電子書籍ストア PR

楽天Koboがサービス終了と噂されるのはなぜ?撤退の可能性と購入済みの電子書籍がどうなるか解説

楽天Koboがサービス終了と噂されるのはなぜ?撤退の可能性と購入済みの電子書籍がどうなるか解説

「楽天Koboのサービスが終了するのは本当?」と疑問を抱いている方に向けて、楽天Koboが終了すると言われている理由についてまとめました。

結論からお伝えすると、現時点で楽天Koboがサービス終了する可能性は限りなく低いと言えます。

グループ会社のスマホ事業が大赤字になったため、系列サービスの楽天Koboも影響を受けて終了してしまうのでは?と不安に思うユーザーが多かったことが噂の原因と考えられます。

この記事では、楽天Koboが撤退する可能性や、仮に撤退した場合に購入済みの電子書籍はどうなるのかについて、解説していきます。

楽天Koboのサービスが終了する可能性は低い

楽天Koboがサービス終了する可能性は、現時点で低いと考えられます。

それぞれの理由について解説します。

ユーザーの満足度が高い

楽天KoboはApp Storeのアプリ評価が5点満点中4.5点(45,000万件以上)を獲得しており、ユーザー満足度の高さが強みです。

ユーザー満足度が低いにもかかわらず、改善する姿勢が見られない場合、サービス終了の可能性が考えられます。

その点、楽天Koboは定期的にアップデートやメンテナンスが行われているため、運営が継続されると判断できます。

ユーザー数が多い

2023年に実施された電子書籍の利用実態調査『利用中の電子書籍サービス』で楽天Koboは、Kindleストアに続く2位に選ばれました。

数多くある電子書籍サービスの中で2位のユーザー数を獲得できる需要が楽天Koboにはあります。

需要の高いビジネスを撤退するとは考えづらいため、これからも運営が継続されると推測できます。

運営会社の事業が安定している

楽天Koboの運営会社は、日本国内有数の大手企業の『楽天グループ株式会社』です。

楽天グループ株式会社は複数のビジネスを展開しており、インターネットサービス『楽天市場』やフィンテック事業『楽天カード』は数百億円規模の利益を出しています。

楽天Koboの経営が傾いたとしても、楽天グループ株式会社から支援が受けられる可能性が高く、倒産リスクは少ないといえるでしょう。

資金調達の手段が豊富

楽天グループ株式会社はグループ会社が多数存在し、融資や債券を発行する以外にも、グループ会社を上場させて資金調達をする手段も持っています。

実際に、2023年4月に楽天銀行を上場させて市場から資金調達を行うなど、現金調達の手段が豊富にあることがわかります。

運営実績が豊富

楽天Koboは2012年にサービスを開始し、すでに10年以上の運営実績を誇ります。

電子書籍が浸透する前から運営しており、経験から得られた独自のノウハウも多くあるため、これからも安定した運営が続くと推測できます。

また運営実績の長さはサービスの信頼性にも直結するため、楽天Koboが突然サービスを終了する可能性は低く、安全性が高いと判断できます。

楽天Koboのサービスが終了すると言われているのはなぜ?

楽天Koboのサービスが終了すると言われている理由は、以下の通りです。

それぞれの理由について解説します。

モバイル事業で大赤字になっているから

楽天Koboが終了すると噂される理由として、楽天グループのモバイル事業『楽天モバイル』が大赤字だったことが挙げられます。(2022年度の営業損失はモバイルセグメント単体で4,928億円)

『楽天モバイル』が大赤字で事業撤退になるとメディアが予測したため、同じ楽天グループの楽天Koboも巻き込まれて撤退するのではないかと噂されました。

実際には大赤字と話題になった2022年の営業損益1,987億円に対して、2023年は1,250億円まで改善しており、契約数も回復傾向をたどっています。

そもそも楽天モバイルの赤字が楽天Koboの運営に直接的な影響はありませんが、モバイル事業の経営は改善されているため安心できるものであると考えられます。

アプリ内購入ができなくなったから

楽天Koboが終了すると噂される理由として、規約変更によりアプリ内購入に対応しなくなったことが挙げられます。

以前からApp Storeではアプリ内購入に対応していませんでしたが、2022年3月28日にGoogle Play Storeからのアプリ内購入もできなくなりました。

アプリの規約変更に伴う購入方法の変更ですが、突然電子書籍が購入できなくなったため、サービスが終了すると誤認識したユーザーが多く発生しました。

実際には、ブラウザからアクセスすれば電子書籍の購入が可能で、購入した電子書籍はブラウザもしくはアプリ内で閲覧できます。

Googleのサジェストワードに『終了』が表示されているから

楽天Koboが終了すると噂される理由として、Googleの検索エンジンで『撤退』『サービス終了』などのサジェストワードが表示されていることが挙げられます。

Googleのサジェスト機能は、検索されればされるほどAIがユーザーが知りたい情報と認識し、『楽天Kobo』と入力するだけで『撤退』や『サービス終了』を自動表示されるようになります。

結果的に、純粋に楽天Koboを検索したユーザーにも誤解を与える原因となりました。

仮に楽天Koboのサービスが終了する場合どうなる?

仮に楽天Koboのサービスが終了する場合、ユーザーが損しない方法で対処されると考えられます。

実際に複数の電子書籍サービスが撤退していますが、『クーポン配布』『ポイント返金』『他サイトへ引き継ぎ』『ダウンロード』などの対応をしています。

楽天Koboの運営会社は、複数のビジネスを展開する楽天グループ株式会社です。

対応次第で、ほかのビジネスにも悪影響を及ぼす可能性があるため、手厚い対応を受けられる可能性が高いと言えるでしょう。

楽天が提供していた『Raboo』の事例

楽天グループ株式会社は、楽天Koboの前に『Raboo』と呼ばれる電子書籍サービスを運営しており、2013年3月31日に撤退しています。

正確には『Raboo』から『楽天Kobo』に移行した形になりますが、サービス撤退に伴い、以下の対応をおこないました。

Rabooの対応
  • 購入済みの書籍は楽天Koboに移行
  • 電子書籍の購入金額のうち10%を楽天ポイントで返金
  • 楽天ポイント200ポイントをボーナスで付与

過去の事例でも十分な対応をしているため、楽天Koboが終了する場合も相応の対処法が適用されると考えられます。

楽天Koboでお得に電子書籍を読む方法

楽天Koboのサービスは終了する可能性が低いため、現在利用している方も、これから利用を考えている方も安心です。

楽天Koboでお得に電子書籍を読む方法は、以下の通りです。

それぞれの方法について解説します。

初回特典の還元クーポンを利用する

楽天Koboでは、はじめて電子書籍を購入する方を対象に70%ポイント還元クーポンを初回特典として配布しています。

初回特典を利用するためには、事前エントリーが必要であったり、還元の上限金額が2,000円(税込)である点には注意が必要です。

楽天Koboのクーポンをもらう

キャンペーンに参加する

楽天Koboでは、定期的に数多くのキャンペーンを実施しています。

『ポイント10倍』『最大70%OFF』『半額フェア』『無料配信』など毎日異なるキャンペーンでお得に電子書籍が読めるのが魅力です。

楽天Koboの『お得なキャンペーン』『オススメ特集』などをチェックして、お得に電子書籍が購入できないか確認しましょう。

楽天市場のSPUポイントを最大15.5倍まであげる

楽天Koboは楽天ポイントと連携しており、ほかの楽天サービスと併用すると楽天市場のSPU(スーパーポイントアッププログラム)を最大15.5倍まで上げられます。

『楽天ビューティ』『楽天カード』『楽天トラベル』など楽天の主要サービス16種類がSPUポイント倍増の対象です。

普段から楽天サービスを利用している方は、SPUを有効活用してポイントの高還元を狙いましょう。

楽天Koboのクーポンをもらう

楽天Koboの代わりにおすすめの電子書籍サービス

楽天Koboのサービスが終了する可能性は低いものの、万が一の事態に備えて複数の電子書籍サービスを利用したいと考えている方には、以下のサービスがおすすめです。

楽天Koboの代わりにおすすめの電子書籍サービス

それぞれのサービスについて解説します。

Kindleストア

KindleストアはAmazonが運営する電子書籍サービスで、700万冊以上と電子書籍サービスのなかでトップクラスの品揃えを誇ります。

圧倒的な品揃えが最大の強みで、漫画、雑誌、小説、実用書のほか、洋書、楽譜、技術書・専門書など幅広いジャンルをカバーしています。

また、日替わりクーポンや月替わりクーポンを定期的に配布しているため、安価に電子書籍を購入したい方におすすめです。

Kindleストアで電子書籍を探す

コミックシーモア

コミックシーモアはNTTソルマーレ株式会社が運営する電子書籍サービスで、漫画を中心に129万冊以上の品揃えと幅広いラインナップが特徴です。

2004年から電子書籍サービスを運営しており、検索性の高さや本棚機能の使いやすさなど総合力の高さが評価されています。

また、一般的な電子書籍サービスと異なり『購入』『レンタル』『読み放題』の中から読む方法を選べるため、コスパよく利用したい方におすすめです。

コミックシーモアの70%OFFクーポンを利用する

ebookjapan

ebookjapanは、漫画を中心に100万冊以上の品揃えで、LINEヤフー株式会社とイーブックイニシアティブジャパンが共同運営する電子書籍サービスです。

独自機能として『背表紙管理機能』が搭載されており、購入書籍が増えても本棚の整理が簡単に済みます。

初回70%OFFクーポンのほか、曜日別のポイント還元や割引クーポンなどが付与されるため、漫画を中心に電子書籍を安く購入したい方におすすめです。

ebookjapanのクーポンを利用する

BookLive!

BookLive!は、150万冊以上の品揃えで、凸版印刷グループの株式会社BookLiveが運営する電子書籍サービスです。

漫画や小説のほか、ライトノベル、実用書、オリジナルコミック、BL・TLなど幅広いジャンルを取り扱っており、総合力の高さが評価されています。

また、1冊丸ごと無料で読める電子書籍が18,000冊以上あるため、無料漫画をたくさん読みたい方におすすめです。

BookLive!で電子書籍を探す

まんが王国

まんが王国は、20万冊以上の品揃えで、株式会社ビーグリーが運営する漫画に特化した電子書籍サービスです。

初回特典で最大18,000ポイントが獲得できたり、毎日最大50%ポイント還元が受けられるなど、還元率の高さが強みです。

また常時3,000作品以上の無料で読める漫画やオリジナルコミックが配信されており、漫画好きから高く評価されています。

まんが王国で漫画を探す

楽天Koboのサービス終了に関してよくある質問や疑問

ここでは、楽天Koboのサービス終了に関してよくある質問や疑問を、Q&A形式でお答えします。

楽天Koboのアプリはサービス終了?

楽天Koboのアプリサービスは終了していません。

ただし、アプリの規約変更に伴い、App StoreとGoogle Play Storeはどちらもアプリ内購入が非対応になりました。

電子書籍を購入する際はブラウザを利用しましょう。

楽天Koboは見られなくなったの?

楽天Koboが見られない場合、ネットワークが不安定であったり、サービス側のトラブルの可能性が考えられます。

アプリやデバイスを再起動しても改善されない場合は、楽天Koboがメンテナンス中でないか確認しましょう。

楽天Koboはブラウザで読める?

楽天Koboはブラウザで読めます。

ただし、ブラウザはダウンロードに対応していないため、オフラインで読みたい場合はアプリを利用しましょう。

楽天Koboのアプリから購入できないのはなぜ?

楽天Koboがアプリから購入できないのは、AppleやGoogleの規約変更で、手数料が発生するようになったからです。

売上の一部がアプリ会社に取られることを避けるため、楽天Koboはアプリ内購入に対応しなくなりました。

楽天Koboは大手企業が運営しておりユーザー数も多いため、現時点でサービスが終了する可能性は低い(まとめ)

楽天Koboは、楽天のモバイル事業の赤字やアプリ内購入の停止により、サービスが終了するのではないかと憶測が生まれました。

しかし、実際には楽天Koboのユーザー満足度や運営実績は高く評価されており、現時点でサービスが終了する可能性は低いといえます。

初回特典やキャンペーンを常時提供しているため、お得に電子書籍を楽しみたい方は、ぜひ楽天Koboを試してみましょう。

楽天Koboのクーポンをもらう

※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。

※口コミにつきまして、X(Twitter)より記事執筆時点で公開されているツイートを、引用機能を使用し掲載しております。

記事の公開後に削除されたツイートや、非公開になったアカウントのツイートは正常に表示されない場合がございます。