを利用するのがおすすめです。

キャンペーン実施のタイミングはさまざまですが、例えば5G対応のプラン・機種が登場し、ユーザーに移行を促すタイミングなどが挙げられます。

このようなキャンペーンを利用すれば、主に次のようなメリットが望めます。

  • 事務手数料無料
  • 端末代金無料
  • 最新ルーターが利用可能

    ※具体的なメリットはキャンペーン内容やプロバイダによって異なります。

このため「解約金が発生するため乗り換えはしたくないが、新しい機種は欲しい」という方は、現在のプロバイダでの機種変更手続きを検討しましょう。

解約して新しいプロバイダに乗り換える方法

現在契約しているプロバイダを解約し他社プロバイダに乗り換えて、別の機種に変更する方法です。

解約・乗り換えというと費用が多くかかったり手続きが複雑になったりするイメージがありますが、意外と解約して他社に乗り換えることは気軽にできるようになっています。

というのもWiMAXの各プロバイダでは、新規顧客を獲得するためのキャンペーンを非常に多く打ち出しているからです。

キャンペーン内容にはさまざまなケースが見られますが、キャッシュバックや一定期間の月額料金割引、端末代金実質無料などが挙げられます。

このようなキャンペーンを利用すれば、現在のプロバイダの解約金・違約金がかかったとしても、結果として費用をほとんど負担することなく他社乗り換え・WiMAX機種変更ができる可能性があります。

通信料金など毎月かかる固定費は、定期的な見直しが必要です。機種変更も兼ねて他社に乗り換えをすれば、結果として月額料金も安くなったり通信品質が総合的にアップしたりとさまざまなメリットが望めるでしょう。

WiMAXの機種変更・契約すべきタイミング

WiMAXの機種変更は、主に次のようなタイミングが望ましいといえるでしょう。

  • 通信速度に不満があるとき
  • 5G対応プランにしたいとき
  • バッテリーの保ちを長くしたいとき
  • 契約更新月になったとき

機種変更をすべき時期について迷ったときは、上記のタイミングを参考にしてみてください。

では、おすすめのタイミングについて詳細を解説していきます。

通信速度に不満があるとき

普段WiMAXを利用して、「通信速度が遅い」「接続がよく切れる」などの不満を感じている場合は、機種変更を積極的に検討したいところです。

速度が安定しないことや遅いことにはさまざまな要因がかかわっていると考えられますが、そのうちの一つには端末の故障や劣化などもあります。

どのルーター端末でも、長く使用していれば故障や不具合は起こりやすくなります。

内部の劣化によって故障や不具合が起これば、そのまま通信品質の低下につながることは多いです。

特にWiMAXの端末は長い間起動していることが多いため、長期間使用していれば壊れやすくなるのも当然といえます。

そのためルーター端末の劣化を感じたら、機種変更を考えるようにしましょう。

5G対応プランにしたいとき

現在は、多くのWiMAXプロバイダが次世代通信規格である5G対応プランの提供を始めています。

5G対応のプランでは、5Gの通信規格に対応しているルーター端末でなければ基本的に5G通信は不可となります。

そのため現在使用している端末・プランが5G非対応の場合は、プロバイダが5G対応端末・プランの提供を始めたとしても、そのままでは5G通信はできません。

したがって5G通信をしたい方は、5Gプランへの移行と端末の変更手続きをする必要があります。

プロバイダによっては契約中のユーザーに対して無料で移行できるキャンペーンを実施されることも多いため、5Gプランに変更したいときは、キャンペーン利用でプラン移行&機種変更をするのが望ましいでしょう。

ただし、プラン移行による月額料金やプラン内容の変更には注意してください。

バッテリーの保ちを長くしたいとき

WiMAXを長く利用していると、ルーターのバッテリーが長持ちしづらくなることがあります。バッテリーの減りが早くなるのは、基本的にバッテリーの劣化が原因です。

そもそも端末に取り入れられているリチウムイオンバッテリーは消耗品になります。そのため、時間の経過とともに充電が長続きしなくなるのは当然といえるでしょう。

したがってWiMAXの機種変更を検討するタイミングとしては、バッテリーの減りが早いと感じたときもおすすめです。

最新機種に交換できれば、新しいからこそ充電が長持ちしやすいだけでなく、そもそもバッテリーも大容量になっていることが多いため、メリットがたくさんあります。

契約更新月になったとき

更新月を迎えたタイミングでWiMAXの機種変更を考えるのもよいでしょう。

契約期間に縛りのあるプランでは、2年や3年の自動更新で契約が継続していくかたちになります。

そのため、更新のタイミング以外では解約金がかかり、他社への乗り換えをされるときは費用がかさんでしまう場合があります。

しかし更新月では、この解約金が免除になるのが特徴です。そのため、更新月は解約・他社乗り換えの絶好のチャンスといえます。

最近は乗り換え元の解約金補助として、キャッシュバックキャンペーンなどを実施しているプロバイダも多いですが、もちろん解約金を一切負担しないプロバイダもあります。

また、キャッシュバックも受け取り時期はかなり遅くなることが多いため、一時的に負担は出てしまいます。

このように乗り換え時に発生する解約金が気になるときは、更新月を狙って解約・乗り換えし、機種変更されるのが望ましいです。

WiMAXの機種変更をするメリット

WiMAXの機種変更をすれば、主に次のようなメリットが望めます。

  • 通信速度が向上する
  • 通信が安定する
  • 月額料金が安くなる
  • バッテリーが長持ちする

もともとこのような点について困っていた方にとっては、まさに朗報といえます。WiMAXの機種変更をすべきか迷ったときは、メリットについても理解を深めておきましょう。

では、メリットについてそれぞれの重要なポイントを紹介していきます。

通信速度が向上する

WiMAXのルーター端末を機種変更すれば、通信速度の向上を見込めます。

長く使用してきた機種と新しい機種では、内部の劣化の有無が違うため、劣化のない新しい機種ではより速い速度で通信ができるようになります。

また、新しい機種のほうがより高速の通信規格に対応しているため、特に古いモデルを使用してきた方は大幅に速度向上が見込める可能性があります。

5G対応で、5Gエリア内で通信ができれば、次世代規格である超高速通信が楽しめるでしょう。

通信が安定する

WiMAXの機種変更は、通信の安定化にもつながります。

安定的な通信が可能になれば、例えば動画や音楽のストリーミング再生中、ゲームのプレイ中に接続が切れてしまうようなことはなくなります。

逆に接続が安定しないときは、ストリーミング再生やゲームのロードが途切れ途切れになり、ストレスになります。

WiMAXを契約していても、接続が安定しなければあまり意味がないため、WiMAXを100%活用するには通信を安定させることが重要です。

月額料金が安くなる

WiMAXの機種変更で、特に他社への乗り換えの場合は、月額料金が安くなる可能性もあります。

WiMAXの月額料金はプロバイダによって違います。そのため機種変更で他社への乗り換えを検討される場合、やはり月額料金はより安いプロバイダを見つけたいところです。

また、WiMAXのプロバイダは、多くの場合新規入会時はしばらく月額料金が大幅に安くなるようになっています。プロバイダによってはキャンペーン適用で端末代が無料になることも少なくありません。

そのため機種変更のために月額料金の安いWiMAXに乗り換えをしたり、乗り換えと同時に新規入会キャンペーンが適用された場合、毎月の固定費節約のメリットが生まれます。

バッテリーが長持ちする

WiMAXで機種変更をすれば、バッテリーが長持ちして端末をストレスなく使用できるようになります。

新機種はバッテリーが消耗していないため、充電をすればしっかりと電池は持ちますし、さらに最新の端末であればバッテリー容量自体も大きい可能性があります。

WiMAX端末のバッテリーが持たないと、せっかくポケット型Wi-Fiとして持ち歩いていても、肝心なときに充電切れで使用不可になる可能性があるのは大きなデメリットです。

しかし機種変更をすれば、そういったデメリットやストレスとは無縁になるため、電池が持たないことに不満を感じていた方には大きな利点です。

WiMAXの機種変更をするデメリット

WiMAXの機種変更には多くのメリットがありますが、デメリットや注意したいポイントなどもいくつか挙げられるため、機種変更は慎重に検討する必要があります。

主に重視したいデメリットは次のとおりです。

  • 機種変更のタイミング次第で余分に費用がかかる
  • 契約期間が伸びる
  • 新プランが高い可能性がある

このように機種変更のタイミングや乗り換え先のプロバイダ・プランによっては、さまざまなデメリットが生じる可能性があります。

では、詳細を一つ一つ整理していきましょう。

機種変更のタイミング次第で余分に費用がかかる

機種変更を考える際には、タイミングに十分注意する必要があります。WiMAXの機種変更の際には、主に次のような費用がかかる可能性があります。

・解約違約金
・端末の分割費用の残債(一括請求になる場合が多い)

別プロバイダに乗り換える場合は、更新月以外で解約をすると、現在使用中のプロバイダの解約違約金がかかることがあります。

近年解約金は安い費用になりつつありますが、古いプランを契約中の方は、10,000円以上の解約金を請求されるパターンも少なくありません。

また、現在使用している機種の分割残債についても注意が必要です。

現在使用中の機種の残債が残っているときは、機種変更に伴って残債が一括請求になる可能性があるため、このような機種変更の際にかかる費用には十分に注意してください。

契約期間が伸びる

WiMAXの機種変更の際には、契約期間が伸びる可能性についても注意する必要があります。

よくあるのは、契約しているプロバイダの機種変更キャンペーンを利用したときに契約期間が伸びてしまうパターンです。

この場合、キャンペーン利用に伴い契約期間がいったんリセットされるため、実質的に契約期間が延長になる仕組みです。

それまで2年契約の縛りがあるプランを利用していた場合、キャンペーンを利用して機種変更をすると、その時点で再び2年の縛りで契約がスタートすることになります。

機種変更をすると、場合によっては契約の縛りが長く続くことになるため、いずれ解約したり乗り換えしたりする予定の方には不便に感じられる可能性があります。

今後のWiMAXの利用予定も加味しつつ、機種変更を検討することが大切です。

新プランが高い可能性がある

機種変更に伴って、プランの料金が高くなるといったデメリットが生じる可能性もあります。

例えば、同じプロバイダで機種変更をするときは、多くの場合、その後も長く利用することを見越して機種変更をすることになります。

WiMAXの月額料金は、契約期間を追うごとに割引が効かなくなり、高くなっていく傾向にあります。機種変更をして長く利用するということは、料金が結果として高くなるということです。

また、乗り換えで他社のプランを利用されるときは、そもそも月額料金の高いプロバイダに乗り換えれば毎月の費用負担は高くなります。

そのため機種変更を考える際には、機種変更後に毎月いくらの負担になるのかしっかりと計算することが大切です。

WiMAXを機種変更するお得なタイミング

WiMAXの機種変更をするにあたって、お得になるおすすめのタイミングは次のとおりです。

  • 更新月
  • 新規受付キャンペーン実施時
  • キャッシュバックキャンペーン実施時

このようなタイミングを狙って機種変更をすれば、余計な費用負担を抑えられる可能性があります。では、重要なポイントを一つ一つ解説していきます。

更新月(違約金がかからない)

契約更新のタイミングを見計らって機種変更(解約・乗り換え)をすれば、違約金を避けてお得に機種変更ができます。

そのためまずは、現在契約しているWiMAXの契約期間と更新月をよく確認するようにしましょう。傾向としては、契約の縛りがある場合は、2年もしくは3年の契約になっていることが多いです。

また、「更新月」の考え方、具体的な違約金免除の期間はプロバイダによって異なることがあります。

具体的な更新月は、契約書やマイページなどから確認したうえで事前に把握するようにしましょう。

新規受付キャンペーン

機種変更のため他社への乗り換えを考えるときは、新規受付キャンペーンが実施されているタイミングを狙うのもおすすめです。

WiMAXを提供するプロバイダの数は多いため、いずれのプロバイダも新規顧客獲得には必死になっています。

そのため、プロバイダごとに新規受付キャンペーンはよく実施されており、乗り換えを考える際にはよりお得なキャンペーンを実施しているプロバイダを契約することが重要です。

新規受付キャンペーンの内容の例は次のとおりです。

  • 月額料金の長期的な割引
  • 事務手数料無料
  • 端末代金無料

このようなキャンペーンが実施されているときはお得に乗り換えが可能なため、キャンペーン内容はよく比較検討していきましょう。

キャッシュバックキャンペーン

WiMAXの機種変更で他社プロバイダへ乗り換えされるときは、キャッシュバックキャンペーン適用を狙うのもおすすめです。乗り換え先を検討される際には、キャッシュバックの有無をチェックしましょう。

キャッシュバックキャンペーンでは、目安として数千円~数万円のキャッシュバックが実施されます。

そのためキャッシュバックを利用すれば、結果として乗り換え元の違約金や端末代の残債をまかなえる可能性があります。

そもそもプロバイダがキャッシュバックキャンペーンを実施するのは、キャッシュバックというかたちで乗り換え元の解約金や端末代を負担することで、顧客獲得につなげたいという狙いがあるからです。

したがって「違約金がかかるためしばらく乗り換えは難しい」という方には、キャッシュバックキャンペーンを利用してお得に乗り換えることは非常におすすめです。

おすすめのプロバイダは?WiMAX機種変更時に気になるプロバイダの比較

ここで、WiMAXの機種変更にあたってチェックしたいおすすめプロバイダを紹介していきます。今回紹介するプロバイダは、次の5社です。

  • GMOとくとくBB
  • BroadWiMAX
  • カシモWiMAX
  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX

いずれのプロバイダも、さまざまな割引キャンペーンやキャッシュバックなどが利用できるため、お得に乗り換え・機種変更できる可能性は高いです。

では、プロバイダごとに料金やキャンペーンの内容などを詳しく紹介していきます。

GMOとくとくBB

項目詳細
実質月額料金
(端末代などを含めた月額料金)
端末発送月:3,553円の日割り+605円
1か月目~24か月目:4,158円
25か月目以降:4,708円
初期費用3,300円
契約期間2年
データ容量無制限
通信速度最大2.7Gbps
違約金1,100円
キャッシュバック最大49,000円
端末(レンタルか購入か)購入
※価格はすべて税込表記です。

【おすすめポイント】

  • 最大49,000円の高額キャッシュバックあり
  • 容量無制限の高速通信
  • 月額料金の割引総額が高い

GMOとくとくBBでは、5G対応のデータ無制限WiMAXプランを提供しています。下り最大2.7Gbpsの高速通信が可能で、容量無制限のため通信量を気にせず通信が楽しめます。

そしてGMOとくとくBBのWiMAXといえば、キャッシュバックの金額がかなり高額なことが魅力的なポイントです。

最大49,000円のキャッシュバックが受け取れるため、乗り換え元のプロバイダの違約金が高いときなども安心して乗り換えができます。

月額料金の割引総額も、本来の月額料金から総額50,000円以上とかなり高額です。

キャッシュバックも多く割引率が高いため、機種変更を考える際にはおすすめのプロバイダです。

BroadWiMAX

項目詳細
実質月額料金
(端末代などを含めた月額料金)
初月:2,002円
2か月目~36か月目:4,488円
37か月目以降:3,883円
初期費用事務手数料:3,300円
初期費用:20,743円
契約期間2年
データ容量無制限
通信速度最大2.7Gbps
違約金3,883円
キャッシュバック5,000円
端末(レンタルか購入か)購入
※価格はすべて税込表記です。

【おすすめポイント】

  • web申し込み&クレジットカード払いで初期費用無料
  • 契約期間の縛りなしプランもあり
  • 最短即日発送

BroadWiMAXは、月額料金のわかりやすさが魅力のプロバイダです。端末代を除けば2か月目以降は基本的に料金が変わらないため、毎月かかる金額を把握しやすいのが魅力です。

また、料金は少し高くなりますが、契約の縛りなしプランもあるため気軽に利用したい方は縛りなしプランを検討されるのもよいでしょう。

即日発送にも対応しているため、すぐに利用したい方にもおすすめです。

BroadWiMAXでは申し込みにあたって20,743円(税込)の初期費用が通常かかりますが、クレジットカード払いにすればこの初期費用も0円になるキャンペーンが適用されます。

カシモWiMAX

項目詳細
実質月額料金
(端末代などを含めた月額料金)
初月:1,408円
1か月目以降:4,378円
初期費用3,300円
契約期間縛りなし
データ容量無制限
通信速度最大2.7Gbps
違約金0円
キャッシュバックなし
端末(レンタルか購入か)購入
※価格はすべて税込表記です。

【おすすめポイント】

  • 契約期間の縛りなし
  • シンプルな月額料金
  • 端末分割払いサポートで端末代が実質0円

カシモWiMAXでは、5G対応のWiMAXが非常にシンプルな料金プランで提供されています。

WiMAXの月額料金といえば割引キャンペーンなどで何度も変動する傾向がありますが、カシモWiMAXの料金は初月を除いて変わりません。そのため毎月かかる料金がとてもわかりやすいのが魅力です。

また、契約の縛りがないため、解約金を気にすることなく利用できるのも嬉しいところです。

ほかには端末分割払いサポートという端末代割引キャンペーンもあるため、端末代が実質0円になりたいへんお得です。

UQ WiMAX

項目詳細
実質月額料金
(端末代などを含めた月額料金)
【端末分割165円×36回の場合】
初月~25か月目:4,433円
26か月目~36か月目:5,115円
37か月目以降:4,950円

【端末分割308円×36回の場合】
初月~25か月目:4,576円
26か月目~36か月目:5,258円
37か月目以降:4,950円
初期費用3,300円
契約期間2年
データ容量無制限
通信速度最大2.7Gbps
違約金1,100円
キャッシュバック5,938円 or 5,278円
端末(レンタルか購入か)購入
※価格はすべて税込表記です。

【おすすめポイント】

  • 端末代がキャンペーン価格で格安
  • 25か月間通常料金から682円(税込)割引
  • UQ mobile自宅セット割インターネット加入でプラスエリアモードが無料

UQ WiMAXは、以前よりWiMAXプランの提供を行ってきている人気のプロバイダです。

2022年7月時点UQ WiMAXでは端末代の大幅値下げキャンペーンを行っているため、非常に安い価格で端末を購入できるのが嬉しいところです。そのため機種変更を検討している方にはぴったりです。

月額料金が25か月間割引になる割引サービスや、プラスエリアモードが無料になるセット割など、お得に利用できる特典は多数あります。

UQ mobileのスマートフォンとあわせて利用される方にもおすすめです。

BIGLOBE WiMAX

項目詳細
実質月額料金
(端末代などを含めた月額料金)
【クレジットカード払いの場合】
初月:0円
1か月目:2,079円
2か月目〜24か月目:4,928円
端末代:実質0円

【口座振替の場合】
初月:0円
1か月目:1,166円+913円(端末代)
2か月目〜24か月目:4,015円+913円(端末代)
端末代:21,912円
(2年契約の場合:月913円)
初期費用3,300円
契約期間2年
データ容量無制限
通信速度最大2.7Gbps
違約金1,100円
キャッシュバック5,938円 or 5,278円
端末(レンタルか購入か)購入
※価格はすべて税込表記です。

【おすすめポイント】

  • 契約の縛りなし
  • 支払いに口座振替が利用可能
  • クレジットカード決済なら端末代が実質0円

BIGLOBE WiMAXでは、契約期間の縛りなし・契約解除料なしのWiMAXプランの提供を行っています。そのため、気軽に申し込みできるのが嬉しいポイントです。

最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施されているため、お得に申し込みができます。

多くのプロバイダでは、WiMAXの支払いがクレジットカード決済のみとなりますが、BIGLOBEでは口座振替にも対応しているため支払い方法を選べるのもメリットです。

端末代金については、クレジットカード決済を設定することで割引が適用されるため、実質0円になるのも大きな魅力です。

WiMAXの機種変更をする時の注意点

WiMAXの機種変更では、思わぬところで手続きに失敗したり後悔したりしないよう、主に次のような点に注意をする必要があります。

  • 解約金やキャッシュバックの手続きを忘れない
  • 料金が二重にならないように解約タイミングを決める

このような点について確認を怠ると、機種変更の際に損をする可能性が出てきます。

では、具体的なポイントを整理していきましょう。

解約金やキャッシュバックの手続きを忘れない

WiMAXの機種変更の際には、さまざまな手続きを忘れないようにしましょう。特に他社へ乗り換える場合においては、次の手続きを忘れないことが大事です。

  • 解約手続き
  • キャッシュバックの受け取り手続き

解約を忘れると料金が多くかかってしまうだけでなく、キャッシュバックが受け取れなくなる場合があります。

キャッシュバックは主に解約金補助を目的として行われていることが多いため、しっかりと受け取るには「解約金が確かにかかっていること」を証明する必要があります。

そのためキャッシュバック受け取り申請の際には、証明書などの書面が必要になることも多いため、詳細は事前にしっかりと把握しておきましょう。

また、キャッシュバックはプロバイダによって受け取り時期がかなり後ろ倒しになることも多いです。手続きを忘れると受け取り不可となるため、スケジュールに記入しておくなどの対策が必要になります。

料金が二重にならないように解約タイミングを決める

解約のタイミングについても注意しましょう。

タイミングを誤ると二重払いになる場合がありますし、逆にしばらくWiMAXが利用できない期間が生まれてしまうことも考えられます。

二重払いを避けるために重要なポイントは、解約するプロバイダの解約月の料金の計算方法を把握することです。これはプロバイダによって異なり、日割りになるところもあれば日割りにならないところもあります。

そのため少しでも損をしないためには、まず日割りになるかどうかをよく確かめることが重要です。そのうえで解約タイミングを決めていきましょう。

まとめ

WiMAXの機種変更をしたいときは、さまざまなキャンペーンを利用してお得に手続きすることを検討していきましょう。

特に他社への乗り換えを考える場合は、どこのプロバイダが料金面でお得になるのかよく比較検討することが大事です。

また、WiMAXの機種変更にはベストなタイミングがあります。機種変更すべきか迷っているときは、機種変更に適したタイミングやご自身に合った手続き方法を知ることが重要です。

更新月やキャッシュバック、具体的な料金プランなどを調べたうえで、少しでもお得にWiMAXの機種変更を行っていきましょう。

※本記事の情報は2022年7月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
GMOとくとくBB
カシモWiMAX
Broad WiMAX

目次
閉じる